King Lear




 コメント
       To blank verse ☛


Shakespeareの戯曲は、演劇芸術としての上演を直接鑑賞することが基本ですが、残念ながら、研ぎ澄まされた感性の名優達が演じる舞台を、何時でも思い通りに観劇できるわけではありません。それでも最近は、映像化された作品のDVDなどのおかげで自宅でその雰囲気をじっくり鑑賞できるようになりました。もちろん、生の上演には及びませんが是非機会を作って試聴されることをお勧めします。何事も、少しでも若い時に経験するに越したことはありません。小生Hokuto77も、二十代の初めにモノクロ画面で見たHamletの映像の一コマ一コマが、今も脳裏から離れません。岩に打ち寄せて砕け散る波を背にしての、To be, or not to beの独白や、純白に身を包んだOpheliaが、純愛に殉じてついに狂気となって溺死するイメージが鮮明です。日本語の舞台も盛んです。仲代達也さん、平幹二郎さん達が意欲的に取組んでおられます。Shakespeareを芸術的に演じあげることは、舞台俳優としての大きな目標であり、誇りでもあるでしょう。
 映画に例えれば、せっかくの名画を見ないで、そのシナリオを読むだけに等しい作業で終わるのは、いかにも味気ないことですが、Shakespeareに関しては、詩文を深く味わうこともその深い芸術性の鑑賞として十分に成り立ちます。必ず報われるということです。小生が若い時に、Shakespeareの詩文のある一語を入れ替えることは、ピラミッドの石を一つ入れ替えることよりも困難なのだそうだと、友人から聞いたことがあります。彼の英語は今から400年以上も前のものですが、人間性と人生を透徹した目で表現した警句、名言はその後の多くの詩人、作家の作品に引用され、現代の日常会話にもここぞという場面では頻繁に使われます。彼が創造した登場人物達は、登場人物にふさわしく、持ち味が絶妙に発揮され、それぞれの個性は燦然と輝いています。数え上げればきりがありませんが、文学という芸術に打ち建てられた, 名実ともに不滅の金字塔ということでしょう。
 自分がLearを演じれば、あるいはCordeliaの役であれば、こういうトーンでと、こういう表情でと、想像の翼を広げながら読むことも可能です。説法じみて長くなりましたが、ともあれ、手始めに読んでみて下さい。
To contents➭






























 CONTENTS
Shakespeareに関する questions and answers
 Synopsis
 Shakespeareの詩の形式に関する questions and answers
Some handy information on King Lear
材源関連項目(Source materials)
コメント2
<注釈略語表>
King Lear's Text and Notes























Shakespeareに関する questions and answers
To contents

 (Quoted from Wikipedia)
(Italics and colors by Hokuto77)

1.  When and where was he born?
         April 1564 (baptized 26 April).     Stratford-upon-Avon, Warwickshire, England.

2.  When and where did he die?
         23 April 1616, Stratford-upon-Avon, Warwickshire, England.

3.  When and whom did he marry?
         At the age of 18 he married Anne Hathaway, who was 26 years old and bore him three children.

4.  What is his career?
         Playwright (dramatist), poet, actor (widely regarded as the greatest writer in English language and the
     world’s preeminent dramatist.)                  
*preeminent=excelling others; outstandng

5. What are his surviving Works?
       38 plays, 154 sonnets, and some other poems
(His plays have been translated into every major living
    language and performed more often than those of any other playwright.)

6. What are his popular works in Japan?
       The Merchant of Venice, Romeo and Juliet, Hamlet, etc.

7. How are his works reputed?
        He was a respected poet and playwright in his own day, but his reputation did not rise to its present
     heights until the 19th century. His genius was acclaimed and he was hero-worshiped with reverence.
      In the 20th century, his work was repeatedly adopted and rediscovered by newmovements in scholarship
     and performance. 
        *acclaim=welcome or applause greatly anda widely    *scholarship= the sphere of polite learning
        His plays remain highly popluar today and are constantly studied, performed and reinterpreted in
     diverse cultural and political contexts throughout the world.

