洋  燈  の  あ  か  り 4








hokuto77

 




<目   次>




  Misuzu Poetry 
 異端・畏友大賀佳文君の軌跡

 残 雪
  純 粋  Misuzu  Kintaikyo  Our Future Ichinosakagawa Stream   青哉!Come back

NEW YORK TIMES社説論考 Part I 

 NEW YORK TIMES社説論考 Part II

 Reset in Kyoto 
侵略戦争否定論考察    忘れえぬ情熱の絆 追悼 人生開花時  嗚呼惜別 吉田先生   水田巌先生の思い出    a great liberal 
  奇妙奇天烈な理屈
   もはや元には引き返せない
Condolences to our dear friend Teruo 
 PIONERR TO POLE STAR
Kaoru, Alas, died so suddenly!

侵略戦争の定義

日本タカ派へ反論      論破:桜井よしこ理論              自虐的史観論考察



故郷・地方 活性化理念
 
 こんなにいい処は何処にも無い
     [此処以外に生き場は無い]
田舎の値打  短編五月雨無情 ふるさと誇り活性  

 ふるさとのはなしをしよう北原謙二♪

  ふるさとはいつも♪
ふるさと五木ひろし♪ カラオケ
  ふるさと太鼓・
  美空ひばり
 
 四万十川 三山ひろし♪
  柿木坂の家  与作 北島三郎 カラオケ  早く帰ってコ♪
カラオケ 青木光一

 親父の海 村木賢吉♪ 

  青春の城下町・梶光夫♪
カラオケ
 
 哀愁の奥出雲・清水博正♪cover Keizo  北島三郎 北の漁場♪カラオケ
 千昌夫・カラオケ  夕焼け雲♪  番外編     女の階級ひばり♪    北の男船&北の漁場
   ♪北島三郎
 番外編

長崎の女 高倉健、十朱幸代出演 カラオケ

 [




























 


  [Definition of Aggression]

 国連総会での関連内容の原文を掲載します語釈、拙訳等hokuto77によるものです。

   United Nations General Assembly Resolution 3314 (XXIX).

Committee: 6 Vote: Adopted without a vote "---" 2319th *plenary meeting

      plenary=involving all the members of a committee, organization etc

14 December 1974

Annex*                   annex(v)=add as a subordinate part (POD)

Definition of Aggression (日本語版へ)"---"

Convinced that the adoption of a definition of aggression ought to have the effect of *deterring a potential aggressor, would simplify the determination of acts of aggression and the implementation of measures to suppress them and would also *facilitate the protection of the rights and lawful interests of, and the *rendering of assistance to, the victim, Believing that, although the question whether an act of aggression has been committed must be considered in the light of all the circumstances of each particular case, it is nevertheless desirable to *formulate basic principles as guidance for such determination, Adopts the following Definition of Aggression: [FN4]

deter= make somebody decide not to do something or continue doing something (COD) facilitate=make an action or a process possible or easier (COD)   render=give somebody something, especially in return for something or because it is expected (COD)  formulate= create or prepare something carefully, giving particular attention to the details (COD)

Article I

 Aggression is the use of armed force by a State against the sovereignty, territorial integrity or political independence of another State, or in any other manner inconsistent with the Charter of the United Nations, as *set out in this Definition.        set out=present ideas, facts, etc. in an organized way, in speech or writing (COD)

 *Explanatory note: In this Definition the term "State":

 (a) Is used without prejudice to questions of recognition or to whether a State is a member of the United Nations;  (b) Includes the concept of a "group of States" where appropriate.

Article 2

 The First use of armed force by a State in *contravention of the Charter *shall constitute *prima facie evidence of an act of aggression although the Security Council *may, in *conformity with the Charter, conclude that a determination that an act of aggression has been committed would not be justified in the light of other *relevant circumstances, including the fact that the acts concerned or their consequences are not of sufficient *gravity.

 ある国による国連憲章に反した最初の武力行使は、侵略行為の一応の証拠を構成することになる。しかし安全保障理事会が国連憲章に照らして、一連の侵略的行為、あるいはそれらが引き起こす諸々の結果が充分に重要ではないという事実と、密接に関係する他の状況とを考慮して、侵略行為が行われたとの結論は正当化されないと決定づける事がある。(by hokuto77)
   in contravention of=in a way not allowed by a rule or law(Longman)  shall=(in a second and third person) expressing a strong assertion, or command, or duty (POD)
  prima facie=based on what at first seems to be true, although it may be proved false later(COD)
  mayalthough s + may v ---, S+V ~  *This sentence construction means both statements are true.   in conformity with= following the rules of something(COD)      relevant=closely connected with the subject you are discussing or the situation you are thinking about(COD)    gravity=extreme importance and a cause for worry(COD)

Article 3

 Any of the following acts, regardless of a declaration of war, shall, subject to and in accordance with the *provisions of article 2, *qualify as an act of aggression:

    provision= a condition or an arrangement in a legal document (COD)  qualify= have the right qualities to be described as a particular thing (COD)

 (a) The invasion or attack by the armed forces of a State of the territory of another State, or any military occupation, however temporary, resulting from such invasion or attack, or any *annexation by the use of force of the territory of another State or part thereof,       annexation<annex=take control of a country, region, etc, especially by force (COD)

 (b) *Bombardment by the armed forces of a State against the territory of another State or the use of any weapons by a State against the territory of another State;    bombardment=the action of attacking of a place by firing large guns at it or dropping bombs on it continuously

 (c) The*blockade of the ports or coasts of a State by the armed forces of another State;  blockade=the action of surrounding or closing a place, especially a port, in order to stop people or goods from coming in or out(COD)
   (d) An attack by the armed forces of a State on the land, sea or air forces, or marine and air fleets of another State;

(e) The use of armed forces of one State which are within the territory of another State with the agreement of the receiving State, in contravention of the conditions*provided for in the agreement or any extension of their presence in such territory beyond the *termination of the agreement;

     provide for=make it possible for something to be done (COD)
   termination=the end of something (COD)
     the conditions provided for---  i.e. the conditions that are provided for ---

  The use of armed forces ~  + any extension of their presence ---

 (f) The action of a State in allowing its territory, which it has placed at the disposal of another State, to be used by that other State for*perpetrating an act of aggression against a third State;

    perpetrate= commit a crime or do something wrong or evil (COD)

 (g) The sending by or on behalf of a State of armed bands, groups, *irregulars or *mercenaries, which carry out acts of armed force against another State of such gravity as to *amount to the acts listed above, or its *substantial *involvement therein.

  irregular=a soldier who is not a member of a country’s official army (COD)
       mercenary=a soldier who will fight for any country or group that offers payment (COD)
       amount to=be equal to or the same as something (COD)
     substantial=having a real existence (OED); real, existing (POD)
       involvement=the act of taking part in something (COD)

  acts of armed forces --- of such gravity as to --- =acts of armed forces --- which are as serious as to --- (hokuto77)

Article 4
 The acts*enumerated above are not*exhaustive and the Security Council may determine that other acts constitute aggression under the provisions of the Charter.

   enumerate=name things on a list one by one (COD)
  exhaustive=including everything possible COD)
Article 5
 1. No *consideration of whatever *nature, whether political, economic, military or otherwise, may serve as a justification for aggression.

consideration=something that must be thought about when you are planning or deciding something (COD): fact or thing taken into account (POD)

nature=a particular kind of thing; the qualities or features that something has (Longman)

2. A war of aggression is a crime against international peace. Aggression gives rise to international responsibility.

3. No territorial acquisition or special advantage resulting from aggression is or shall be recognized as lawful.

Article 6

 Nothing in this Definition shall be*construed as in any way enlarging or diminishing the scope of the Charter, including its provisions concerning cases in which the use of force is lawful.   construe= understand the meaning of a word, a sentence, or an action in a particular way :interpret (COD)

Article 7

 Nothing in this Definition, and in particular article 3, could in any way *prejudice the right to self-determination, freedom and independence, as derived from the Charter, of peoples*forcibly deprived of that right and referred to in the Declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among States in accordance with the Charter of the United Nations, particularly peoples under colonial and *racist regimes or other forms of *alien domination: nor the right of these peoples to struggle to that end and to seek and receive support, in accordance with the principles of the Charter and in conformity with the above-mentioned Declaration.

  prejudice= have a harmful effect on something (COD)   forcibly= in a way that involves the use of physical force (COD)     racist=someone who believes that people of their own race are better than others, and who treats people from other races unfairly and sometimes violently – used to show disapproval (Longman)     alien=foreign (POD)   domination=control    ・prejudice the right to --- nor the right of ~ 

 The declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among  States in accordance with the Charter of the United Nations
   国際連合憲章に従った諸国間の友好関係及び協力についての国際法の原則に関する宣言

Article 8

 In their interpretation and application the above provisions are interrelated and each provision should be construed in the context of the other provisions.

[195610月の日ソ共同宣言とソ連との国交回復によってこの障害がなくなったため、同年1212日の安保理決議121での承認勧告の後、1218の総会における全会一致の承認でもって[日本は]80番目の加盟国として国際連合に加盟した。]  (Wikipedia)

 上掲しました侵略の定義を採択した際の国連総会には、(plenary=involving all the members of a committee, organization etc) Wikipediaの上記の内容から、日本も当然その採択の場にいたことになります。

 国連が塾考と熟議を重ねて決定した侵略戦争の定義は、小学生がきちんと国語を学習していれば充分理解できる内容で極めて平明な内容です。安倍氏はまるで、地球外のことのような、他人事のような口ぶりで、定義が曖昧だ、学問的な定義が確定していないだとか、日本国の総理として、公然と平然と臆面もなく発言しています。彼だけが言論の自由を心行くまで謳歌して悦に行っています。歴然とした事実を否定し、捻じ曲げて何ら痛痒を感じないその厚顔無恥・鉄面皮今上天皇を含め国民全体を徹頭徹尾愚弄し、そればかりでは飽き足らず全ての国連加盟国をも足蹴にするものです。

 67,8年間尊い同胞と何の罪もない他民族の命とを引き換えに得た[言論の自由]を持ちながら、政界、財界、学界、労働界、安倍・橋下両家から目の敵にされてきた日教組、一般庶民等あらゆる層の国民が異論を唱えない。マスメディアの大半が、安倍支持に陥ったのであるからには、それらしいマスメディア自身の論調が聞こえてこなくて当然でしょうが、まさか大衆の少なくとも半数は存在するに違いない異論を完全に等閑視しているのではないかと疑念が湧いても来ます。

 安倍氏が目論む[自虐的史観の名の下での歴史の塗り替え]と、財界と組んで密かに目論む「国益」の中身よりも、この無言にも近い言論界と、国民の現状の方がはるかに不気味で絶望的です。そのように思えてなりません。皆さん方は如何ですか。

 自分達が日本国のヒーローだと明言されている日本国憲法を信じないの か。 国民の間に諦観、無常観のようなものがあるのでしょうか。ごぞんじのように、新約聖書の中の有名な一節に、「人はパンのみに生きるにあらず、、、」とありますが、仏教の目線で読んでも、生身の人間のありようを教示する、一つの真理であることは明らかです。パンさえいきわたればいい、「パンとワイン」があればいい、「パンとスマホ」があればいい。後はどれでも似たようなことだという人生哲学でしょうか。保守こそ救世主、安倍氏を洗脳して保守の重鎮達を抱き込み、保守本流の論客を自認され、安倍氏を指一本で動かしておられる、櫻井よしこ女史、[日本会議]にとっては思う壺で格好の餌食でしょう                                 [2013 7月中旬 by   hokuto77] <目次へ>

 

 

 

 

 

University of Minnesota Human Rights Center


侵略の定義に関する決議


第一条(侵略の定義)

 侵略とは、国家による他の国家の主権、領土保全若しくは政治的独立に対する、又は国際連合の憲章と両立しないその他の方法による武力の行使であって、この定義に述べられているものをいう。

第二条(武力の最初の使用)

 国家による国際連合憲章に違反する武力の最初の使用は、侵略行為の一応の証拠を構成する。ただし、安全保障理事会は、国際連合憲章に従い、侵略行為が行われたとの決定が他の関連状況(当該行為又はその結果が十分な重大性を有するものではないという事実を含む。)に照らして正当に評価されないとの結論を下すことができる。

第三条(侵略行為)

 次に掲げる行為は、いずれも宣戦布告の有無に関わりなく、二条の規定に従うことを条件として、侵略行為とされる。

(a)
 一国の軍隊による他国の領域に対する侵略若しくは、攻撃、一時的なものであってもかかる侵入若しくは攻撃の結果もたらせられる軍事占領、又は武力の行使による他国の全部若しくは一部の併合

(b)
 一国の軍隊による他国の領域に対する砲爆撃、又は国に一国による他国の領域に対する兵器の使用

(c)
 一国の軍隊による他国の港又は沿岸の封鎖

(d)
 一国の軍隊による他国の陸軍、海軍若しくは空軍又は船隊若しくは航空隊に関する攻撃

(e)
 受入国との合意にもとづきその国の領域内にある軍隊の当該合意において定められている条件に反する使用、又は、当該合意の終了後のかかる領域内における当該軍隊の駐留の継続

(f)
 他国の使用に供した領域を、当該他国が第三国に対する侵略行為を行うために使用することを許容する国家の行為

(g)
 上記の諸行為い相当する重大性を有する武力行為を他国に対して実行する武装した集団、団体、不正規兵又は傭兵の国家による若しくは国家のための派遣、又はかかる行為に対する国家の実質的関与


第四条(前条以外の行為)

 前条に列挙された行為は網羅的なものではなく、安全保障理事会は、その他の行為が憲章の規定の下で侵略を構成すると決定することができる。

第五条(侵略の国際責任)

 政治的、経済的、軍事的又はその他のいかなる性質の事由も侵略を正当化するものではない。

 侵略戦争は、国際の平和に対する犯罪である。侵略は、国際責任を生じさせる。

 侵略の結果もたらせられるいかなる領域の取得又は特殊権益も合法的なものではなく、また合法的なものととし承認されてはならない。

第六条(憲章との関係)

 この定義中のいかなる規定も、特に武力の行使が合法的である場合に関する規定を含めて、憲章の範囲をいかなる意味においても拡大し、又は縮小するものと解してはならない。

第七条(自決権)

 この定義中のいかなる規定も、特に、第三条は、「国際連合憲章に従った諸国家間の友好関係と協力に関する国際法の諸原則についての宣言」に言及されている。その権 利を強制的に奪われている人民の、特に植民地体制、人種差別体制その他の形態の外国支配化の下にあ る人民の、憲章から導かれる自決、自由及び独立の権利を、また国際連合諸原則及び上記の宣言に従いその目的のために闘争し、支援を求め、かつ、これを受け入れるこれらの人民の権 利をいかなる意味においても害するものとするものではない。

第八条(想定の解釈)

 上記の諸規定は、その解釈及び適用上、相互に関連するものであり、各規定は、他の規定との関連において解されなければならない。

出典 「ベーシック条約集」 第二編   <目次へ>




































 NEW YORK TIMES社説論考 Part I 
    序文  (201364 hokuto77

 一連の内容は、日本国民が、21世紀に必ずや迎えるであろう悲劇への鎮魂の賦である。
  『日本国憲法が認めている数々の [自由][個人・国民としての基本的権利] が、不穏な束縛を受け始める前に、言うべき事はきちんと表明しておかなくてはならない。それは、日本国憲法とそれに基づき格調高く理想を追求した前教育基本法の下で教育を受け、平穏な人生を送る事が出来た老骨の「やつがれ」に残された、わずかではあるが「反骨心」の義務だと考える。』


 平成2513日付 New York Times Editorialの原文を紹介します。安倍政権の修正主義への米国の懸念と批判を中心にした内容です。段落毎に要点を拙訳で紹介しておきます。

Another Attempt to Deny Japan’s History

 Few relationships are as important to stability in Asia as the one between Japan and South Korea. Yet Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, seems inclined to start his tenure with a serious mistake that would inflame tensions with South Korea and make cooperation harder. He has signaled that he might seek to revise Japan’s apologies for its World War II aggression, including one for using Koreans and other women as sex slaves.

