圭子の作品(俳句)  



ー冬ー


 
 降る雪に 千両一把 切り残す

 老い母に 菜の花添えて 寒見舞

 女(め)正月 宿に抹茶を 振舞われ

 炭焼きの 煙も高し 奥日向

 亡き母が 植えし我が家の 八手咲く  

 雪嶺を 仰ぐ信濃の 浮寝鳥
 *浮寝鳥 鴨、雁、白鳥、鴎の総称

 始めての かんじき軽い 越の山
           *越 越後地方

 魚野川 小千鳥飛んで 雪深し

冬・新春の俳句1ページへ 冬・新春の俳句3ページへ