8.Are there some unclear things about Shakespeare?
      Few records of his private life survive, and there has been considerable *speculation about such
     matters as his physical appearance, sexuality, religious beliefs, and
whether the works are
     attributed to him or were written by others.
                          *speculation=conjecture

To contents




































Synopsis
To contents
 (Quoted from Wikipedia)
 (Italics by Hokuto77)
 Lear, who is old, wants to retire from power. He decides to divide his realm among his three daughters, and offers the largest share to the one who loves him best. Goneril and Regan both proclaim in*fulsome terms that they love him more than anything in the world, which pleases him. Cordelia speaks*temperately and honestly, which annoys him. In his anger he disinherits her, and divides the kingdom between the other two.  Kent objects to this unfair treatment, but Lear is further*enraged by such contradiction, and*banishes him from the country. Cordelia's two suitors enter. Learning that she is* disinherited,the Duke of Burgundy withdraws his suit, but the King of France is impressed by her honesty and marries her anyway.

   Notes by Hokuto77:
  synopsis=a summary or outline

*in fulsome terms=in excessive,insincere words
*temperately=in a calm and controlled way
*enrage=make~very angry
*
banish=order~leave away, esp. from a coun
*disinherit=reject as one's heir; deprive ~ of the right of inheritance




 

Lear announces he will live*alternately with Goneril and Regan, and their husbands, the Dukes of Albany and Cornwall. He reserves to himself a*retinue of one hundred knights, to be supported by his daughters. Goneril and Regan speak privately, agreeing that Lear is old and foolish.

  Notes by Hokuto77:

  *alternately=every other 
*
retinue=a group of advisers or assistants accompanying an important person




Edmund *resents his *bastard status, and plots to *supplant his *legitimate older brother
Edgar. He tricks their father Gloucester with a *forged letter, making him think Edgar plans to *usurp the estate. Kent returns from *exile in disguise, and Lear hires "Caius" as a servant.

 Notes by Hokuto77:

  *resent=feel angry about something, esp. because you feel it is unfair
  *bastard=a person born of parents not married to each othe
  *supplant=deprive and take the place of, esp. by secret and dishonest means
  *
legitimate=born of parents lawfully married to each other
  *forge=make a illegal copy of something in order to cheat people
 *usurp=take somebody’s position or power without the right to do this
  *exile=the state of being expelled from one’s native land or native town, etc.,
   
esp. for political reasons or as a punishment 





 




 Lear discovers that now that Goneril has power, she no longer respects him. She orders him to behave better and reduce his retinue. Enraged, Lear departs for Regan's home. The Fool mocks Lear's misfortune.
 Edmund fakes an attack by
Edgar, and Gloucester is completely taken in. He disinherits Edgar and proclaims him outlaw. Kent meets Oswald at Gloucester's home, quarrels with him, and is put in the stocks by Regan and her husband Cornwall. when Lear arrives, he objects, but Regan takes the same line as Goneril. Lear is enraged but impotent. Goneril arrives and echoes Regan. Lear yields completely to his rage. He rushes out into a storm to rant against his ungrateful daughters, accompanied by the mocking Fool. Kent later follows to protect him.  Gloucester protests Lear's mistreatment.

  Notes by Hokuto77:

  mock=make fun of    fool=a man employed by a king or queen to entertain people by telling jokes, singing songs,etc
fake=make a false thing appear genuine, esp. to cheat somebody be taken in=be deceived 
proclaim=declare a person to be---                    outlaw=a person who is not protected by the law
stocks=a wooden structure with holes for the feet, occasionally the hands and head,used in the past to lock criminals
   in as a form of punishment, esp. in a public place
     
  impotent=powerless; lacking all strength
echo=repeat an idea or opinion because you agree with it   rant=complain about something in a loud and angry way





Wandering on the heath after the storm, Lear meets Edgar, in the guise of Tom O’Bedlam, that is, a madman. Edgar *babbles madly while Lear *denounces his daughters. Gloucester leads them all to shelter.
 Edmund betrays
Gloucester to Cornwall, Regan, and Goneril. He shows a letter from his father to the King of France asking for help against them; and in fact a French army has landed in Britain. Gloucester is arrested, and Cornwall*gouges out his eyes. But one of Cornwall's servants is so outraged by this that he attacks and fatally wounds Cornwall. Regan kills the*mutinous servant, and tells Gloucester that Edmund tricked him; then she turns him out to wander the heath too.