  *tenure=the period of time when somebody holds an important job, especially a political one

 アジアの安定には日韓の関係が重要。ところが安倍首相はその政権の出発に当たって、重大な誤謬を犯す様子である。それは、韓国との緊張を高め、両国間の協力を困難にする可能性がある。彼は、韓国と他国の女性達慰安婦としたことへの謝罪ばかりでなく、第二次世界大戦での侵略に対する謝罪を修正する旨を示唆した。

  In 1993, Japan finally acknowledged that the Japanese military had raped and enslaved thousands of Asian and European women in army brothels, and offered its first full apology for those atrocities. A broader apology by Prime Minister Tomiichi Murayama in 1995 conceded that “through its colonial rule and invasion,” Japan had caused “tremendous damage and suffering to the people of many countries, particularly to those of Asian nations.”

  *atrocity=an extremely cruel and violent action, especially during a war

  *concede=admit that something is true or correct, although you wish it were not true

  *慰安婦問題に関する日本政府の完全な謝罪と村山談話の紹介である。

 1993年に日本政府は最終的に日本の軍隊が何千人というアジア、ヨーロッパの女性達を陸軍の売春宿でレイプし、慰めものにした事を認め、これらの残虐行為を始めて完全に謝罪した。1995年には、村山富一首相がより包括的な謝罪で次のことを承認した。「日本の植民地支配と侵略で、日本は多大な損害と苦しみを多くの国々の人々に、とりわけアジアの国々の人々へ与えた。」

In an interview with the Sankei Shimbun newspaper, Mr. Abe, a right-wing nationalist, was quoted by Reuters on Monday as saying he wants to replace the 1995 apology with an unspecified “forward looking statement.” He said that his previous administration, in 2006-7, had found no evidence that the women who served as sex slaves to Japan’s wartime military had, in fact, been coerced. However, at a news conference last week, the chief cabinet secretary, Yoshihide Suga, said that Mr. Abe would uphold the 1995 apology but hinted he may revise the 1993 statement.

   *Reuters =a British company which employs journalists in many different countries to send it news from all over the world so that it can sell these reports to many different newspapers and radio and television stations.

  *unspecified =not known or not stated

  *coerce=force somebody to do something by using threats:

 産経新聞との記者会見で、右翼の国家主義者である安倍氏は、ロイター通信は次のように言ったと伝えた。「1995年の謝罪を、今は明瞭になっていないが、前向きの声明と置き換える。」安倍氏は、以前彼が与った政権では、日本の戦時中の軍隊が慰安婦として奉仕した女性達が実際に脅迫を受けて売春をさせられたという証拠は見つからなかったと述べた。しかし、先週の記者会見で、菅官房長官は、安倍氏は1995年の謝罪は支持するだろうが1993年の声明は修正する可能性あるとほのめかした。

 It is not clear how Mr. Abe, the leader of the Liberal Democratic Party of Japan, might modify the apologies, but he has previously made no secret of his desire to rewrite his country’s wartime history. Any attempt to deny the crimes and dilute the apologies will outrage South Korea, as well as China and the Philippines, which suffered under Japan’s brutal wartime rule.

  *dilute=make something weaker or less effective

   *outrage=make somebody very shocked and angry

 自民党の総裁安倍氏が、上記二つの謝罪をどのように修正しようとしているかは明瞭でないが、以前彼は自国の戦時中の歴史を書き換えるという願望を明言した。犯した罪を否定し、謝罪内容を軟化する如何なる企ても、中国とフィリッピンだけでなく韓国にも衝撃を与え憤慨激怒させるであろう。これらの国々は戦時中の日本の残酷な統治下で苦しんだのである。

 Mr. Abe’s shameful impulses could threaten critical cooperation in the region on issues like North Korea’s nuclear weapons program. Such revisionism is an embarrassment to a country that should be focused on improving its long-stagnant economy, not whitewashing the past.

  *threaten =be likely to harm or destroy something

  *critical=extremely important because a future situation will be affected by it=crucial

  *whitewash=try to hide unpleasant facts about someboby/something; to try to make something seem better than it is:

 安倍氏の恥ずべき衝動は、北朝鮮の核兵器計画のような問題に関する地域内の重要な協力を損なうか壊しかねない。そのような修正主義は、過去の不愉快な事実を隠そう、あるいは塗り変えてよく見せようとする事にではなく、長期に渡って停滞しているその経済を好転させることに集中しなきゃならない国にとっては厄介者である。

[A version of this editorial appeared in print on January 3, 2013, on page A24 of the New York edition with the headline: Another Attempt to Deny Japan’s History. ]

 (Published: January 2, 2013)

[語釈、イタリック、下線、カラー等は筆者]

 印の部分は、日本に言及している事は明白であるが、安倍総裁の"御威光"降って湧いたように円安が発生し、輸出を主とする大手企業を中心に収益が上がり、当面、アベノミクスが効を奏する気配にあるとの判断が優勢で安倍政権の経済政策に対する国民の支持率は高い。

          (2013, 6月上旬では、平成257月の参院選の結果予想は火を見るより明らかである。)

[このサイトへの社説原文掲載意図]

 ネットを通じて得たものを拙い読解力で読み終えたときに、いろいろ疑念が浮かびました。

  *安倍氏の考えや願望は以前から鮮明な中で、正月早々に、彼の船出に水を掛けるかのような社説掲載の意図はどこにあるのか。New York TimesObama政権を支持する最大の有力紙で、御用新聞的な面もある。Obamaが再選を果たしたときは、選挙に関する記事に限り無料で読み放題だった。

*日本政府は反応するのか。野党はどう扱うのか。 *マスコミは翻訳し、あるいはコメントを載せるのだろうか。 *国民の大半は知らないままで終わるのだろうか。

 その後数日間、新聞に目を通してもそれらしい記事に出会いません。革新の気概は充分まだ残っているだろうとの思いで、朝日意見取り扱(0355407615 // 0570057616)にこの社説に関する件を伝えたのですが、掴みどころのない、ヒヨウタンでナマズを押さえるような気配でした。しばらくして、菅官房長官が大手数社から新年の取材を受け、この件のようなことに関しては、歴代内閣と変わらないから、摩擦を起こす気は無いという旨の答弁が小さく掲載されていました。恐らく、彼らの言う「国益」を考えてのことでしょう。

 更に時が過ぎて、ある週刊誌が、正月早々の社説で安倍政権にけちをつけたNew York Timesの目的は何かという趣旨の記事を扱っているのを広告で目にしました。その見出しから判断する限りでは、安倍政権への援護射撃の内容の感じを抱きました。しかしそれを講読した人以外は何も知らないままに落着しました。 マスコミは何故、事なかれ主義に走ったのか。高い支持率で船出した政権への餞だったのか。国民は安倍氏の理想を知っているはずだから、「今さらジロー」と考えてのことなのか。それとも既にメディアの大半が、安倍イズムに毒されて乱暴極まりない改憲にむけて、舵を切ってしまったのか。 産経と読売の両紙は、自国が引き起こした先の大戦で自国民が舐めさせられた、言語を絶する悲惨を後世に伝えることを怠り、その背後には巨大な財閥が見えます。喉元を過ぎれば熱さを忘れる。

老朽化した脳で得た結論の一つは、もはや、日本のメディアの大多数は講読数、視聴率保持のために、[社益」を重んじ、見識、理念、哲学、理想等々を形振り構わずかなぐり捨てたということでした。その気迫はさながら江戸の瓦版の情熱にさえも遠く及ばない、知見の喪失ということですかね。共産党は戦前同様に、あらゆる弾圧に屈せず最後まで護憲を貫いてくれるでしょうが、若し最後の砦朝日が多勢に無勢で文字通り腰砕けとなり改憲の旗を振れば、良心的な人々は、遂に憤怒の峠を降りて絶望の縁に立ち、国土に響きわたる軍靴と真綿で締めるような陰湿な弾圧に人生を呪うことでしょう。日本は確実に沈没します。軍靴を鳴らして闊歩するこれ以外に満を持して右翼タカ派が、国民主権の平和憲法を変える必要はどこにあるのですかこの思考はマイナス思考ではありません。背水の、惨劇未然防止思考だと確信しています。

明治以来国民に許されていた限られた自由を剥奪し、有無を言わさず天皇に隷属させて300万人を越える日本国民の生命を犬死同然に犠牲にし、戦火で美しい国土を荒廃させて、近隣諸国の人々の人権を踏みにじり、苦しめ抜いて死に追いやり、甚大な被害、損害、精神的な苦痛を与え、彼らの民族の誇りを損傷し、地球の果てまでも震撼させてしまった。日本軍が最初に引き金引いた動機が何であれマッカサが後年、資源の乏しさを知り、一般庶民の心情にも同情して庇ったとしても、この惨禍は動かし難い、どうにも否定しがたい事実です。苦しみを与えた側の悪夢は忘れ得ても、犠牲者達の経験した悪夢は、子子孫孫まで消えることはありません。日本においてもそうです。この悲惨な事実の上に、[主権在民]を柱とする日本国憲法を手にしました。これには、広い視野に立った人類的な理想が織り込まれているのです。この憲法を構成する基本理念を、このような弱腰、おっとり刀のメディア依存したままで、国民一人一人の権利、自由を束縛し、とりわけ義務教育教員の思想を統一して統治しやすくする事ばかりを念頭においている現政権から守り抜く事は、到底不可能だと判断しました。若干衝動的で自己満足の域を出ませんが、押さえ難い憤怒の情に抗しきれず、急遽、ことあるごとの[護憲]を立ち上げました。訪問客の皆様方のご協力を心からお待ち申し上げています。       (平成2565日 by hokuto77)<目次へ>

 




























  NEW YORK TIMES社説論考 Part II




[護憲]補遺に当たっての釈明

ここは緊急の補遺欄です。挿入場所をいろいろ検討しましたが、ここに決めました。           [敬称略]

すでに、この[護憲]は事情によって、7月18日付で筆を折りましたが、無色透明として参考にして下さい。既にPART Iでお読み頂いた英文は、201313日付のNew York Times社説でしたが、こちら、今回初めてお読みのものは、同年723日付のNew York Times社説です。丁度半年あまりが経過したことになります。アメリカ民主党は、やはり安倍首相の政治的な視座に対して従前からの、同様な不安を抱いています。その不安が現実ものとならないようにと安倍氏の姿勢への警告と助言です。軍事上の貴重な同盟国としてのアメリカの任務だと考えてのことでしょう。今後の安倍政権を点検する上でチェックポイントの一つになるのではないでしょうか。筆折りの禁を破り、ここに敢えて社説を掲載しましたのは、安倍氏が自分の政治生命の本丸として温めている軍国改憲への強い思い留まりを忠告しているからです。安倍氏の政治信念の危険性を危惧しているのは、改憲派を揶揄してきた一介のやつがれ老骨hokuto77や、他の護憲派の人達だけに留まらないのだということを知って欲しいが故です。

安倍氏自身とその理論的指南役櫻井よしこ女史や、背景の[日本会議]は、アメリカ民主党の忠告を不要な失礼極まりない内政干渉だと歯牙にも掛けないでしょうし、いつ何時一方に転ぶとも分からない石原氏、橋下徹氏一派も同様です。海外からの視線の中で、安倍政権の右翼タカ派化を歓迎しないのは、すでに関係が冷え込みつつある韓国・中国、軍事上の同盟国米国と、ピョンヤン宣言がすでに海底に沈んだ北朝鮮、これら4ヶ国であることが鮮明になっています。戦後の体制を否定して、憲法の理念を明治のそれに戻し、軍事力を強化て近隣諸国との関係修復を図ろうとする発想と神経はもはや、しがない老骨の思考範囲を完全に越えたものです。多数の国民がすでにその流れに竿挿しておられます。同盟国や隣近所とは疑心暗鬼の表面上のつき合いで、遠い中東や東欧と不安定極まりない原発等をやりとりして、誠に慶賀に堪えないところです。

           2513731日 大安             (by hokuto77)

 

 

[補遺] New York Times 社説

Opportunity and Risk in Japan

 

Sunday’s election for the upper house of Parliament in Japan was a strong vote of confidence for Prime Minister Shinzo Abe and the pro-growth fiscal and monetary policies he has pursued since entering office in December. His conservative coalition now seems assured a working parliamentary majority through 2016, which would end the trend of weak revolving-door governments, which saw six successive prime ministers over the past six years.
[Notes by hokuto77]
 *vote of confidence for=a formal vote to show that people support a leader, a political party, an idea etc.
 *fiscal and monetary policy=policy connected with government or public money, especially taxes andwith money, especially all the money in a country
Mr. Abe should not, however, treat the results as an endorsement of his disturbingly right-wing foreign- policy views, which include a nationalistic revision of World War II history, overheated rhetoric toward China and attempts to rewrite Japan’s Constitution to permit more assertive military actions. This election was about economics.
[Notes by hokuto77]
*endorsement= a public statement or action showing that you support somebody or something
*revision= a change or set of changes to something
*overheated=too full of anger or excitement
*rhetoric= speech or writing that is intended to influence people, but
 Mr. Abe challenged conventional economic wisdom during winter by using deficit spending and easy money to jolt Japan’s inert economy back to life. As a result, Japan’s annualized growth rate is now 4 percent, the highest among the leading developed economies.
 If he were wise, he would use his new strength to push through the remaining, and politically most difficult, parts of his economic agenda, like paring back agricultural subsidies, regulations on retail commerce and labor market restrictions that have weakened Japan’s growth for decades. If these issues cannot be tackled now, it is hard to imagine when they would ever be addressed.
[Notes by hokuto77]
*
conventional wisdom=the view or belief that most people hold
*deficit= the amount by which money spent or owed is greater than money earned in a particular period of time
*spending=the amount of money that is spent by a government or an organization 
*easy money=money obtained without effort, and, often, illegally; also with an amount specified (easydollar, etc.) (orig. U.S.). (OED)
*jolt= move or make somebody or something move suddenly and roughly
*inert= without power to move or act
*strength=the power and influence that somebody or something has

 Sustaining growth will require structural reforms to retool Japan’s high-wage, high-cost, high-regulation economy so that it can compete more effectively in a world where lower-wage countries can produce many of its exports for less. Japan’s educated work force helps, as does its first-class transportation systems and port infrastructure. But those assets have not been enough to get the country out of two decades of stagnation and will not be enough today.
[Notes by hokuto77]
*retool=organize something in a new way
*asset=something belonging to an individual or a business that has value or the power to earn money

