圭子の作品(俳句)   

 
ー新年・春ー

 初日記 還暦祝す 友来り

 大根引く 吾を見おろす 初鴉

 老い母へまずファックスの初便り

 乗り初めや 白馬の駆くる 空真青

 夕映えや 末(す)黒野(ぐろの)跡の 地鎮祭

 雨けぶる 初音の丘に 母思う

 湯煙に 巻かれて一人 春寒し

 里の友 煮わらびくれて 話し込む

 沢風や たちまち積もる 春落葉

 春寒く 青鷺羽毛 なびかせて
はじめのページへ 春・新年の俳句2ページへ