 Notes by Hokuto77:

  babble=talk quickly in a way that is difficult to understand
denounce=strongly criticize somebody that you think wrong, illega
betray=place (a person, one’s country, etc.) in the hands or power of an enemy
gouge out=remove something by digging into a surface
mutinous=refusing to obey the orders of somebody in authority




Edgar in his madman's guise meets blinded Gloucester on the heath. Gloucester begs "Tom" to lead him to a cliff, so that he may jump to his death.
 Edmund meets Goneril. She finds him more attractive than her honest husband Albany, whom she regards as "
milk-livered". Albany is disgusted by the sisters' treatment of Lear, and the mutilation of Gloucester, and denounces Goneril.

 Notes by Hokuto77:

  milk-livered=cowardly(OED)<coward=a person who is not brave
be disgusted by ~=have a severe dislike toward
 
mutilation<mutilate=damage somebody’s body very severely, esp. by cutting or tearing off
   part of it
 

Kent leads Lear to the French army, which is accompanied by Cordelia. But Lear is half-mad, and terribly *embarrassed by his earlier*follies. Albany leads the British army to*meet the French.. Regan too is attracted to Edmund, and the two sisters become jealous. She sends Oswald with letters to Edmund, and also tells Oswald to kill Gloucester if he sees him.
 
Edgar pretends to lead Gloucester to a*cliff, then changes his voice and tells Gloucester he has miraculously survived a great fall. They meet Lear, who is now completely mad. Lear rants that the whole world is corrupt and runs off.   
 Oswald tries to kill
Gloucester, but is *slain by Edgar. In Oswald's pocket, Edgar finds a letter from Goneril to Edmund suggesting the murder of Albany.

  Notes by Hokuto77:

  embarrass=make somebody feel shy or, awkward or ashamed
folly=a foolish act, behavior, idea, etc.                meet=oppose in battle, or contest, etc.
 
cliff=a steep rock-face, esp. at the edge of the sea      slain<slay=kill
forces=the weapons and soldiers                      lust for=have a strong or excessive (esp. sexual) desire for






The armies meet in battle, the British defeat the French, and Lear and Cordelia are captured. Edmund sends them off with secret orders for*execution. The victorious British leaders meet, and Regan now declares she will marry Edmund. But Albany exposes the*intrigues of Edmund and Goneril, and proclaims Edmund
a traitor. Regan *collapses; Goneril has poisoned her. Edmund defies Albany, who calls for a trial by combat. 
Edgar Edgar*reveals himself.
 Offstage, Goneril*stabs herself, and confesses to poisoning Regan. Edmund, dying,*reveals his order to kill Lear and Cordelia. But it is too late: Cordelia is dead, though Lear* slew the killer. Lear recognizes Kent. Albany urges Lear to*resume his throne, but Lear is too far gone in grief and*hardship. He collapses and dies.

   Notes by Hokuto77:
   execution=the act of killing somebody, esp. as a legal punishment
intrigue=a secret relationship, esp. one which involves somebody else being tricked     collapse=fall down (and usually become unconscious), esp. because you are very sick    reveal himself=remove his disguise and show what he really is    stab herself=push a knife into herself, killing
reveal=disclose, make something known to somebody
slew<slay=kill    resume his throne=be King of Britain again
hardship=severe suffering










 
Lear and Cordelia



    

 



< The persons in the synopsis >

Lear          King of Britain                  ブリテンの国王
Goneril      eldest daughter to Lear     長女ゴネリル
Regan       second daughter to Lear    次女リーガン
Cordelia    youngest daughter to Lear 末娘コーディーリア
Earl of Gloucester             グロスター伯爵
Edgar      son to Gloucester       長男エドガー
Edmund     bastard son to Gloucester    次男で庶子のエドマンド
Duke of Albany  husband to Goneril     オールバニー公爵
                      ゴネリルの夫

Duke of Cornwall  husband to Regan   コンーウォール公爵
                      リーガンの夫
Earl of Kent                ケント伯爵
Oswald     steward to Goneril      オズワルド ゴネリルの執事
Fool         in Lear’s service          道化 リアに仕えている