 Mr. Abe should use the Trans-Pacific Partnership trade talks, which Japan is scheduled to join this week, as a lever to win domestic support for the cutting farm subsidies, and he should pare back labor market restrictions that discourage workers from moving out of fading sectors like traditional manufacturing.
 He should also push for expanded immigration of foreign workers, which would add new energy to the labor force and help pay for the pensions of a rapidly expanding elderly population. And he needs to resist pressure from deficit hawks to increase consumption taxes, at least until economic recovery is more firmly established.
[Notes by hokuto77]
*lever=something you use to influence a situation to get the result that you want
*pare back=gradually reduce the size or amount 
*fade= become paler or less bright


 To keep commerce going with China, Japan's most important Asian trading partner, Mr. Abe has to stop rubbing raw the wounds of World War II. That includes not visiting the Yasukuni Shrine, where war criminals from that conflict are honored. Nor should his government divert budget resources into military muscle flexing. Pushing into these politically contentious areas would erode the economic progress and promise of stable political leadership Mr. Abe has just worked so hard to achieve.
   [Colored and underlined by hokuto77]
      By THE EDITORIAL BOARD
          (Published: July 22, 2013)
                  [Notes by hokuto77]
*rub=move backwards an forwards many times against something while pressing it, especially causing pain or damage
 ・The horse's neck was rubbed raw (= until the skin came off) where the rope had been.
*conflict=fighting or a war (between two countries)
*honor=treat someone with special respect
*divert=use money, materials, etc. for a different purpose from their original purpose

[Translation by hokuto77]
 日曜日の日本の参院選は、安倍首相と彼が12月に政権の座について以来促進してきた財政・金融政策とを、国民が強力に指示した公的選挙であった。今や、安倍首相の保守連合政権は、2016年まで国会で多数として機能すると確信しているように思える。恐らくそれは、過去6年間に連続して6人の首相が交代するという「回転ドアー式の貧弱な政府」という流れを終わらせることになるだろう。

*pro-(growth)=(in adjectives) in favor of; supporting
*trend (of) =a general direction in which a situation is changing or developing
*revolving-door=used to talk about a place or an organization that people enter and then leave again very quickly

[Translation by hokuto77]
 しかしながら、安倍氏は、この選挙結果は、不穏極まりない右翼的な外交姿勢・見解が支持されている結果だと受け止めるべきではない。彼のその視点は、第二次世界大戦史の国家主義的な修正と、中国に向かっての怒に満ちた物言いと、今よりともっと独断的な軍事行動を許容するために日本国憲法を改訂する企とを含んだものである。今回の選挙は、経済に関するものであったのだ。

that is not completely honest or sincere
*assertive= expressing opinions or desires strongly and with confidence, so that people take notice  = declaratory, affirmative, dogmatic (OED)
[Translation by hokuto77]
 安倍氏はこの冬の間に、国民の大半が抱いている経済観を退けて、赤字財政の支出に踏み切りさらに「あぶく銭」を使うことで、日本の沈滞した経済に突然荒々しく生気を取り戻した。その結果、日本の年間成長率は今では、4%になり、これは先進経済国の中では最も高い成長率である。
 若し彼が賢者であれば、彼が新しく手に入れた権力を用いて、彼の経済上の課題の中で未解決で政治的に最も困難なものを、それらは例えば、段階的な農業産物への助成金の削減、小売業への規制の緩和、労働力市場の規制の緩和などであるが、これらが、長い間日本経済の成長を弱めてきた。この困難な課題を解決するために議案や計画を押し通すであろうに。こういった課題に今現在取り組むことが出来なければ、一体いつ解決を図るのか想像に苦しむ。

*
push something through=get a new law or plan officially accepted
*agenda= a list of problems or subjects that a government, organization etc is planning to deal with
*pare(v)= gradually reduce the size or amount
*subsidy=money that is paid by a government or organization to make prices lower, reduce the cost of producing goods etc
*retail=the sale of goods in shops to customers, for their own use and not for selling to anyone else
*tackle=try to deal with a difficult problem or situation
*address(v)=think about a problem or a situation and decide how you are going to deal with it; try to solve a problem

[Translation by hokuto77]
 成長を維持するには、低賃金の国々がその輸出品の多くを低コストで生産出来る状況においては、日本経済がもっと効果的に競争するために高賃金、高コスト、高規制の経済体制を再編成するための構造的な改革が求められる。
 丁度、日本の一級の輸送制度と港湾の基本施設基盤が役立っているように、技能を身に付けた日本の労働力は役に立つ。しかしこのような資産は、日本を20年間の不況から抜け出させるには充分ではなかったし今日も十分ではないであろう。
*stagnation=unhealthy absence of activity, energy, etc. Also spec. in Econ., an absence or low rate of growth


[Translation by hokuto77]
 安倍氏は、TPP交渉会合を、農業助成金の削除に対する国内の支持を勝ち取る手段として利用するべきである。その会合には、今週参加するように予定が組まれている。更に、労働市場規制を暫時緩和すべきである。その規制が故で、労働者達が伝統的な製造業のような衰弱しつつある部門から離れることを思い留まっている。安倍氏はまた、外国人労働者達の拡大された分野の移民を受け入れることを国内で承認させるべきである。
 若しそれを実現するならば、労働力に新しいエネルギーが追加されることになり、急速に増加している高齢人口の年金を支払う一助になるであろう。そして、彼は国の財政赤字を埋めようとする政治家からの消費税増への圧力に抗さなくてはならない。少なくとも、経済の回復がもっと堅固に確立するまでは。(圧力に屈してはだめである)
*push for something=try to persuade people to accept your ideas, opinions etc in order to achievesomething
*deficit hawk=a politician who wants to reduce the amount of money the government owes (LongmanBusiness English Dictionary)

[Translation by hokuto77]
 中国との貿易を継続するためには、中国は日本にとって最も重要なアジアでの通商相手国であるが、安倍氏は第二次世界大戦の(中国側の)傷跡を繰り返しこすって皮膚が剥げるようなことは止めなければならない。その止めるべき行動の中には、靖国神社を参拝しないことが含まれている。当神社には、あの戦争を始めた戦犯達が祀られている。同様に、安倍政権は予算上の財源を警告や脅し用の軍事力誇示のために転用すべきではないのである。
 若しこのような政治的に議論と異論のある領域に無理やり押し入るならば、安倍氏が達成するために一生懸命やってきたばかりの、経済の発展と安定した政治統率力の公約はある期間内に徐徐に弱まっていくことであろう。


*flex your muscles= show somebody how powerful you are, especially as a warning or threat
*push into something=make one's way into something by thrusting obstacles or opponents aside
*contentious= likely to cause a lot of argument and disagreement between people
*erode=gradually destroy something or make it weaker over a period of time

 

[護憲]『補遺』後の世界情勢の変化:

安倍政権の独裁化
米政権のタカ派化 北朝鮮の頑迷化、中東の泥沼化

[護憲]補遺掲載後の世界情勢の変化、政権の独裁化を中心に、多数の国民の意思を無視、蔑ろにした政策、法制化が進み、もはや後戻りは出来ない次元までに至った。中でも、今上天皇が希望された[生前退位]の扱いを、詭弁を弄して、多数の国民の気持ちに反し、取り分け、天皇ご自身の強いお気持ちを踏みにじり、一代限りの特例法とした。
 
 憲法を完全に無視した政策を
[多数]で次々と強硬採決しておきながら、[憲法に抵触しない範囲内で]とぬけぬけと吐いてる。
天皇の[象徴天皇としての在り方、完全な職務の遂行のため]を、一代限りに封じ込めておかないと、「日本会議」と「安倍政権」が,目がける改憲の柱の一つ[天皇=国家元首・主権]実現の妨げになるからである。
 今上天皇のご意思は
[天皇の地位を君主にしない。主権はあくまで「国民」でなければならない]であって、そのための先手を打たれた
のだが、安倍氏は政権への近欲な有権者の支持率を背景に、天皇と国民を愚弄して何の痛痒も感じない鉄面皮な男である。

 更に同盟国アメリカの政権が交代し、共和党の、武力崇拝の、「口で言うより手の方が早い」馬鹿な大統領が誕生し、日本への戦力増強を求め、共に戦闘をすることを期待し、安倍氏もしきりに武力行使をけしかけている

 わずか数年の間に180度の展開が新しい日米安保関係となった。
2013年7月22日の社説は、さながら前世紀の化石の感がある。安倍政権のタカ派の拍車を抑える機能を果たしてきた中・米の一翼が千切れ飛んでしまった。

 [
教育勅語]が鎌首をもたげて教育現場に入り込み、[桜井の決別]が宗教団体や合唱団で愛唱されている。両者とも、明治誕生以来濫用され続け、ついに日本国を滅ぼした軍国精神の、2度とそこへ帰ってはならないタブーなのであるが、、、

                      2017年4月中旬  by hokuto77  <目次へ>
     
































 自虐的史観論考察


 最初に、明治維新の思想的支柱の一人であった吉田松陰が、その『幽囚録』では次のように書いていることを頭に入れて置く必要があります。松陰の過激さに思わずまさかと、目を疑いますが記録に残る事実です。

 「今急武備を修め、艦略具はり礟略足らば、則ち宜しく蝦夷を開拓して諸侯を封建し、間に乗じて加摸察加(カムチャッカ)・隩都加(オホーツク)を奪ひ、琉球に諭し、朝覲会同すること内諸侯と比しからめ朝鮮を責めて質を納れ貢を奉じ、古の盛時の如くにし、北は満州の地を割き、南は台湾、呂宋(ルソン)諸島を収め、進取の勢を漸示すべし」と記し、北海道の開拓、琉球(現在の沖縄。当時は半独立国であった)の日本領化、李氏朝鮮の日本への属国化、満洲・台湾・フィリピンの領有を主張した。松下村塾出身者の何人かが明治維新後に政府の中心で活躍した為、松陰の思想は日本のアジア進出の対外政策に大きな影響を与えることとなった。 (From Wikipedia)

 

当該史観の根底にある思考過程(推測)

 明治の朝鮮半島への進軍を皮切りに、太平洋戦争、WWII終結までの軍事行動では、日本が間違っていたホントに悪いことをしたと、いたずらに自国を責め苛むことは、歴史の事実を無視して(戦勝国が)押しつけた史観であって、卑屈にさせるばかりで、日本人から自信と誇りを奪い、前向きな人生と勇気を取り去った。この戦争に関係する歴史をこのように観るのは自虐の思考である。郷土山口県の大先輩達が、自分も尊崇する吉田松陰先生の御遺訓を受け継いで仕掛けた一連の戦争は、断じて侵略戦争ではない。自虐的にその戦争を振り返るのは即刻止めなくてはいけない。[侵略戦争]の定義は未だ定かではないのだ。明治以降近代の歴史を見直して一部塗り変え、日本人としての誇りを取り戻し胸を張って国際社会に打って出ようではないか。そのためには経済力をつけなくてはならない。占領軍が押しつけた下らん憲法などは打ち捨てて、自民党が結党以来考えている日本人に合った憲法を制定しなくてはならない。救急にそこまで行けなくても、一部を修正して[国防軍]を設立し、天皇を国家元首にすえなくてはならないとにかく、「自虐的な歴史の見方」を一日も早く捨て去ることだ。


 [詭弁で国民を欺き事実に蓋をし、近隣諸国や同盟国からの不協和音がなれければ、上記のような論法は全ての国民にすんなりと受け入れられる。すでにマスメディアの大半を懐柔してある。まして、物を深く考えない、読解力もない一般庶民においておやだ。抵抗があるようなら、自分と自民党の指一本で動く経団連の強力な組織を使い[連合]を骨抜きにしてJAをくすぐりながら強引に浦々裏裏まで浸透させればよいのだ]

これが安倍氏の強気強腰の自惚れの論理的支柱ではないかと推測出来ます。

 

 気晴らしに、国民を国民とも思わない安倍氏の思考パタンと鳩山由起夫氏のそれを比較してみましょう。

 鳩山氏は民主党政権の初代首相就任前に「宇宙人」の発想だと評されていました。世俗の垢にまみれながら四苦八苦している庶民とは、かけ離れた考え方ということでしょうか。それは地球上では実現しないということを暗示していたのです。

 成育歴が尋常ではないですね。困っているだろうと母上が10億円近い小遣い銭をぽいと与える家庭で成長した人ならではのことです。政策は空中分解しました。根が善良な人で策を弄することが下手だったわけです。普天間基地の移設を少なくとも県外へと沖縄の人々の心情を汲み取っての希望的観測を、戦略と青写真のないままに発言して最終的には沖縄を愚弄することになり、全てのマスメディアから他の政策に関しても執拗なバッシングを受けて引退しました。「宇宙人的」は清濁を合わせ飲む海千山千の政治家の発想ではなかったのです。宇宙はまだ、核爆発や原発事故の放射能に汚染されていない純粋空間なのでしょうか。

 民主党政権の内紛と腰砕けでこんな[護憲論]を書かなければならなくなりましたが、鳩山氏一人の責任に押し付けるのは酷であり、間違いでもあります。「壊し屋」と異名をとって威名を馳せた人物も内部崩壊の大きな、責任を負わねばなりません。

 一方の安倍氏はどうでしょうか。いたる所にもっともらしい理屈をつけて相克する概念を平然と組み立て、事実を事実とも思わないおおらか極まりなく、相手の気持ちを平気で逆なでして、それを追求されれば、柳に風とシカトするか、また平然ともっともらしい美辞麗句で煙に巻く思考がお得意です。改憲と軍国を打ち出して大半の右傾化したマスメディアからのバッシングを未然に防ぎ、不都合は手練手管を駆使して笑顔で隠す。一見宇宙人ではなく名優と映る立振舞いをします。円安、株価・物価上昇、デフレ脱却の立役者として財界が後押ししていることを背景に、得体のしれない経済政策の実現の可能性が大変高いと国民の気持ちをくすぐります。

 思考パタン―の典型を表すかのように、地震と津波で想定外だったという放射能の処理もままならぬ内に、海外に日本の原発技術輸出の行脚に出ました。あまりにも不見識、止めてもらいたいと、これを堂々と批判しているのは、共産党一党だけのようです。四位委員長の発言を朝日がまことに小さく載せていました。唖然とするこの暴挙はまさに神業です。人の心で出来ることではありません。 ハイテクの日本でも原発事故を防止出来なかったという事実を元にして、ドイツが将来原発依存はゼロにすると議会決定したのは周知のことですが、メルケル首相は安倍氏の得意満面とした一連の行動をどう受け止めているのでしょうか。

 [まったくの余談です。若い時にドイツ語をしっかり習得しておけばよかったのにと大いに悔やんでいます。戦後レジームが消滅して日本国沈没の前に、敵前逃亡さながらに、ドイツへの脱出帰化を図るでしょうに、、、]

 組みし難い食わせ者、民主党の自滅による漁夫の利で、向かうところ敵なしの思考は、まさに銀河系のかなたを棲家とする「異生物」の発想です。純情な凡人のそれとは波長はまったく合いません。おかげ様で、反日の[レッテルを貼られながら、面白くも可笑しくもない「護憲論」を展開しています。            

                                                平成25年7月中旬  by hokuto7

 

 平成29年4月中旬追加更新━

森友学園疑惑;教育勅語礼賛の保守イデオロギーを共有する、救いがたいアナクロニズム同類間の、血を血で洗うような、さながら骨肉の争い、真実隠しの水掛け論争、一種の内ゲバの皮肉である。

其処には政治家としての国民への真摯な配慮は皆無で、教育と、政治の無様な私物化の実態である。国有地を、なんと!なんと!8億円も値引きして1億円で払い下げた。政治の圧力皆無で、なんと!なんと![忖度]で実現したという。首相夫人が、怪しげな小学校の[名誉校長]をしているというだけで、なんと!なんと!日本の官僚はそれほどの[忖度]をするのか???!!