To contents








































 Shakespeareの詩の形式に関するQ and A
To contents

1. What is his poetic style?

(In reading Shakespeare’s plays or watching them on the stage or on TV, etc it’s necessary for us to be familiar with his poetic form and its characteristics. )
Shakespeares standard poetic form is blank verse, composed in iambic pentameter. It means that his verse is usually unrhymed and consisted of ten syllables to a line, spoken with a stress on every second syllable.                               *syllable 音節

2. What are blank verse and iambic pentameter?

Blank verse is a type of poetry, distinguished by having a regular meter, but no rhyme. In English, the meter most commonly used with blank verse has been iambic pentameter.

  <日本語による補足説明①>

 Blank verse韻を踏まない詩のことで、一定のリズムを持っています。従って、iambic pentameter(弱強五歩格)と切り離して無韻詩を考えても役に立たちません。
 *no rhyme、漢詩の脚韻と同じような働きをする韻を踏んでいません。
 *meter 律は、強弱、強弱、、、や弱強、弱強、、、等のリズムの繋がりのことです。

Iambic pentameter is one of many meters used in poetry and drama. It describes a particular rhythm that the words establish in each line. That rhythm is measured in small groups of syllables; these small groups of syllables are called "
feet". The word " iambic" describes the type of foot that is used. The word "pentameter" indicates that a line has five of these "feet".

   <日本語による補足説明②>

iambic pentameter(弱強五歩格)は、一組の弱強の歩(feet)の音が、詩行の一列の中に連続して5組(five feet)連なっているものです。歩は、詩脚、音歩のことで、語句を構成する韻律rhythmの単位です。
弱強五歩を構成するために、行中のある一語が、ストレスが通常では第一音節なのに、第二音節に移ったり、語順が入れ替わる場合が多々あります。
また当然、セリフの内容や、場面の展開に応じて意図的に自由自在に破格が生じます。そこに芸術的に、豊かな創造性が発揮されます
シェクスピアは定まったリズムをもった無韻詩の定型を、年月をかけて、経験と天才的な創意工夫によって「文学的内容」に即して臨機応変に破格にすることで芸術的に最高の域に達して大成功をおさめました。King Learは「普通の散文体」と「千変万化の韻文体」の巧みな組み合わせでセリフ、場面、筋が展開していきます。クラシック音楽に例えるとヴートーベンの交響曲で、リズムとハーモニーがテーマに沿って巧みに展開されていくのに似ています
 ◇このホームページでの注釈では、語句の意味は与えてありますが、各語の発音、特にストレスの位置は皆さんが、正確に掴むことが求められます。面倒ですが、努力をして見てください唯一の味方は辞書です。


 <弱強五歩格の具体的な図式例>*s
         Simple example:
           An iambic foot is an unstressed syllable followed by a stressed syllable. The rhythm can be
          written as:
  
da  DUM
          A line of iambic pentameter is five iambic feet in a row:
                      da DUM ・ da DUM ・ da DUM ・ da DUM ・ da DUM

          It's possible to express this with a
'-' mark representing an unstressed syllable and a '/'
         (Forward Slash) mark representing a stressed syllable.
          In this expression a line of
iambic pentameter would look like this:
                          - /  - /  - /  - /  - /
           The following line from
John Keats' Ode to Autumn is a straightforward example:
                                                                 *straightforwar=simple

             To swell the gourd, and plump the hazel shells   *(hazel ハシバミ)

            We can express the scansion of this as follows:
 (scansion=the rhythm of a line of poetry)
             -    /       -      /    -       /       -    /    -       /
                To swell  the gourd, and  plump  the ha-  zel  shells

            We can mark the divisions between feet with a |, and the caesura (a pause) with a double
           vertical bar ||.

              -    /       -    /        -       /         -     /    -      /
              To swell the gourd,|| and  plump  the ha-  zel  shells   *gourd
ヒョウタン

To Paradise Lost ➭


[参考資料]

  <脚韻を踏んでいる英詩の具体例>


        The Beatles ‘Yesterday’

Yesterday, all my troubles seemed so far away.
Now it looks as though they're here to stay.
Oh, I believe in yesterday.