さすがに、参考人の立場になれば、眉一つ動かさずひたすら聞いていないと否定を重ねる。善良な国民はただそれを眺めて嘆いているだけである。これで国民の腸が煮えくり返らなければ、

津川雅彦氏の言う、押しつけ憲法で大和魂を骨抜きにされていることになるのだろう。国民に可能な意思表示は、政権の[支持率低下]と総選挙の投票行為である。そのいずれかを実現しえないようであれば、憲法改正の国民投票は政権の思惑どおりである。ここで、日本の[歴史繰り返しのスパイラル]に国民自ら突入することになる。南北朝鮮も何れ統一されよう。70年以上も前と似たような極東の構図になる。

*各種世論調査では、政権支持率は5割を切らない。おそらく、[代わりになる適当な政党無しが主なる理由ではあろうが] 支持率を下げれば、安倍一族は震え上がって土下座をするということが国民には予測出来ない。国会前で集団で叫んでいるぐらいは蚊が刺したほども痛くない。それでも政権は改憲に先立ち、共謀罪=[治安維持法]を通過させる。

 

 民主党からの政権奪還以来、政権の傲慢のエスカレートは止まるところを知らず、ついに国会の場で破棄され化石化した[教育勅語]は立派なものだとして鎌首をもたげさせ世間を騒がせている。

安倍首相も稲田防衛大臣も父や祖父から戦前の体制を日本国のあるべき本来の姿として、まるで子守歌、掛け算くくのように注入されて育ってきた成育歴がある。すでにDNA化してそれから脱皮できず本気でその完全復活と天皇君主・主権者の国体を、必死で実現しようとしている。

 <脱線>安倍一族が憧れている明治日本の体制を、夏目漱石は、あまり気に食わなかったようだ。

[三四郎]の[一の八]にそれが読み取れる。主人公が上京する列車内で、日露戦争の勝利とその後の日本が話題になり、彼が日本もこれからは段々発展するような弁護をすると、向かいの席の人物が煙草を吹かしながら、『滅びるね』と切って捨てる。まだ、登場人物の一語だとおおらかに受け止める時代であったのか。昭和の中頃であれば、多喜二と同じ運命にあっていたかもしれないが、漱石の先見性と明治政府、特に伊藤博文政治への嫌悪感が伺える一言である。昭和20年の戦争終結は、実質的な日本国の崩壊であり、滅びであった。[敗戦]という言葉で簡単に片づけてはいけない。USAの一つの州になっていても決して不思議ではなかった。崩壊、滅びから立ち上がって来たのが崩壊後70年の歴史で、その間の支柱であった憲法を「こんなくだらん憲法はすぐに蹴り捨てよ」があの、多くの女性達、新潮社が崇拝している櫻井よしこ氏である。櫻井よしこ氏は、改憲後は小指に唾をつけ

て国民と政治家を操つる気でいるようだ。楽しみである。人間の面を冠った鬼女とはまさしく桜井よしこ女史のための賛辞である。
                           平成294 17日 by hokuto77
    <目次へ>



































 [侵略戦争否定論]考察


MacArthurの米議会での発言を原文で紹介し 、石原慎太郎氏達がさながら水戸黄門の紋所のように振り翳すキーワードを考察しましょう。段落毎に要点を拙訳で紹介しておきます。

 Strategy against Japan in world war


Senator HICKENLOOPER.
Question No.5:
 Isn't your proposal for sea and air blockade of Red China the same strategy by which Americans achieved victory over the Japanese in the Pacific?
赤化した中国へのあなたの戦略は、太平洋(戦争)で日本に勝利したものと同様か
General MACARTHUR.
 Yes, sir. In the Pacific we bypassed them. We closed in. You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded into 4 islands. It was about half a farm population. The other half was engaged in industry. Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as anything that I have ever known. Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
 This enormous capacity for work meant that they had to have something to work on. They built the factories, they had the labor, but they didn't have the basic materials.
 日本は四島におよそ8,000万の人口が密集しており、約半数が農業に従事し、残りは工業に関わっていた。日本が保有する労働集団は、質、量共に優れており、私が見聞したいずれにも劣らない。彼らは働き、建設している時が幸せだと、日本人が労働に従事してきたある時点から、いわゆる、労働することの価値、尊厳を見出してきた。 *[勤勉な国民性に言及している]
 この労働能力は働くための材料を必要とした。工場を立てた。労働力はあったが。労働の対象となる素材、原料を持っていなかった。
 There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
They lack cotton, they lack wool, they lack petoroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all which was in the Asiatic
basin.
 絹糸を産出するするカイコ以外には固有の資源は日本にはなかったと具体例を挙げている。日本が欠く資源の全てがアジアの低地帯に存在していた。
 They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
若しこれらの資源の供給を切断されれば、日本は、1,000万から1,200万の人々が失業することになるだろうと彼らは恐れた。それゆえに、日本が戦争を引き起こし(継続)した理由・目的は、主としてセキュリティ上余儀なくされたものだったのである。
*some place down the line=at some point during an activity or a process (COD) [somewhere along the line=at some point (in time) (OED)]
*
basin=area drained by a river (POD)
*
dictate=control or influence how something happens (OALD)
*go to war= enter on hostilities (OED) =start a war (COD) =become involved in a war; make war(Longman)
*security=freedom from care, anxiety or apprehension
     
a protection, guard, defense (against, for, from)
    protection from bad things that could happen to you (Longman)
    protection against something bad that might happen in the future (OALD)
[考察]
 文頭で述べましたように、石原慎太郎氏達の得々としたキーワードは当然securityです。ここのsecurityを「安全保障」と表現するのは決して適切な解釈ではなく実態にそぐわないでしょう。9・11同時多発テロ後に時のブッシュ大統領がHomeland Security法を立ち上げたのや、国連のSecurity Councilの場合は「安全保障」でないといけません。これは上記の註では②にあたります。
◎念のため国語辞典で確認をします。改訂を重ねて表現に微妙な変化がありますが骨子は不動です。
 広辞苑:外部からの侵略に対して国家の安全を保障すること。
 日本国語大辞典:国外からの攻撃や侵略に対して国家の安全を守ること。軍事同盟や経済協力のほか中立という方法もある。
 御存じのように、マッカーサーは West Point (陸軍士官学校) にトップで入学し卒業時に全科目の平均点が98点程度という驚異的な成績でした。彼が残している文章や発言の用語は極めて正確です。securityを上記の①から③、④へと敷衍発展した④の意味で遣っていると考えてよいでしょう。そうでないと文脈にそいません。占領後、時が経つにつれて彼は日本に対して同情的になっていたことは確かです。
 「戦争を引き起こした」というマッカーサーの議会証言から、国外からの日本への攻撃や侵略に対してではなく、近隣諸国からの資源の供給が、どこかの国が侵攻してそれを押さえるなどして、cut offが発生する前にsecurity すなわち[生活の安定]のために他国に進軍し、武力に訴えて資源の確保を企てた、ということになります。てっとり早く言えば一種の武力による「略奪」行為のようなものです。英語ではこの同意語がつもあります。如何なる観点から見ても、言語道断で許されないことは明白です。個人の犯罪であれば、強盗殺人として情状酌量の余地は、針の目ほども残されていないでしょう。
 ここで重要なことは、マッカーサーはこの見解、1,000万を越すだろう失業者と家族が路頭に迷わないような[生活の安定]が目的は、日本が戦争を引き起こし惨禍を与えたにもかかわらず、やはり大義名分が立ち、あの戦争は正当なものであったと主張しているのではないということです。ここが大事な点です。A級戦犯とされた東条英機は最後まで正当性を主張したということですが、戦国時代の武将の感覚ではなかったのでしょうか。あるいは根底にアジア諸国の民族を劣等民族と見なした許すべからざる蔑視があったということでしょうか。マッカーサーも彼とまったく同じ考えであったと断定することは到底不可能です。

 断じて侵略ではい、国を守るために開始した戦争だったと、先の大戦をはじめ一連の進軍を、一種の「正当防衛」的なものとしてしかけた戦争の正当性を主張しようというものです。石原慎太郎氏達のように解釈しないのはとんでもない間違いで、勉強不足で反日だと決めつけます。マッカーサーの表現securityだけを盾にして、最後まで「自存自衛戦争」だと、他を異見として睥睨する暴挙暴言、これは善良で良心的な日本国民を、まさに愚弄するものです。安倍氏、橋下氏の場合とまったく同類です。それ以外には受け取れない人は、残念ながら正義感が麻痺してまっているのかもしれません。あるいは、自民党のある女性役員のように歴史の事実にまったく無知か、優しい仮面をつけた極右タカ派の[鬼女]ということです。            

 [平成257 吉日  by hokuto77]  <目次へ>









































         残   雪








 5月中旬のことであった。『このあたりには、まだ残雪が残っています。』


 「ふんー 残雪かー」、久しぶりに詩的な言葉を聞いたなーと感慨に耽っていると、夕方7時代の、そのニュースの最後に、アナウンサーが、先程の残雪は、雪の間違いでした。お詫びいたしますと言って軽く頭を下げた。何があったのかな、確か、「残雪がまだ残っています」と、うれしそうに弾んだ声であったが、、、わざわざ雪に変える必要があるのか。しばらく考えて見たが、残と残るで、いちゃもんがついたのだろうと、1時間ぐらい経って、例の NHK意見受付(0570―066―066)に様子を尋ねた。

 放送直後に沢山の苦情電話が届いたということである。馬から落馬したと同じだ、アメリカへ渡米すると同工異曲等々であったらしい。詩的な感動表現を「敏感な大衆」が否定して、凡な散文にしてしまった。そのすさまじい勢いに違和感を強く抱いた。その違和感は今なお、消えない。NHKの訂正も単純で情けないことだと思った。

 当然溶けて消えたであろうはずの雪がまだ残っている。それを「残雪」と呼ぶ。残雪に対する人々の反応は様々であろう。恨み、憎しみ、辟易もあれば、逆に、憧憬もある。広辞苑をひもとく。①消えのこった雪 ②春になっても冬の雪の消えずにあるもの<季・春>となっている。辞書の定義は常に味気ない。

残の文字を頭につけると、あまり愉快でないものが浮かぶ。残暑、残務、残業、残飯、残念、残忍、残酷、残虐・・・そういう中にあって、初夏に入っても山中の何時までも解けない雪を「残雪」と呼ぶ時、どこか、詩的なイメージが漂う。雪深い土地の人々には、うっとうしい存在であろうが、、、 残影、残像等も、使い方では同様の効果が生じる。

普通の状況では、広辞苑の②の定義に適用している。「NHK紅白の最中に降った雪が、まだ溶けきらない。今年の三が日は底冷えがするなー。」そして、これが残雪かーと思う人は少ないであろう。しかし、5月下旬にも近い頃の雪に出会って、咄嗟に残雪と呼ぶには、それなりの素養が求められる。

 5月下旬の雪=残雪 の等式が成り立つ時、「残雪が残っています」に、何の違和感も生じない。むしろ余韻のある表現である。「まだ残っている」代わりに「まだ消えていない」、「まだ溶けていない」などは、かたぐるしい、気象観測の表現である。

降り止んだのは何時だったのか判然としない5月の山中の雪を見て、驚きと当時に、いずれ消えゆく定めにある雪への思いやりと哀惜の情が、思わず、「まだ残っている」という、まるでその残雪に意思があるかのような能動的な表現になった。そこには、雪への感情移入が明瞭に聞き取れる。この詩的な表現の重みを理解できない。馬から落馬と同等の扱いをして、ねじ込んだ。

その気持ちもわからないではない。丁度、NHKが不祥事等で、新聞や世間の話題になり、視聴者の鼻息の荒い時で、きちんと視聴料を払っているのだから、ちゃんとした言葉を遣わないとは怪しからんではないか、という憤りである。

ダブり表現による強調は、英米文学の世界では常套手段である。言葉の神様のようなあのシェクスピアも、崇高な詩を書きあげた、ラテン語も駆使した詩人ミルトンにも頻繁に表れる。まだ記憶にある人は、dream a pleasant dreamような表現を想起されるであろう。「楽しい夢を夢見た」と言えば英文法の先生からもお叱りを受けることになるが。

 意見受け付けで、久しぶりに、素晴らしい表現を聞いて感動したから、その現地取材のアナウンサーに、自信を持つように伝えて下さいと言っておいたが、果たして伝わったかどうか、、、少数否決であったに違いない。

蛇足の典型を一つ。パソコンの慣用表現度チェック機能で、「馬から落馬」と「アメリカへ渡米」は、青い波線が下線となる。「残雪が残っています」にはそれは入らない。最新のパソコンの盲点を突く斬新さであった。

                              (平成18年 2006)

<目次へ>




































              純   粋

下村 脩氏(80歳)の、ノーベル化学賞受賞の演説要旨(朝日新聞12月12日付)の冒頭に強く引き付けられた。

 「私の話は長崎が被爆した1945年から始まる。長崎の近くの工場で働いていた私はB29の爆撃機が原子爆弾を運んで飛んでいくのを目撃した。その後、爆発によるものすごい光と強い圧力波を受けた。幸いにも生き延びることができ 薬学の学校へ入った。(以下略)」

 長崎への原爆投下から始まる演説要旨に、様々な思いが湧いて来る。下村氏が直接被爆されていたら、[蛍光タンパク分野]の研究開発は大幅に遅れたことであろうなどと、俗な邪推が浮かぶよりも早く、思わず目頭が熱くなった。年のせいで涙腺が緩んだのか・・・、世界に向けられた氏のこの演説の冒頭は、受賞されたノーベル化学賞が与えた影響以上の価値があると思うこととなる。下村 脩先生が、晴れの舞台を借りられて、満を持して反核を訴える手段に出られたとは、とても考えられないし、また考えたくない。むしろ、それ程に、あの原爆投下は、先生の意識の深奥に沈澱し、あの時以来、一時もそれは脳裏、心の芯から離れることはなかったということであろう。仮に原爆の投下がなかったとしても、先生の研究は同じ道を進んだであろう。

 原爆投下を非難し、日本の侵略を批判すれば、時の政治家は渋い顔をする。有力者は辺りを睨みつけるマスコミも「君子危うきに近寄よらず」を実行する。わが社の特ダネとして利益になれば、報道の倫理を問われるほどに見境はないが・・・真に情けない。現代社会のあらゆる弊害の中で、特にマスコミのそれが最も性質が悪いのではないか。かってのマスコミ、今流のメディアがもたらす害悪は、「国民的人気」のタイトルの下で、いずれ溜飲を下げさせてもらうことになるであろう。

 今尚、原爆投下を正当化するアメリカも、日本の先の侵略を正当化する田母神前空幕長も、耳を傾け、目を大きく見開いて、下村先生の演説を聞いて読むべきであったと、彼らへの憤りが湧いて来る。

 この両者には真の勇気がない。原爆投下の非を認めることは、キリスト教の教義に根差す彼等の心の在り様を、根本から否定して覆すことになる。恐ろしい事実を凝視出来ない。投下によって終戦を早め、もっと多くの犠牲者が出るのを防止出来たという理由づけは、理屈は通っても、正当化されて'Hibakusha' 達を納得させるだけの人間的な根拠をもたない恐るべき大罪からの逃避に他ならない。AdamEveが、禁断の木の実を食べて、創造主の怒りをかった比ではあるまい。もう一方の方には、昭和20年8月15日以降の、日本国の国防のあるべき姿を、未来に向けて冷静に構築する知性と勇気が欠如している。

 このように非難さるべき決定的な要因は、「相手民族の存在、人間としての価値を完全に馬鹿にし、それでも飽き足らず、踏みにじった」発想ということであろう。二つのぬけぬけとした考えの根底には ━ 他民族の蔑視が横たわる。恐ろしいことだ。これが存する限り戦争は絶えない。

 
さらに現実的な要因があるだろう。
核戦略上、広島、長崎への原爆投下の非を認めることは、核保有論理的な支柱を失う。それが怖い。耐えられない程怖い。この21世紀初頭に、ある一人のアメリカ人が、原爆投下の人間性に関してマイクを向けられて答えたことは、驚くことに、それに真摯に答える前に、「日本はパールハーバー攻撃をした」ということであった。Pearl Harbor sudden attack への報復として、原爆投下は当然の報復であるとの意味である。これが米国の意識の実態。

 朝日新聞12月16日付の天声人語英語版で、
Pearl Harborでの日本軍の攻撃成功を日本国民はこぞって喜んだが、故加藤周一先生お一人だけ違っていたとある。これで、hokuto77の憤慨が少しは収まってきた。

(下村 脩先生の「演説全文」をネットで検索したが、きちんとしたものは検索できなかった。)

 つい先頃、今年のノーベル物理学賞受賞者のお一人、益川敏英教授の「おもてなしの心」(朝日への寄稿文)を拝読してじんーと来た。益川教授は、この凡才 hokuto77 よりも一歳若いお生まれである。他のメディアにも同じ文面を寄稿されたどうかは定かではないが、一読させて頂いて、感じたことは、科学の分野でノーベル賞を受賞される方々に共通していることは、純粋と謙虚という、本物の心なのだと強く感じた。先生の寄稿文から直接引用させて頂く。

 『ストックホルムで過ごしてみて、私が強く感じたことは、スェ-デンやノーベル財団には、日本のお茶などでいうところの「おもてなしの心」というものが、まだ強く生きているということだった。』益川先生が、英語が出来ないということで、特に財団側から親切な心の籠った配慮をしてもらったと、具体的な例を挙げておられる。そこには、こせこせと時間に追われている我々日本社会と、ゆったりしたテンポの北欧の文化、価値観がくっきりと対比され、それぞれが浮き彫りになっている。
 英語の能力に関して、先生の人柄のにじみ出るコメントがある。これも引用させて頂くことにする.


『・・・英語はできるに越したことはない。・・・周囲の方々とうまく会話が出来ないと、いすに座っていても、お尻が何かこそばゆいよう感じがした。私の場合は、たまたま物理という世界があって、結果的にその世界のなかでなんとか生き残れたということに過ぎない。・・・英語はできるに越したことはない。・・・(省略)』
(色づきや斜字体は 筆者hokuto77 による


 科学分野のノーベル賞受賞者の中に、ノーベル賞を目指して研究に専念している人は一人もいないであろう。それは
益川先生のこの言葉と、冒頭の下村先生の演説に象徴されている。そこにあるのは、科学への真に純粋な心である。ひたすら頭を深く垂れるのみ ━ 生きていて真実の「心」に接することが出来た。

                                 (平成20年 2008)

<追記>
   
<平成26年3月末記す>

 歳と共に年月は過ぎ去った。


<目次へ>

























  
         <第七高等学校>
              

   

 嗚呼!惜別 吉田先生  
  <夕暮れの高千穂の峰>


Alas!! Farewell to an Impressive Intellect full of deep humanity and a strong sense of justice and Faith





 吉田千郷先生、聞こえますか、都城泉ケ丘高校、宮崎北高校と続けてお世話になりました、山口県出身の熊野祥司で御座います。先生の御神前に、このように、大変遅れて参いりましたことを、心から深くお詫びを申し上げます。
 先生が[生身の体]を離れられて、御「帰 幽」されました報が突然入り、一瞬言葉が出ませんでした。気を取り

直し、やはりそうであられたかと、宗派を越えて、この世に授かった肉体が消滅する現実は逃れられないのだと悟

りました。この悲哀に耐え抜くことが、ご遺族も含めて、地上にいる者達から、「神」となられました吉田千郷先

生への恩返しだと考えています。


人間至る所青山あり。」と時折耳にしますが、字句どおりに解釈しないで、そこには必ず、血の通った肉体同

志の出逢い、交歓があって、互いの喜怒哀楽に腹蔵なく感応し合える事を指しているのだとしては如何でしょうか。

仏教徒である僕も、霊魂の不滅を信じていますが、二つの魂がテレパシー交換し合う程には、こちらが未だ成

長しておりません。息をしている肉体と向き合って初めて、互いの感情も共有できます。その点に関して、最愛の

ご家族におかれましては、他の如何なる事よりも逃れることの出来ない、取り返すことの出来ない現実として、深

くご同情申し上げます。そして、「」となられました千郷先生の
御霊(みたま)安らかに鎮まられますよう

心からお祈り申し上げます。

 吉田千郷先生、公私にわたって、数えきれない程に、言葉で表現出来ない程にお世話になりながら、そのご恩に

報い、恩返しをすることを何一つ果たさないで、ほんとに長い間、ご無沙汰したままで、ここ高城の御神前でしか

お会い出来なくなり、僕にとっては、断腸の思いひとしおです。

先生が入日をなされて、「神」になられました時に、生憎のこと、里帰りをしていまして、御遺族に直接お会い

して、先生をお見送り申し上げることが出来なかったことを、心からお詫び申し上げます。最愛の御家族のために

、病魔と壮絶に闘っておられる時に、
ご令息郷志様から、ご容態をお聞きするだけに留まってしまい、直接お見舞

いに馳せ参じることをしないで、ご無礼の連続を致してしまいました。今となっては、只管お詫びを申し上げるこ

としか出来ません。どうか御心広くお許し下さい。

50年前になります。都城泉ケ丘高校に在職中の二年生学年会で、先生と初めてお会いして、知性豊かで、才気

煥発なお方だとの印象をお受けしました。その時のいくつかの、先生ならではのご発言が、今でも耳に響きます。

時折艶めいた軽妙洒脱で、嫌みが残らない諧謔も飛ばされました。

謙虚で気さくなお方だと憧れました。酒が入れば、気楽にカラオケも歌われました。先生は御母上思いで、七校

御卒業と同時に、「母の気持ちを汲んで、旧帝大への進学後の将来を封印して宮崎の高校教員になった」と一言も

らされた記憶があります。長州出身の僕には無い、薩摩藩士ならではの、どっしりされた威厳、風格が自然に滲み

出ておられました。先生が村長役で、泉ケ丘高校恒例の当時の夏季教育キャンプでは、生徒達と飾らずに接するこ

との重要性を暗黙の裡に示唆して頂き、その後の生徒指導の指針となり、教師としての自信を付けさせて頂きまし
た。

何年か経ち、偶然か、運命的なものか、新設の宮崎北高校で、吉田千郷校長の下で働く機会が巡ってまいりまし

た。先生に任命して頂いた一年学年主任の時に、男女生徒が手を取り合って飛び降り心中という、あってはならな

い悲惨な事件が発生しました。高校生の心中で暴露趣味、売らんかなの週刊誌の格好の餌食となり、連日連夜取材

の記者団に対して、吉田校長は教頭とスクラムを組まれ、責任は一切校長にあるとして、あくまでも毅然とされて

理路整然、己を閉ざしたまま不憫にも命を絶った生徒達の尊厳とご遺族、学校の名誉のために一歩も引かずに対処

されました。学年主任の立場にありながら、何一つ先生のお役に立てず、ぎっくり腰を患っていて、逆に足手まと

いとなり、為すすべも持たない自分を情けなく思いながら、先生の不退転・不動の御姿勢に、深い感銘をお受けし

ました。その時の状況は、つい昨日のように思い出されます。

鹿児島第七高等学校で、教養としての哲学心と、化学者としての論理性と、透徹した眼差しを身に付けておられ

ました。しかし、教師、管理職、家庭人としての生活、お人柄は、
文学に例えれば、漱石の「高踏的余裕派」

の一語に尽きると思いますが、昭和の激動、激変を全力で誠実に生き抜かれました。

 見事な人生であられたと御尊敬申し上げます。

御勇退後に発症した癌からの御生還に敢然と挑まれ、郷里高城での農作業に従事されながら、一足先に旅立たれ

ましたが
、松元昭己先生達と毎月1回定例の懇談会を愉しみにしておられました。それを知りながら、晩年の先生

と頻繁にお会いして盃を酌み交わす事もかなわず、たくさんの心残りを抱え、後悔の連続です。吉田千郷先生にお

会いしました最後の面影は、北高の後援会解散式でした。故人となられました
初代校長、長尾典昭先生と並んで静

かに歓談されていたご様子です。長尾先生は胃癌だと言われながら、ぷかぷかと煙を吐いておられ、一方、吉田先

生は、きっぱりと禁煙しておられました。

吉田先生、いつまでもいつまでも、小生のような未熟者が現世を生きる、心の支えになって頂きたかった

です。言葉足らず、意を尽くしませんが、これで、吉田千郷先生をお送り申し上げる詞とさせて頂きます。

最後に、拙い詩で御座いますが、受け取り頂ければ、幸甚です。
          

   献上句:        蝉しぐれ 信念 伝う 余韻哉    祥風   

 献上歌:  
     <日本神道神棚>
 温かく 恩施され神ならる 君を偲びつ 繁く拝まむ  祥風詠

      <目次へ>
































 
<旧制山口高等学校>






     山口大学教育学部
      英語科
  
主任教授 水田巌先生













      
       
 (東京)帝国大学






        目     次

 は じ め に

お 人 柄

御略歴:御専門   御講義の特色 部際の進展と学力向上   ご頂戴した数々の御高誼

   良心の呵責、贖罪活動    退     

  締めくくりに当たって


































 は じ め に

昭和38年(1963)3月卒業の大学時代の同級生達が加齢と共に、次々と癌に侵されて逝去し、

一人一人に日英両語で追悼文を読み終えました。ひと段落したところで、ふり返り、本来、もっと

早い時期に認めて置くべきだったのですが、大変お世話になり、故人となられて久しい、
恩師水

 巌先生への恩義の念と、数々の懐かしい思い出が風化しない内にと、ご遺族の御了承を得な

いままですが、先立った同級生達の場合と同様に、ネット上に掲載させて頂くこ
とに致しました。

水田先生の面影を描いて、おもい浮かぶままに手あたり次第記録していきましたので、整然として

いない点や、事実誤認等をご寛大にご容赦頂ければ幸甚です。      

尚、先輩御諸兄、同輩、後輩、ご遺族の方々で、水田先生にはこのような特徴がおありだ

ったとか、~~が口癖であられたとか、学生や職員間とのエピソード等々ご記憶の事がおあ

りでしたら、以下へメール頂ければ直ちにネット上に追加させて頂きます。水田先生も浄土

にて、御悦びになられることと思います。どうかご遠慮なくお寄せ下さい。よろしくお願い

申し上げます

          [e-mail]  hokuto77@c-able.ne.jp

                          平成31年(2019)1月
                              熊野祥司 記   次へ
 

































 お 人 柄


 ・恩師水田巌先生は、懐が広く深く、御謙虚で清淡としておられ、悠揚迫らぬ御人格で、どこか凛とした風骨

を内蔵されているハイブラウであられました。
大学教官として、常に学生第一に考えておられ、その相談には気

軽に応じられ、特に進
路、出口に関しては、先生ご自身が御納得いかれるまで、丁寧に分け隔てなく面倒を見

て頂きました。そのエネルギーは、他の教職員諸氏の見本であられたと信じます。夏目漱石がそうであったよ

うに、寺田寅彦を始めとする門下生達の証言から理解できますが、
旧東京帝大卒の余裕による、伝統だったので

しょうか。

・英語学、英文学の大御所、岡倉由三郎、斉藤勇、市川三喜博士達へ話頭を転じると、「あの人達は、エリ

ートだからね」と言われ、東京高師卒業後、ロンドン大学、ケンブリッジ大学に留学した福原麟太郎教授につい

ては、「
福原さんは予想以上に立派になられたね」と漏らされました。

 
 画像: 岡倉由三郎教授
  従四位

 
福原林太郎文学博士、
 芸術院会員
   ある時学友の一人松尾 薫君と二人で、米文学の新進の劇作家等を話題にしていたら、たまたま水田先生が近くにこられて、評論家を目指すのであれば別だがね、プロによる評価の定まらない内に新人に入れ揚げるのは避けた方がいいよと助言を頂いたことがあります。いろいろ学生のことを心配されていたのです。その時は、我々を過大評価されているなと思いましたが。

画像左 <ユージンオニール>   右<ジョンドスパソス>

 