Suddenly,
I'm not half the man I used to be,
There's a shadow hanging over me,
Oh, yesterday came suddenly.

Why she had to go
I don't know she wouldn't say.
I said something wrong,
Now I long for yesterday.

Yesterday, love was such an easy game to play.
Now I need a place to hide away.
Oh, I believe in yesterday.

Why she had to go
I don't know she wouldn't say.
I said something wrong,
Now I long for yesterday.

Yesterday, love was such an easy game to play.
Now I need a place to hide away.
Oh, I believe in yesterday.


  <弱強調5歩格(Iambic Pentameter)でしかも韻を踏んでいる14行詩>

Shakespeare’s Sonnets XVIII (18) 

Shall I compare thee to a summer's day? 
Thou art more lovely and more temperate.
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date. 
Sometime too hot the eye of heaven shines, 
And often is his gold complexion dimm'd; 
And every fair from fair some time declines, 
By chance, or nature's changing course, untrimm'd;
But thy eternal summer shall not fade, 
Nor lose possession of that fair thou owest; 
Nor shall Death brag thou wand'rest in his shade,
When in eternal lines to time thou grows't:
So long as men can breathe or eyes can see, 
So long lives this, and this gives life to thee.

君を夏の一日に喩へようか。
君は更に美しくて、更に優しい。
心ない風は五月の蕾を散らし、
又、夏の期限が余りにも短いのを何とすればいいのか。

太陽の熱気は時には堪へ難くて、
その黄金の面を遮る雲もある。
そしてどんなに美しいものもいつも美しくはなくて、
偶然の出来事や自然の変化に傷けられる
併し君の夏が過ぎることはなくて、
君の美しさが褪せることもない。

この数行によつて君は永遠に生きて、死はその暗い世界を君
  がさ迷つてゐると得意げに言ふことは出来ない

人間が地上にあつて盲にならない間、
この数行は読まれて、君に命を与へる。
                   (吉田健一訳


temperate=moderate   shake震わす/ばらまく    darling かわいい   bud/つぼみ
lease(借用)期間     the eye of heaven=the sun   complexion顔色
dim
曇らせる(雲がかかる)    fair美    decline衰える
changing course 季節の移り変わり     untrimmed< trimmed綺麗に装った/美しい
brag
自慢する
More temperate (than a summer’s day)    brag (that) thou wand’rest---
this (君に捧げる)このsonnet
thouは、美少年のことで女性ではない。thouは親しみを込めた呼びかけ。

     [このSonnet18番は、英国の抒情詩の最高峰と言われている。]

To Paradise Lost ➭
To contents




























Some handy information on King Lear
(Wikipedia日本語版から抜粋編集)

1. 原版について
 『リア王』には異なる2つの版がある。1608に「四折版」で出版された『The True Chronicle of the History of the Life and Death of King Lear and His Three Daughters』と、より劇的な1623の「ファースト・フォリオ」に収められた『The Tragedy of King Lear』である。これまでは2つの版を合成して出版するのが通例だったが、近年になって、オックス フォード版やニューケンブリッジ版など、2つをそれぞれ独立した作品として出版する場合が多い