・小学校課程の学友が副免に英語を専攻し、卒業論文相当の課題研究で、小学校におけるローマ字教育の在り

方を取り上げてはどうかと、水田教授から懇切丁寧な御指導、ご助言を頂戴して無事卒業出来たと本当に感謝し

ていました。小学校に於ける英語教育の魁的な発想であったとも言える。先生は先見性をも兼ね備えておられ

ました。
その学友は、
オーディオやビジュアル機器に強い興味を持っており、マクベスの講義で、ステージの音声を吹き込

んだテープを講義中に聞こうと、彼がテープレコーダーをセットする様子を先生が目を細めて眺めておられた表情が鮮明に蘇り

ます。その後彼は小学校教育で
IT教育を推進することを率先垂範して、老舗小学校の校長として実績を挙げました。

大学付属中学校での教育実習の成果として、各教科科目の実習生代表がそれぞれ一人ずつ研究授業を行

う。英語力のある才媛が承諾して、彼女は堂々と落ち着いて自信に満ちた授業姿勢の元、明晰な発音で学

級の生徒全員を授業の流れに集中させ、見事に指導案通りに1時間を終了した。小生から見れば、惚れ惚

れするような授業展開であった。
当時、中学校英語指導の主流を占めていた、
パーマーのパタンプラクテ

ィス
方式で生徒一人ひとりを意欲的に授業の流れに集中させて、当時なりの言語活動を活き活きと体験さ

せた。つくづく小生などの「出る幕ではない」と感じ入ったものであった。その授業の合
評会後に、「熊

野君、褒め過ぎてはいけないよ。」と
水田先生から、ぴしりと釘をさされた。生徒の指導の場合も同様だ

と、暗に示唆して頂いたのであろう。

 彼女は卒業後定年まで山口県の県立高校の教壇に立った。彼女の記憶では、その合評会で、水田先生は

、筆記体で単語やフレーズ等を板書する際に、当然左から右へ移動するが、彼女が、例えば
visitであれ

ば、ユータンして右から左に向けて
tの- iの1の上ポツを追加したのだそうである。

水田先生は、その場合もやはり左から右へ向けて追加するようにと諭されたということであった。生徒

達の注視の無い場面であれば書き癖として、どうでもいいことだが、教師は須らく、正統をきちんと示し

て生徒へのお手本とならなくてはいけないのだと、御指摘頂いてみると確かにそのとおりである。
流石に

、指導教官としての、観察の鋭さ、きめ細かさ、教師としての基本を教授されるその責任感の強さにただ

ただ御敬服申し上げるばかりである。かねて
鷹揚然と構えておられる中に、基本理念をしっかり押さえる

教授道を体得されていて、あるべき基本を暗黙裡に教示されているのである。視点を変えれば、担当学生

の一人一人の個性を、透徹した眼差しで捉える御慧眼を備えておられたということである。


 ・卒業生達の懇親会には、招待があれば必ず参加され、教え子達の活躍の様子等に目を細めて相好を崩

されながら酒杯を傾けられたものです。

・女子学生が結婚して名字が変わり、珍しい姓の場合も嬉しそうに紹介、披露されました。

・先生は奥様に全幅の信頼を置いておられ、彼女が華道の流派の一つである「小原流」の中国地方の支部

長で、「生け花の」泰斗のような御存在であられることを誇りにされていて、又、大変な愛妻家でした。

・御同僚の教授小倉武雄先生が、英国詩人の作品を邦訳された際に、大変貴重な業績だから是非出版するように

と強く勧めたと言っておられました。
小倉武雄先生は自家出版され、数人の学友と先生の御自宅を御訪問させて

頂いた時に書斎にきちんと陳列してありまし。貧乏学生の集まりで、単価を教えて頂き、各自が分けていだこう

という機転も湧かなかったのは大変なご無礼でもあり、今となっては後悔の極みです。


・「音声学」も担当されていました、茂松文雄先生を、山口県の指導主事から教育学部の教官として招聘され

た御説得や経緯も詳しくお話頂きました。
茂松文雄先生は、早大高等師範部(現教育学部)のご卒業で、端正

な発音で流ちょうな英語を自在に駆使されました。学生の憧れの的でした。滞日外国教師との会話のやり取りで

、ユーモアな事例を幾つか授業の合間に披露されたものでした。日本語「有難う」の発音が鰐
alligatorに似て

おり、
その外人教師に「ありがとう=鰐」とインプットされ、もう一つの鰐「crocodile方を使う。彼が

にぎり寿司の
アナゴ寿司を大層気に入り、「アナゴ」下さいという発音の代わりに、「オナゴ」下さいと

発音する等々でした。
茂松文雄教授は、御退官後は下関の梅光学園に勤務されましたが、、、。

・山口市米屋町の角に本店のある文栄堂書店が、西日本地区で最高の売り上げを誇っていると話題にされ、山

口市の読書量が広島、岡山を抜いてトップだということは、文化のレベルの高さの表れだと大層誇らしそうに

感嘆して語られました。討幕の中心地では無かったのですが、
大内文化のレベルの高さが引き継がれて来たの

だろうと下手な推測をした記憶があります。
      次へ

































  御略歴:御専門 

 
 旧制山口高等学校[身校は、第一高等中学校、大阪高等中学校(後の三高)に次いで三番目に出来た官

立の山口高等中学校
]から、東京帝大文科へ進学されて韻文中心に英文学(W.B.Yeats, Shakespeare

)を御専攻され、特に象徴主義のW.B. Yeatsの御傾倒は強く、定年退官後も、体力の続く限り作品の研

究を延々と続けられました。

奥様、久代様からの先生ご逝去のお葉書に「”---”昨今大変多忙をきえわめながら、なお 詩人イエイ

ッツの研究に終生変わらぬ情熱をかたむけておりました。
”---”
」とありました。

旧制高校入試での数学が満点であられたとの伝説が残っています。伝説には尾鰭が付き物ですが、水田先生

の場合は事実だと頷ける面がありました。入試の採点前の面接で、『高校での得意科目は何でしたか。』と問

われ、平常ではありえない、標準的な大問を2問失敗していましたが、開き直って『
数学ですと答えますと、
ほほう━」といった表情をされました。それが、水田巌を先生の御謦咳(けいがい)に初めて接した時でした

英語科入学を希望しながら、「
英語」と答えなかったのが奇異であったのかもしれません。相当変人だなと、

もう一人の面接委員の教官(
林 慧 教授)と終了後笑談されたことでしょう。

 自己吹聴の脱線をご容赦頂き、その二問の喪失でも何故か合格でしたが、一般教養課程で数学を選択して、

入試の仇討で必ず満点を取ると決め、前期も後
期もタイムアップかなり前に答案を完璧に仕上げて提出しやっ

と気分が晴れた
記憶が鮮明です。更に脱線させていただきますと、教師になって三十四五年間は、高校数学が

頭に残っていました。古希に入ってある時ぞっとしました。
 ふとしたことで、数学が脳中に一片も無いこと

が判明しました。
水田 巌先生が75歳で御逝去されるまで、難解で奥の深い象徴詩の鑑賞、解読に没頭され

まし
たのは、誠に御偉業であり、真に尊崇に値する情熱と頭脳の持ち主であられました。
W.B. Yeatsは、英

詩で
ノーベル文学賞を受賞しています。生涯に詩風が何度か変わり、高校三年生でも内容が理解できる短詩も

あります。陶淵明の『
去来の辞』に大筋が似ており比較的人口に膾炙していますが、、、

・小生が厚顔にも御謹呈させて頂きました随想集、『洋燈のあかり』を、奥様に御熟読頂いて、素晴

らしい内容だと、家内が褒めちぎっている。君の人生観やや信条が多岐に亘って、短文の中に、吐露さ

れているようだね
との丁重な御手紙を先生の御直筆で頂きました。小生の唯一の家宝となっています。


・太平洋戦争中は、広島の海軍系の専門学校で文官として教鞭を採っておられたようです。穏健な文官

と血気に逸る武官との間に、意思の疎通が無かった実
態を痛烈に非難された記憶があります。

終戦で、二度と母を一人にしておかないと決意され、全てを振り払って無事御帰郷されて、山口市から

は決して二度と出ないことにされたそうです。


・占領軍による敗戦後の学制改革で、高等農林、高等商業等々と共に、中等教育レベルの県立尋常師範学校が

一気に新制大学へ昇格し、「大学相当レベル」の
「ソフト」を揃えるのに、大変な苦労をしたと漏らされま

した。義務教育となった新制中学校の正規の教員養成を目的とした英語学科であったので、カリキ
ュラムの編

成や指導教官の確保も最重要課題であったと言われました。小規模のため、外国人教師の確保等もっての外で

あったらしいです。現代と違い、英米文学への傾倒から抜け切れず、教授内容は、帝大や文理科大等のミニミ

ニ版に過ぎなかったということでした。
特に、英語科に加えて、他の全ての教科の蔵書の充実に一番苦労

したということでした。


エピソードがあります: 縁談で、候補の娘さんの父親が、江戸の春画をしきりにめくって見せるの

で、これは危ないと、破談にされたそうです。酔いがかなり回っての御述懐でしたが。


・安保反対のうねりが全国に広まった時、大学生のデモ行進を軸にして、山口市内も多数の大学生,庶民達がデ

モ行進をしました。うだるような暑い日でしたが、
水田 巌先生も、学生の先頭に立って行進されました。

岸内閣の強硬姿勢と国の将来への、国民の怒りと不安が炸裂した観がありました。
水田先生は、広島での生々

しい体験が怨霊のように乗移っているのではと御窺い出来そうな厳しい御表情で行進しておられました。この

文を認めている、今の日本の政情を先生がご存命で御覧になられれば、同じ道を繰り返す気かと、怒髪天を衝

いて烈火の
如く激怒されることでしょう。渦中の岸総理は山口県出身で、一方当時の共産党の党首も長州の出

身で、
先生が、保守と革新のそれぞれのトップが出身とは、山口県は、懐の深い不思議な県だねと感慨深げに

漏らされた御表情が過ります。
      次へ































                                    

         水田 巌先生のご講義の特色  

 先生親炙(しんしゃ)に浴させて頂ける抗議が始まったのは、専門課程で英詩購読の最初の時間に、詩人が全身

全霊を振り絞って生み出す詩語について、黒板に一例
として書かれた
lovelyの説明からです。イエイッツの詩

であったのだろうと思
うのですが、この語が生まれるまで半年間の呻吟があったとしきりに強調された表情が

鮮明に脳裏に焼き付いています。そういう一語一語には詩人の全エネルギーが費やされているのだなと思った

感想も思い出されます。その当時初めて耳にしたのですが、
シェクスピアの任意の作品の一語を、同意同音語

に置き換えるのは、クフ王のピラミッドの巨大な一石を解体せずに入れ換えるのと同
様に、不可能に近いとい

うことでした。そういう物なのかと思ったことがおぼろげに蘇ります。


 水田先生の散文講読用の教材は、文法的に細かい詮索検討が必要な作品ではなく、文意を掴みながらニュ

アンスや、その文が醸し出す「味」等や、流れを大まかに確認しつつ全体像
を把握して受け入れるというやり

方に適したものでした。韻文は、詩行のリズム、脚韻、とりわけイメジャリーの流れとメタファーなどに触れ

がら進められた記憶があります。凡には、メタファーは難物でした。文理の
田中美輝夫助教授シエクス

ピア
講座の丁寧な語釈中心と対照的でした。

 またもや脱線ですが、女子学生達は田中先生を愛称で「みき先生」と呼んでおり、それがフルネイムと思い

込んでいました。
田中先生”Iwanami’s Simplified English-Japanese Dictionary”岩波 英和辞典 新版

を講義中に、頻繁にひも解いて説明されましたが、この辞書にべた惚れの感じでした。特に語義の配列が
OED

に倣って、歴史順の配列だと陶酔しておられました。カバーが焦げ茶色総革皮制のハンディー版で当時800

円でしたが、教員になってやっと購入して愛用したものです。
文理の英文科以外の学生が
田中先生の講義の方

法はくだらんと、切り捨てていましたが、やっかみであった可能性が大です。

 水田先生がよく独言で、口にされていましたように、Yeatsが究極的に辿り着いた詩の中核をなす、

imagery, metaphor, symbolism が織りなす世界に身を没せられた学者生涯であられたのだと思いま

す。そのような詩の創造の苦しみを、
lovelyの板書で説明されたのであると断定できます。二日酔いの夢うつ

つで聞いていて失礼をいたすと同時に、誠に惜しいことをしてしまいました。今になってあらためて後悔の極

みです。
 

   
 <三人の魔女>

 
<Lady Macbeth>

 先生の御講義は、作品の購読中心でしたが、散文よりも韻文、シェクスピア、以外は、ワーズワース、シ

ェリー
等、19世紀初頭のロマン派を中心に扱われていましたが、小生のような凡な感性と貧弱な英語力の持

ち主には、てこずるばかりで、猫に小判でした。先生のご講義シェクスピア、は
Macbethを受講させて頂き

ましたが、印象に残っているのは、第一幕冒頭の三人の魔女達の逆説的なセリフ“
Fair is foul, and foul i
s fair
がこの悲劇のテーマを暗示していることの解説と、ダンカン殺害後に,マクベス夫人が、手を洗っても

洗っても消えない
血の匂いに半狂乱のようになる描写等にジェスチャーを添えて詳しく言及されたことです。

fair foulが同居する場面で印象深いのは、“悲劇マクベスで、マクベス達の武勲で戦勝し、ほくほく

気分のスコットランド王
ダンカンが先に到着し、マクベスが城郭を構えている領土の美しさと空気の良さに

ダンカンが感嘆してウットリとなり、甲斐甲斐しくもてなすマクベス夫人の胸には、ドス黒い暗殺の敵意が

潜んでいる
fair foulの対照です。”見事であるとしか言いようが無い程です。第1幕6場です。

城郭のある場所の描写を日本語で紹介しておきます。翻訳は、明治学院大学
名誉教授
大場建治氏です。

  ダンカン:


バンクオー:

 
 この城は、じつに気持ちのいいところにあるな。空気は甘くさわやか五感に
心地よく訴えかけてくる。


 あの夏のまろうど、夏にはきまって寺院を訪れる岩つばめが好んで巣づくりする
ところをみましても、このあたりは天の息吹がものみなを
かぐわしく誘うのでござ
いましょう。“
----
 

 小生の貧弱な常識を披露させて頂きますとMacbethtextを予習する場面にたまたま、先生が来られて

辞書の助言を頂きました。ホンビーの現代英英辞典を首っ引きで引いていました。
先生が見るに見かねられ

て『
熊野君その辞書では、シェクスピアは読めないよ』と同情的に諭されました。ホンビーの良さを説明して

しまい、大恥を晒しました。ハンディーな
C.T. Onions
A Shakespeare Glossary の存在を知らな

かったことです。知っていても、古書店に在庫がなければ、とても手に入る代物ではありませんでしたが。

研究室に備えてあっても、まさにhandyそのものですから、学生が無断で借り出せば二度とは戻らなかった

ことでしょう。
C.T. Onionsは、
NED(現OED)の編者の一人でしたが、He so keenly

appreciated the richness and subtlety of Elizabethan English.
とありますから、"A

Shakespeare Glossary"
が誕生したことがなるほどと頷けます。現代人にそれらを理解してほしかったの

ですね。

脱線しますが、後年、宮崎県のある県立高校で同僚となった鹿児島の英文科卒は、英語力もはるかに優れて

いましたが、話題の辞書は勿論のこと、
シェクスピア全集を自宅に所有していました。仰天して大いに啓発さ

れ、遅まきながら一念発起して、年月を賭けて遂には全巻揃えることが出来ましたが、“積読”排除に四苦八

苦したものでした。
水田先生のご自宅で、『鹿児島大学卒は学力があります。』と伝えますと、先生は英文

学研究と受け取られたようで、九州には『
九大の前川俊一教授外には恐れるに足る人はいないよ。』とのご

返事でした。

 再度脱線しますが、因みに前川俊一名誉教授の略歴は、水田先生が御謙遜の通り、さすかに華やかなも

のです。―――;三重県(熊野市)生まれ、旧制三校から京都帝大経済学部卒、東京帝大英文科卒、二

校、三校教授から九大法文学部助教授、英国留学(シェクスピア、英国詩人達を中心に英文学の研究)

等々です。小生等の在学中に、
山口大へ集中講義に見えました。その御容姿に、同期の松尾薫君がそ

っくりで、終了後皆で冷やかしたものです。当人は関心薄く、家族にも、自分に生き写しと言えるよう

な、偉い教授が集中講義に来たとは伝えなかったようですが、、、。

シェクスピア以外には、特にWilliam Wordsworthを深く研究しておられ、彼の代表作である

 
The Prelude の詳細な注釈を研究社 English Classicsシリーズで出しておられます。

水田 巌先生が御専門として研究を続けられているYeatsは象徴派詩人として、早稲田の尾島正太郎教

の路線に沿って取り組んでおられるようでした。一部人口に膾炙した作品を除いて、学部生には無理と踏

んでおられたらしいです。凡は、小説、随筆に走る傾向があり、英文学への、ひいては、真の英語力を取得す

るには、他の先生方に水田先生が説得されたのであろうと推測しているのですが、「英詩を読んで鑑賞するこ

とで真の英文読解力が身に着くのですよ。」と異口同音の御宣伝しきりでした。
       次へ

 