2. 材源について
 リア王のモデルはブリタニアの伝説の王レイアで、それに関するさまざまな文献が『リア王』の材源となっている。その中でもとくに重要なものは、史劇でも主材源として使っていたラファエル・ホリンシェッド(Raphael Holinshed)の『年代記Chronicles』(1587出版の第2版)だが、これは12世紀ジェフリー・オブ・モンマスの『ブリタニア列王史』に基づいている。1590エドマンド・スペンサー作『妖精の女王』にもコーディリアという名前の登場人物が出てきて『リア王』同様殺される。
 他の材源としては、ジョン・ヒギンズの『為政者の鑑 (Mirror for Magistrates)』)(1574)、ジョン・マーストンの『不満家(The Malcontent)   (1604シェイクスピア外典の『ロンドンの放蕩者』(1605)、フィリップ・シドニーの『アーケイディア』(1580 - 1590年。グロスター伯、エドガーとエドマンドの話はここから取られている)、1603にジョン・フロリオ(John Florio)が英訳したミシェル・ド・モンテーニュの『エセー』、ウィリアム・ハリソン(William Harrison)の『An Historical Description of Iland of Britaine』、ウィリアム・キャムデンWilliam Camden)のRemaines Concerning Britaine』(1606)、ウィリアム・ワーナー(William Warner)の『Albion's England(アルビオンのイングランド)』(1589)、Samuel Harsnettの『A Declaration of egregious Popish Impostures』(1603年。エドガーが狂気を装った時に使う言い回しのいく(つか)が挙げられる。
 『リア王』と内容が類似した『レア王』という作者不詳の劇がある(1605出版)。アーデン版の編者RA・フォークスは、シェイクスピアはこの『レア王』のテキスト(上演の記憶からではなく)を材源にしたとするがリヴァーサイド版の編者フランク・カーモードはその時には既にシェイクスピアは『リア王』を書き上げていたと反論している1936AS・ケアンクロスは、2つの劇の関係は逆である、つまり、シェイクスピアの『リア王』が先に書かれ、 『レア王』の作者はそれを模倣したのだと主張した。しかし、1594の書籍出版業組合記録に『レア王』の記載があり、同年のフィリップ・ヘンスロー  (Philip Henslowe)の日記にも『レア王』を1594にローズ座(The Rose)で観劇したという記録が残っている。しかし、この2つは綴りは違うが『リア王』のことだとする意見もある。ちなみに『レア王』はめでたく終わっているが、シェイクスピアは悲劇とし、レア王』には登場しない道化(シェイクスピアが自らの作によく登場する道化を集成させたものと言われる)やグロスター伯らに関する話がある。

3. 創作時期について
  出版登録がなされたのは16071126日で、16061226日に宮廷で上演されたと記されている。よって、1606年末以前に書かれたと考えられる。もし出版された『レア王』をもとにしたのであれば、1605年の下半期から1606年の間に執筆されたことになる

4. 登場人物について
    リア王 (King Lear) ブリテン王。生来の気性の荒さと老いからくる耄碌から、娘ゴネリルとリーガンの腹の底
          を見抜けず、哀れな最期を遂げる。

    コーディリア (Cordelia) リアの実直な末娘。リアに勘当されるが、誠実なフランス王の妃となる。
    ゴネリル (Goneril) リアの長女。オールバニ公の妻。リーガンと共に甘言を弄してリアを裏切る。
    リーガン (Regan) リアの次女。コンウォール公の妻。
    ケント伯 (Earl of Kent) アの忠臣。リアに諫言したために追放され、以降は変装してリアのもとに仕える。
    グロスター伯 (Earl of Gloucester) エドガーとエドマンドの父。エドマンドの姦計によってエドガーを勘当し
          てしまう。

    エドガー (Edgar) グロスター伯の嫡子。異母弟エドマンドの姦計によって父から勘当される。
    エドマンド (Edmund) グロスター伯の庶子。野心家で、異母兄エドガーの追放に成功する
    オールバニ公 (Duke of Albany) ゴネリルの夫。
    コーンウォール公 (Duke of Cornwall) リーガンの夫。
    フランス王 (King of France)  コーディリアの求婚者。勘当され持参金を持たないコーディリアを喜んで
          王妃とする。

    オズワルド (Oswald) ゴネリルの執事。彼女の言いつけ通り、リアを陥れる。
    道化 (Fool) リア付きの道化師。彼の皮肉に満ちた言葉はリアの核心を幾度となく突くこくことになる。

5. あらすじ
 ブリテンの王であるリアは、高齢のため退位するにあたり、国を3人の娘に分割し与えることにした。長女ゴネリルと次女リーガンは言葉巧みに父王を喜ばせるが、末娘コーディリアの率直な物言いに、激怒したリアコーディリア勘当し、コーディリアをかばったケント伯も追放される。コーディリアは勘当された身でフランス王妃となり、ケントは風貌を変えてリアに再び仕える。リアは先の約束通り、2人の娘ゴネリルとリーガンを頼るが、裏切られて荒野をさまようことになり、次第に狂気にとりつかれていく 。リアを助けるためコーディリアはフランス軍とともにドーバーに上陸、父との再会を果たす。だがフランス軍は敗れ、リアコーディリアは捕虜となる。ケントらの尽力でリアは助け出されるが、コーディリアは獄中で殺されており、娘の遺体を抱いて現れたリアは悲しみに絶叫し世を去る。

6. 映像化について
 多くの映画バージョンがあるが、代表的なものを下記に記す。
    *1985年、黒澤明が「リア王」をベースに「」を制作。[仲代達也主演]   (*他は省略)

To contents

































材源関連項目(Source materials)
(A)レイア
 レイアLeir)は、ジェフリー・オブ・モンマスの『ブリタニア列王史』に登場する、伝説的なブリトン人の王。その話はウィリアム・シェイクスピアの『リア王』の材源になった。レイア王の伝説はウェールズ神話の海神スィール(Llŷrリルも参照)の形から始まり、後に歴史的背景が与えられたものと考えられている。また、アイルランドの伝説「リルの子供たち(Children of Lir)」とも関連がある。
 ジェフリーの『ブリタニア列王史』では、レイアは父ブラドッドの後を継いでブリタニア王となり、ブリタニア王では最長となる60年間統治した。レイアはソアー川(River Soar)沿いにカール・レイア(現レスター)という町を建設した。父王と違って、レイアは王位を継承する息子がいなかった。しかし娘が3人いた。ゴルノリラ、レガウ、それにコルデイラ(またはコルデリア、Cordelia)である。レイアはコルデイラを最も溺愛した。死期が迫り、レイアは王国を三人の娘とその婿たちに分配しようと考えた。ゴルノリラとレガウは父親を愛していると言って機嫌を取った。しかしコルデイラは、娘が父親を愛するの は当然で、わざわざ口に出して言うものではないと言い、父親を激怒させた。レイアはゴルノリラとレガウをそれぞれアルバニア公マグラウルス、コーンウォール公ヘンウィヌスと結婚させ、王国をに二分して与えた。コルデイラには何も与えなかった。フランク人の王アガニップスがコルデイラに結婚を申し込み、レイアはそれを認めるが、持参金は出さなかった。しばらくして、レイアは老齢のため、娘たちの世話になろうとした。まずゴルノリラのところに行くと、マグラウルスが140人の衛兵をつけ保護してくれた。しかし、ゴルノリラはそれに反対で、2年後には衛兵が30人に減らされた。レイアは失望してレガウのところに行った。レガウは5人の衛兵しかつけてくれなかった。再びゴルノリラのところに戻るが、与えられた衛兵はたった1人だけだった。 レイアは二人の娘が怖くなって、コルデイラのいるガリアに海を渡った。コルデイラは温かく父を迎え、夫とともにレイアの栄光を取り戻すことを約束した。アガニップス、コリデイラ、それにレイアは大軍を率いてブリテンに進軍し、二人の娘とその婿を倒した。レイアはそれから3年間、王としてブリテンを統治した。レイアが死んだ後は、コルデイラが王位を継承した。コルデイラはレイアをソアー川の下に地下室を作り、そこに父親を埋葬した。その地下室はローマの神ヤーヌスに捧げられ、毎年、レイアの墓の近くで人々はヤーヌスの祭日を祝ったという。

(B)レア王
(レアおう、King Leir)とはエリザベス朝時代の戯曲で、出版は1605だが、書かれたのは1590頃と信じられている。この劇は同じ題材(ブリタニア王レイア)のウィリアム・シェイクスピアリア王』との関連から評論家たちの関心を集めた。

<
テキスト>

 1594514、文房具商(当時は本屋を兼ねた)アダム・イスリップが『The moste famous Chronicle historye of Leireking of England and his Three Daughters(イングランドのレイア王とその3人の娘たちの最も有名な年代史)』という題名で書籍出版業組合記録に登録した。しかし、イスリップの名前は線で消され、同業の文房具商エドワード・ホワイトに書き直されている。おそらくこの文房具商同士の対立が、1594年の本の出版をなくしてしまったようだ。以後10年間印刷された様子はなく、160558に文房具商サイモン・スタッフォードによって再登録され(この時の題名は『the Tragecall historie of kinge Leir and his Three Daughters &c(レア王とその三人の娘たち夫婦の悲劇史)』)、その年のうちに出版された(印刷スタッフォード、出版ジョン・ライト)。出版された本の正式な題名は『The true Chronical History of King Leir and his three daughters, Gonorill, Ragan and Cordella(レア王とその3人の娘たち、ゴノリル、リーガン、コーディリアの真実の年代史)』。表紙にはこの劇が「最近たびたび上演された」と書かれてある。この1605年の「四折版」が17世紀に出された唯一のものである