 部際の進展と学生の学力向上

学際」の前身の「部際」が定着してきて、他学部では一講義の設定単位数4単位物が多く、学生が自己判

断で、
文理や経済へ英語に関連する単位の取得が可能となっていました。文理が主体で旧帝大からの集中

講義
の単位取得も同様で、一種の規制緩和です。中学教師も、少しでも広く、柔軟な視野を持つに越したこ

とはないのです。
水田先生が中心になられイニシアチブであったと推測します。教育英語科でよりも、必

修科目以外は、英文科で取得した単位数の方が多いと言う学生もいたはずです。

水田先生が小生に、ある時ふと言われましたが、『「文理の合格最低点よりも、英語科の方が高い

と言ったら、
文理のY先生が、それは確かだが、専門の内容がはるかに高度だと応じられた。というこ

とでした。実際、
ハーマン・メルビルの「白鯨」等にも購読で取り組んでいました。シェクスピアに関して

も、演習購読の講座数がはるかに勝っていました。文理は卒業生を
一般企業等や高校教員、大学院へ送り出す

ことを主にしており、
教育学部は、公立中学校教員として採用され、その任務を健全に全う出来る人材養成

主にして、企業等からの求人は皆無に近いのは、蓋し当然の帰結でした。
山口県校長会や県教委は、高校教

員に、教育の中学校課程卒の採用を歓迎しない雰囲気があったようですが
、、。教育は劣るとの先入観

謂れのない差別意識だったと断定可能です。進路に関して思い出すと、すでに述べましたが
、昭和三十

八年度
は、女子の高校進学希望者数増で、例えば、教育の数学科は全員が公立高校の数学教員として採用

されました
。理科も同様に半数以上が高校に勤務しました。
英語科は女性3人男性3人が高校生を教えま

した。
水田先生がその時、高校に採用された英語科の学生達の在学時の成績を調べられたところ、全員平均

80
点以上を取っていたということでした。
  次へ

あくまでも、小生の憶測ですが、水田先生の母校である旧制山口高等学校が学制改革で新制大学移行した

ことに対して、ご自分で中等教育の師範学校を新制大学へとソフトを変換されたことで、
教育学部への愛着

強く、常に愛情を注ぎこみ続けられていたのです。学生の学力で文理学部へ一歩も引けを取りたくなかったと

いうことだと思います。

   
   <山口大学文理学部>
 
<山口大学教育学部校舎>
 

制山口高校 新規移転建築 :            旧師範学校のまま内部一部改修存続
              国の管轄と県の管轄下の差を引き継いだ。














 















     
    <梅光学院大学>
  御退官後
 


 ・下関梅光女学院大学教授であられ、イヤセイルジャパン会長も兼務されながら、日本Yeats協会

 に属されていました。大変ご多忙な毎日を全身全霊で精
力的にこなして行かれ、強靭な精神力が求め

 られる生活の御連続でした。

 ・没年: 昭和62年(1987)11月13日 享年75歳で天寿を全うされました。もっともっ

 と長く御存命であって頂きたかったのには、お導き頂きました我々学生皆に共通の切ない気持ちで御

 座います。

Yeats研究を中心に据えられて、最後の最後まで、水田 巌先生は学者人生を全うされました。歩む

 道は異なっても、多くの教え子達にあるべき人生の生き様を一人一人に御示し頂きました。厚く御礼

 申し上げますとともに、改めまして深く御追悼申し上げます。
              次へ

                                                     



























  

 

 御頂戴した数々の御高誼
思いつくままに泡沫(うたかた)のように思い浮かぶ事等

水田巌先生には、四年間、当方の学習・研究不足で、四六時中お世話を頂いて御面倒をお掛けしました。防

府出身の熊野祥司は、先生御逝去の悲報も、おいそれと届かない土地で勤務しており、ご遺族となられた奥様

から、「新年の挨拶失礼」のおハガキを頂いて初めて、御寛容で慈愛に満ち溢れた御指導を頂いた
水田先生

の御逝に気づくという、不承の学生でした。
大慌てで、ご自宅の御仏前でお焼香をすまし、御墓前に額衝いて

施して頂きました御
恩に、御報いしなかったことを深くお詫びしましたが、全てが後の祭りでした。


年月を経ても尚、慚愧の念に堪えません。


 思い起こせば、水田先生との出会いは、初対面の時から、どうもこちらが大変不遜であったような気がし

てなりません。先生は一切の先入観無く、
御心はさながら鏡のように明澄で淡々として対峙しておられまし

た。以来有に60年以上経ちますが、その面接試験の場面と応答は鮮やかに蘇ります
。豊かな教養と温厚な

お人柄が、悠揚迫らぬ風格となって表出されおり、
常時このお方からご指導、ご薫陶を頂けるのであれば、

学部への世評はどうであれ、
受験勉強を十分にして基礎学力もろくにつけていない癖に、入学する価値は十

分に
あると、まるで受験生の方に選択の主導権があるかのような錯覚に陥り、合否も判らない内に決めてしま

いました。若気の至りというよりもむしろ、不遜そのものでした


 入学すると、当時の一般教養課程の1年間の外国語の講座は、文理学部の教
官のご担当でした。体育を残し

て教養課程をまあまあの成績で無事に終えて、いよいよ、専門科目の単位取得のオプションとなり、高校教員

を念頭に入れてい
したので、僻地勤務等に備えて他教科を副免許にする制度には従わないで英語、英文

学関係だけに絞って
、必要最小限の128単位取得をめざしました。
もともと融通のきかない自分の脳の容

積の狭さを、嫌と言う程よく承知していましたので、副免単位を捨てても遠路通学とアルバイトに追われじっ

くり修業する時間は制約されましたが、古書店で購入した、カビ臭い大正版の
漱石の文学評論、文学論、特

学評論に魅せられて、何故か気が楽になり、英文学とは、自分なりのペースで生涯付き合うことに決

めました。

高校時代の酷い挫折感と失恋で、起死回生のための一種の悟りのような、ヤスパースハイデイッガ

実存の思想に興味を持ち、随分とニヒル染みた自己脱皮を纏い、歪に老成した面がありましたので

水田先生に波長を合わせて頂いたところがあって、宴会以外でも、まるで一番弟子か、友人であるかの

ように、厚かましくも、気楽に会話を交わすことが出来ました


 アルバイトに追われながら、年月の経過は正に光陰の矢で、気づけば教育実習もあわただしい内に終了

しました。
教員になると言いながら、教育実習の評価は「良でした。「可」ではどこの県教委も採用を渋

るだろうとのお情けであったことは間違いありません
水田先生の評価は、『その理由を君に伝えると、君

が泣き出すから止めておくよ。
というものでした。不適格の烙印です。副免許を取得しなかったことを

始めて後悔しました。後の祭りを祝うしかありません。


ベビーブーム・団塊世代の皆さん達の高校入学に、女生徒の進学率の上昇が拍車を加えて、多くの県

で高校教員が不足しました。
「高校三年生」が大ブレイクした年です。広島高等師範の数学科を出て、

宮崎県の名門老舗高校の校長されているHが、スカウトとして山口大学にも来られ、誰かいないかと

水田先生に相談されていました。たまたまその時、傍の通路を下駄ばきで通りかかった小生を、歩き方

と下駄の足音から判断されて間違いないと、ドアを開けられ、
熊野君は高校教員ならどこでもいいと言

っていたねと呼び入れられて
Hから面接を受けてしまいました。

採用試験を受けずして決定の裁断がなされて、若気の至りで親にも相談せずに宮崎県に行くと約束して

しまいした。それで人生の9割が決定づけられたようなものでした。


男の約束だとして、採用試験の準備も一切することなく、山口県の採用試験も見送りました。

そのスカウトまで、水田先生には御体験から、広島高師卒の肩書を持たれる方々への一種の偏見のよ

うな嫌悪感があったらしいのです。ところが、宮崎県からスカウトに見えたその
H校長との会談は、先

生の
「講師卒」観を一変させるような好印象を受けられたようでした。「高師卒にも、ああいう方がお

られるのだ」とそのスカウト役の
H氏を大した人物だと褒めちぎっておられました。一つには、ああい

うリベラルな方が管理職でおられる県ならば、大丈夫だよと
の印象付けを図られたのではとも推測でき

ます。恐らくそうでしょう。
、六年滞在して山口県にも転勤の機会があるだろうくらいの若さで、父母

を納得くさせました。

 初任校が商業高校と決まり、『商業高校の男子生徒達は、将来は、
松下幸之助氏のように成りたいと

皆、密かに思っているから、
そのつもりで頑張りなさい。』と心温まる激励を受けました。

若さのせいで、防府―延岡間が遠いとの意識は薄く、広島行特急「青島号」で片道約6時間の行程で

した。帰郷すれば必ず、
国鉄バスで山口市の水田先生の御自宅を訪れて、互いの近況報告などの雑談を

しました。ある時は、
『広大へ「英文学特講」で、英詩の集中講義に出向いている。』とのご報告を頂

き、御多忙なご様子でした。『
先生、気合が入って、遣り甲斐があるでしょう。』と冷やかすと、『そ

れほどでもないがねえー』と笑っておられました。勤務校の校長が、
神戸高商卒業だとお伝えしたら、

『結構、学歴が高いんだね。』と感心しておられました。


 初任校で二年目に入った時、英語科に男性の新卒S教諭が赴任。小生はホットな経験から、英語の

教員を続ける上で大変有益であった、夏季休業当初五泊六日程度の
えびの高原での、口語英語研修会に

、新卒の
S教諭を今年度も是非、本人が希望すれば研修出張で参加させてもらいたいと、校長に直談判

しました。こちらの執拗さに、校長が遂に折れられて実現しました。しかし、彼は残念なことに、二学

期に入って月日が経つに連れて、
S教職が性格的に合わないと意識し始めて、周囲の説得もかなわず、つ

いに退職上京し、
旺文社に就職しました

 数年経ち、小生が普通科高校に転勤していた時に、東京の彼から連絡が入り、旺文社教材部発行の、

小誌「
高校クラスルーム」への寄稿を依頼されました。テーマは、高校の 英語教材reader における英

詩の取り扱いの実践記録。
授業は受験中心で英詩は対象外として、生徒の自主学習に委ねるケースも全

国的には多々あったことでしょう。学生時代に英語科の先生方から、英詩購読は真の英語力が付くと説

得されていたので、授業では必ず触れていましたが、参考になるような実践例は飛んでもないことで、

結局、
水田 巌先生にSOSを発して事なきを得るに至ったのですが、つくづく情けないことでした。

先生は、「いろいろ考えても詮方ない事だから、あの原稿をそのまま、友人に送りなさい。」と、著

作権を放棄されました。英詩指導云々は、
Sさの発案ではなかったのかなと、当方の具体的な実践内容

に期待していたようで、裏切りとなり、彼には本当に気の毒なことでした、、、。

 小生にとっては、この実業高校での五年間の体験が様々な意味合いで将来のための基礎作りに役立

ちました。通常は、生徒達の部活動の指導、監督と教材研究に十分な時間を割くことができ、彼らとの

接触にも余裕があり、私設宴会等で多様な人脈を構成することも出来ました。

二年目が終わったところで、ふとしたことを契機にして山口県への転出を目論み、母まで動員して

水田先生
が挫折感を抱かれるような、大変不敬なご迷惑をお掛けしてしまいましたどんなにお詫びし

ても済ま
されることではありませんでした。

 
 特に、母には、初対面の方にも何時も気軽に話しかける社交性旺盛でしたが、その時は、息子の今後

がかかっている立派な大学教授だと、大変緊張して、何を口にすべきか思案し兼ねている様子が、戦後

の食糧難のやりくり算段で、苦労して老けた表情と重なって痛々しくありありと伺え、
、とんでもない

親不孝をしてしまい、
水田先生にも在らぬ気遣いをして頂いて、隠れ場があれば、その場から逃れたい

気持ちで一杯でした。情けない自分に嫌気がさしたものです。
水田先生と母のためにも、思い出したく

ない場面です。


 初任校での長期休業中は、親元で、英文学の原書購読(tempest, treasureisland, New

Arabian Nights—The Suicide Club, The Pavilion on the Links
etc.)
や、特に
漱石全集の完読

などで、
文章作成等で後年大いに役立ちました。

 五年滞在後に在学時代にスカウトに見えたH氏が、校長を務めておられた名門伝統校へ転勤となり、

水田
先生
旧制中学が前進校だと御説明申し上げましたら、喜んで頂いて、『教師用指導書を丁寧に読ん

で授業に臨みなさい
。』と温かいアドバイスを頂きました。余談ですが、そこは薩摩藩の外城で同一校に

17
年間
も在職して、同僚や地域の人々と深い絆で結ばれることになりましたが、いわゆる癒着ではなのです。

線して、我田引水、自己陶酔をご容赦下さい。<右二枚は、計十七年間在職した高校>

 
<転勤後に建て替え>教室南
    
戦前の県立中学以来通路が南
 

旧制第七高等学校ご卒業のお二人と、広島高等師範ご卒業の計三人の大変リベラルな上司の先生方から

暖かいご薫陶、生徒指導の機会、ご助言等を頂戴して、勤務に悔いなく精励することが出来ましたのは、はる

ばる南の
都城に赴任した甲斐がありました。

 鹿児島大学卒業・歴史専攻の同僚と薩長同盟だねとスクラムを組んで生徒達を鍛えまくったものでした。山

口弁で、ぶち鍛えたわけです。多くの医師が誕生し、最先端の研究者達が頑張り、『そのまんま東君』も


長同盟
から鍛えまくられた一人です。彼は突然変異ではなく、生まれるべくして誕生した傑作です。

ある時、事情あって卒業延期をした学友二人が、先客で相当酩酊しているところへ合流となり、先生の奥様

から丁寧なおもてなしをお受けすることになりましたが、水田先生は彼等二人の屈折感や挫折感を温かく受容

されて終始にこにこしておられました。酩酊組の一人は、中退後、繊細な文学感性を発揮して
金子みすず』
のガイドで、「仙崎の玉三郎」との名を全国に馳せ、多くのファンに惜しまれながら病没しました。一方は

義務制の管理職として教職を見事に全うしました。先生は浄土で御安心されて、お喜びであられただろうと思

います。
一人から訪問の理由をきかれ、「ご無沙汰を詫びにね」と答えると「成長したのう」と返り、今も複

雑な心境ですが、、、

 
 由緒ある校舎と進学校の雰囲気に誘惑されたのか、当方もW.B.Yeats協会の会員になるのはどうでし

ょうかと
先生に相談したところ、君が入会すれば、心強いと歓迎して頂きましたのは、先生も何かに化

かされておられたのかもしれません。
入会金を収めたまではよかったのですが、生半可な指導では大学

合格の学力をつけることなどはできるものではないと悟り、旧制中学からの
文武両道、質実剛健を掲げ

ている、一人一人の生徒が
部活動と合格達成の両立を推し進める事に全力投球をすることとなり英文

学をひも解く余裕
が完全に消えうせました。水田先生のご期待を裏切り、取り返しは付きませんでした。

手元にあった、研究社の注釈書Select Poems of William Butler Yeatsの注釈書執筆を、大正十

五年に引き受けられた矢野
禾積(かづみ)矢野峰人氏は、その「
はしがき」の中で  ----- こうした難事業

を身の程も知らずしてうかうかと引き受けた軽率を責むると共に、おのが非力を嘆じては、筆を投ずる事も

(しばしば)であった。--- ついには、
Yeats 自身とコンタクトしてずばりの情報を得て助けられた、等々、難

行苦行の連続であった旨が記してあり、とても凡の総代の手に負えるものではなかったのです。
--- 

Yeats如何に深遠にして幽玄なる哲学を有する詩人なるかを----”余 に会得せしめると共に、書物の読み

方を実地に示してくれ畏友
久松眞一氏のおかげであり ---     次へ





























             

  良心の呵責、贖罪活動

定年後に大学四年間分を取り戻そうと決めて、視野が消滅する緑内障も加勢し、私立高校等からの誘いを断

って郷里に帰り、母の世話と菜園レベルの畑仕事とを平衡させながら、半端な衒学趣味をかなぐり捨てて、原

書を完膚
なきまでに読み続けました。
Hamlet, King Lear, Macbeth, Romeo and Juliet, Walden,
David Copperfields, the Pickwick Papers, Oliver twist, Treasure Island (再読), Essays

of Elia, essays by Hazlitt, Virginibus Puerisque by
 R.L. Stevenson, Paradise Lost
 

上記の中で、
Lamb, HazlittStevensonの英国随筆御三家の作品
については、38年前の卒論盗作の贖罪

のつもりで、
論モドキ論を、卒論のミニミニ版のつもりで展開しており、厚顔無恥の至りです。
水田先生がご

存命であられれば、腹を抱えて笑い転げられたことでしょう。独自の論が展開してある原典~の、~ページ~

行から引用した
のだ等々の、
いわゆる参考文献一覧を掲載するには、左視力0.04で右視力だけでは眼

精疲労が激しく、卒論のミニミニ版どころではなく、単なる感想文に過ぎません。

更にKing LearParadise Lost高校3年生レベルの英語力があれば、英和、英英辞典を頼りに、

自力で解釈鑑賞が可能なようにと
OEDによる詳細な釈を施し、ある程度進んだところで一時中断して、

ットに掲載
しています。Paradise Lostに関しては、聖心女子大学の道家弘一郎名誉教授が主宰されてい

る「
ミルトン読書会」に、門外漢ながら参加させて頂き、自分勝手な素人の感想を臆面もなく言いつのり、厳

しい御教示を得ています。『日本ミルトン協会と日本英文学会』にも自己満足で名を連ねて末席を汚しては

いますが、研究発表などは宇宙の彼方たです。贖罪の旅の果てしなさを思い知りました。もともと脳力が乏し

いのが原因ですが、江戸時代の前科を示す入れ墨跡が、おいそれと消滅しない仕掛けになっていたはずです。


 上記の贖罪作業は60歳中頃に行ったため、脳の劣化が僅かで、うまく展開しているなあーと、つい自画自賛

をしてしまいがちです。ネットに掲載していますが訪問者や反応は皆無です。
それでも良心への呵責は消え去

らず、与謝蕪村の俳句の一部や、春風馬堤曲
を英訳して注解、自己流の鑑賞等を付してネットに載せています

。ふとしたこ
とで、
西独出身の女性医学博士の御目に止まり、蕪村俳句英訳のほんの一例として認められた

のは、せめてもの慰めです。彼女は帰国されると共に、残念な
がら日本でのサイトを閉じられました。

バイリンガルの詩人達の蕪村英訳は、NewYork Timesがべたぼめですが、当方のつい語訳は、意

味が解せないとして歯牙にもかけられません。

総合的に見て、力量不足が高校の教員になって、ちゃんとやっているのかと水田 巌先生の御心配

が絶えなかったことだろうと、申し訳ない気持ちで一
杯です。
  


































 [締めくくりに当たって]

  

奥様も既にご逝去しておられ、御令嬢とは連絡がつきにくく、御遺族からの御了解が頂けないままで

すが、ご容赦頂き、この拙い稿が、お世話になりました亡き恩師への、せめてもの御追悼になれば、幸

甚の極みであります。

 水田先生が貫かれた一筋の道でお示しいただいた、情熱的な学問研究、人生の在り方を御継承できま

すように努力することをお誓い申し上げながら、拙い追悼詩をお詠みして『
水田巌先生の思いで』の締

めくくりとさせて頂きます。

 追悼句教え子の 先色づけし 秋入り日  祥風

追悼歌生涯を かけて取り組むイエイッツ 恩師果敢に範示されて 祥風詠

  *水田 巌 先生同時期に山口大学教育学部に在職され、お世話になった先生方の御芳名:

    小倉武雄先生  /// 石崎尚雄先生  /// 林 慧先生 *慧眼の慧です  /// 茂松文雄先生
              

    次へ   [あかり4へ]

                                

 






























  異端・畏友大賀佳文君の軌跡


『金子みすゞの名観光カイドとして大活躍致しました、今は亡き「仙玉」こと大賀佳文君の伝記出版の朗報に先立まして、大学同期入学の面子に懸けて、信憑性誠に薄い大雑把な走り書きですが、彼の情感の襞を取り急ぎネットに掲載することに致しました。厚顔をご容赦頂き、諸兄の御笑読を頂戴下さればこの上ない幸甚に存じ上げます。(尚、誤謬の修正等に吝かではございません。よろしくお願い申し上げます。)

          (文責:熊野祥司okuto77
                
 090-9574-0489





    
        始 点(前章)  

1945年夏の無条件降伏で、乱暴狼藉の限りを尽くしたソ連軍兵士団が本国へ去った後、日本人満蒙

開拓団の大陸から一家引き上げの、言語を絶する非道、悲惨な旅程が始まった。

45歳の大賀佳文少年にとっての引き上げの選択肢は、紙一重で、両親に見守られながらの餓死か、中

国残留孤児となるかの熾烈なものであった。精神的に早熟であった大賀少年の心に、引き上げ途次に遭遇

した出来事や、目を覆う程の凄惨な光景等から、大きな衝撃を受けて、
純真無垢な心が蹂躙され、ぽっか

りと深い空洞を発生させてしまい、命からがら、青息吐息で無事仙崎に帰航して、ホッと一息つく間もな

く、追い撃ちを懸けるかのように、過酷な食糧難と貨幣価値の転換で、洗うが如き赤貧が降り掛かり、焼

けつくような渇きを感じさせることになった。上流階級が従来どおり、パンとワインに事欠かないのは、

昭和20年8月14日以前と変わることは無かった。全国津々浦々一様に、農家でない一般国民には飢餓が

吹き荒れた。大賀少年は「渇き」を癒すこともままならない。両親の愛情に包まれながらも、引き上げの

始まり依頼、一連の非道な現実が原体験となって、
殺伐とした心象風景を構成し、鬱々として安寧から

遠く隔たった時が、果てしなく刻まれていくことになった。


 [あかり4へ]






 

             
   脱 線(不連続)  
 終戦直後の目を覆う飢餓からの脱出の妙手

時の占領軍総司令官は、本来平和主義者で人権擁護意識が強く、日本の戦争突入・敗戦に同情の念を抱

いていたらしい。
日本の人口を実際の三倍も水増しして、食料を送るようにと本国の大統領を誑かすよ

うにして依頼し、後に虚偽の報告であったと判明し、逆鱗に触れて、左遷されたとの逸話も残っている程

である。東京を初め、大都市の市街地には戦災孤児・通称
浮浪児溢れ、個々人からの暖かい救いの手は

皆無に等しいものであった。それも今日では完全に風化しきっている。





 [あかり4へ]







  軌 跡の再開

 占領下の国民は、押し付けられたと集中攻撃に晒されている憲法を、素直に受け入れて北海道から沖縄

まで、農地と山林を除いて、廃墟とも形容されかねない国土を、総力を挙げて懸命に復興するために、ひ

たすら黙々と働いた。まるで勤勉の権化と化したかのようなネルギーであった。
占領軍さえもそれを称賛

した。やがてそれなりに世情が安定し、専守防衛役としての自衛隊が編成され、発展の兆しが顕現し始め

た。しかし、大賀佳文少年の心の空洞と渇きが癒され、充足される気配を窺い知ることは出来なかった。

逆に、彼の知識や情報が蓄積されるにつれて、戦争への憎悪、広がる貧富の差への憤怒等が増幅される一

方であったが、高校卒業時点の学力で、入学が困難とされる大学への進学を
勧められたが、自宅から通学

圏の道を選び、成人式を迎えたとするのが無難ではないだろうか。


 [あかり4へ]









 座標軸変換 ・ 救世主との遭遇

視点を移してみると、大賀佳文氏は成長につれて、自衛本能から空洞を埋め、渇きを癒すための紆

余曲折を経る中で思春期に入り、癒しを求めて、
ハイデッガー、ヤスパース等の実存主義に浸りつ

つ、━
当時は、薄い
月刊誌“実存”も店頭に出ていたが ; 大学選択、交友関係,淡い想い、反

戦運動、階級闘争への関心から、政党の党員となり、学資を捻出するための
駅弁売り、労組の事務

の手伝い等々、多様な勤労体験
も積んだ。    一連の過程で、在学中の大学で

英語・英文学を学び研究することへの意義と意欲を完全に喪失することになった。自分自身に向かっ

[
タンカを切るかのように] 潔く大学を中退雑多な片手間で観光ガイドを行い、それなりに

仕事ぶりを評価されるが、
空洞が埋まることは無かった。

彼の寝耳に水の中退で、
母上は地団駄を踏んで悔しがられ、泣き崩れられて、絶望の深遠に追い込

まれたとの悲しい風聞である
。中退への踏ん切りをつけさせた一因に、当方の存在も枚挙されるか

もしれない。彼とは優劣のつけがたい
赤貧であったが、波長がまったく合わない存在であった

やがて乞われて、大賀佳文氏は、観光業「よし乃」の要職に就く。専属カイドとしての地位を得て、引

き上げの港仙崎を軸にして、萩、長門あたりを、更に興が乗れば下関まで、バスや遊覧船で
ユーモアー

ギャグ等をふんだんに織り込みながらみすゞのガイドを展開する。

彼女の詩から受けた衝撃で、悪夢から覚めたかのような感覚が湧き上がって来た。要するに、大賀

佳文氏は
一瞬にして、己を取り戻したということである。


 [あかり4へ]









  終 点 (最終章

 大賀佳文氏の蘇った純真無垢な心は、幼時期のままの豊かな感受性も温存していた。みすゞの童

謡詩から、少年少女達が受け取った感動と、童心を揺さぶられて、彼ら一人ひとりが創造した夢幻・

夢想に匹敵する程の心の躍動を感じ、彼女の童謡詩、詩の世界に後半生を懸けて、深くのめり込んで

行くことになったのである。自ら愛称を「
仙崎の玉三郎こと、仙玉」と銘打ち、金子みすずの名ガ

イドであるとの評価を、全国に馳せることになった。換言すれば、
ガイド文芸と命名されて然るべ

き分野を樹立したことになる。その功績は称賛に値する。


「仙玉」、「大賀佳文」で、たちどころに、その websiteにリンクする存在になったのだが、

くも悲しいことに
、時知れずに難病にかかっており、還暦を過ぎて間もなく、最愛の家族は勿論、

多くのフアン、同窓生達に惜しまれながら、西方浄土へ旅立ってしまったのである。
みすゞ

詩が不滅である如く、彼女のガイドとしての「仙玉」の名も不滅であって欲しいと、学友一同は、

それを同期の誇りとして、強く願い続けている。

 [あかり4へ]










補 遺








(ア) 金子みすずとは?


 世俗の垢に塗れ始めた大賀氏が、俊敏に感応したのは、金子みすゞが何物にも妨害されることなく、

偏見や先入観を抱く機会も発生しない原始の生育環境で、当時の日本中産階級の家風ともいうべき、絵

画、音楽、文芸的な雰囲気の中で、彼女の本性の赴くままに、周囲の様々な事象と己との関連において

、心に映り浮かぶありのままを、素朴に表現した
「呟き」であるということであろう。目に映じるあり

のままを受け入れる感性が、更に、耳に入る音からの連想が直截的に湧く音感が、天賦のものであった

西城八十などの老練家が、彼女の童謡詩にあふれる、鋭敏で純粋な感性を高く評価しながらも、粗削

りの難は避けられないとしている点からも明白である。しかし、我らが盟友
大賀佳文氏は、彼女の粗削

りの鋭敏な感性によって、心の空洞を埋め、度し難い渇きを遂に癒すことが出来た。彼がガイド業の過

程で、
みすゞの詩と遭遇した時、同期生、恩師共々一堂に会して、心からのエールと拍手を送り、前途

を期して杯を傾けるべきであったなあとつくづく悔やまれる。









 <考察①>みすずが竿さした時代思潮

 みすゞは包括的に「大正デモクラシー」とされる時代に小学校入学から高女卒業までの、学校教育の大半を受けた。当時の学校教育の特徴について、若干の知識を得ていることが必要であろう
 その『特 徴』
それまでの画一的で型にはめたような教育のスタイルから、子どもの関心や感動を中心に、より自由で生き生きとした教育体験の創造を目指そうとする運動が、この大正時代に、折からの大正デモクラシーの風潮を追い風にして広まった。[あかり4へ]
(大正自由教育運動―Wikipediaより)






 

 <考察②> みすゞは自らを自死に追い込んだ;

 みすゞが童謡、童話等の文芸創作に関して挫折する外的要因が具体的に浮かば

ないが、遺書を克明に読み解くことが可能であれば、明瞭になるであろう。こ

こでは、やむなく、狭い視野で邪推して、離婚に至るまでの、心身の穢れを酌

量し、純真な少年少女達に穢れた心と身が紡ぎ出す文芸をどうぞお読みなさい

と、提示することは人倫の道に背くことである。それ故に自分は詩を創作する

資格をすでに喪失している。しかも、自分から文芸創作を取り除けば、もはや

現世に生存の意義は無い。
       [あかり4へ] 








 (イ) 生涯の伴侶、糟糠の妻との人生

 観光ガイドの合間に時折すれ違い、未だ仕事が安定しない時期であったが、自分を理解し

てくれる女性だと分かり、ある女性に迷うことなく求婚した。それが大賀佳文氏のご遺族で

ある。『
糟糠の妻』としての勤めを立派に果たされ、彼が自称「仙玉」して売り出し大ブレ

イクした、
大賀流「ガイド文芸」の支えにもなられたお方である。

‘あの(ひと)学生時代に想いを寄せていた女性(かた)と所帯を持てなかったのが、返す

返すも気の毒でなりませんと口癖のように言われるが、
、、。

 その、あのお方は、本名が『S子さん』ということになっているようである。大賀佳文君

をヒーロー、「
S子さん」をヒロイン、「佳代子」とした短編小説が存在すると、

ご遺族の情報である。
 

 大賀佳文氏のご遺族は、彼との結婚について、堅苦し人生観よりも、柔軟性に富む生き方

を選んだと述懐された。二人三脚の生活に後悔はほとんど無い風である。我らが学友、大賀

佳文君は、すでに現世を去って久しいが、西方浄土へ
向けて後を追ったどの学友達にも勝る

とも劣らず、幸せであったと結論できると確信してペンを置くことにする。


追悼句:
      水無月や 仙玉逝きて 海(あお)