<作者>
 レア王』の作者については研究者たちのコンセンサスは取れていない。作者として名前が挙がっているのは、トマス・キッド、ジョージ・ピール(George Peele)、トマス・ロッジThomas Lodge)、アンソニー・マンディ(Anthony Munday)、それにシェイクスピア本人である。

<材源>
 作者が主に材源としたのは、ラファエル・ホリンシェッド(Raphael Holinshed)の『年代記』である。他には、ジェフリー・オブ・モンマスの『ブリタニア列王史』、『為政者の鑑(Mirror for Magistrates)』、ウィリアム・ワーナー(William Warner)の『Albion's England(アルビオンのイングランド)』、エドマンド・スペンサーの『妖精の女王』がある逆に、この『レア王』がシェイクスピアの『リア王』の主な材源になったことには評論家たちは広く同意している。

To contents





















コメント2
 上記のような酷似した材源の存在によって、Shakespeareの戯曲における芸術のoriginalityが少しも損なわれるわけではありません。400年以上にわたって、多様な文化と言語を有する、広く世界中の人々を惹きつけてきたもの、これからも人類が存続する限りその文学的な魅力、価値を人々に愛され続けるようにするだろう、その普遍的なものは何かについて、読者や観衆の一人一人が深く思いを馳せることが、この優れた芸術が与えようとしているものを、真に自分のものとして受容することに繋がるのではないでしょうか。King Learを契機にして、若い皆さん達が更に彼の他の作品を意欲的に紐解かれることを期待しています。
 アリストテレスがその「詩学」の中で、理想とする「悲劇」を満たす要件を列挙していますが、小生が一読して受けた印象では、ShakespeareのKing Learは、それを90%以上満しています。また、彼は、同一の財源を多くの詩人が利用することは問題にしていません。詩人が財源を土台にして、如何に新しい詩を創造しているかに重点を置いています。後日の更新で、「詩学」の一部(日本語訳)をこのコーナーで紹介しましょう。                 (By Hokuto77
To contents
















<注釈略語表>
略語表Ⅰ (使用辞書、引用した注釈書の略語)

OED:The Oxford English Dictionary     COD:The Concise Oxford Dictionary      POD:The Pocket Oxford Dictionary
Onions: A Shakespeare glrossary by C.T. Onions
DC: Shakespeare's Words A Glossasry and Language Companion by David Crystal and Ben Crystal
Kittredge: King Lear edited by George Lyman Kittredge

Schmidt: A Shakespeare-Lexion by Alexander Schmidt / King Lear edited by Alexander Schmidt
大英和: Kenkyusha's New English-Japanese Dictionary      斎藤(秀):熟語本位 英和中辞典
   * (OED), (市河)等の表記が付いていない場合は、ほとんどC.T. Onionsによる定義を意味する

    * = の代わりに : となっているのはCOD,PODによる定義を意味する
市河:The Kenkyusha Shakespeare, King Lear, edited with inrouduiton and notes by Sanki Ichikawa
大場対訳・注釈 研究社 シェクスピア選集 リア王 大場建治(編・訳・注・解説)
JLH: The Tragedy of King Lear edited by Jay L. Halio      Furness: King Lear edited by Horace Howard Furness
   * JLHからの引用は、彼がSchmidtやFurness、その他の研究者達から引用している場合を主として引用した
略語表Ⅱ(記号など)
adj.: adjective     adv.: adverb     C: complement    Cf., cf.:confer, 'compare'     e.g.: exempli gratia, 'for example'
esp.: especially     fig.: figuratively     i.e. : id est '
that is'     N: noun   O: object   pl.: plural    S: subject   V: verb
*
Shakespeareのtext原本の記号について
  F1は、1623年に出版されたFirst Folioの略語(folio二折本)    Q2は1619年に出版されたSecond Quartoの略語(quartp四折本)
To contents


To be continued