洋  燈  の  あ  か  り 4








hokuto77

 




<目   次>


 Misuzu Poetry 
 残 雪
  純 粋  Misuzu  Kintaikyo  Our Future Ichinosakagawa Stream   青哉!come back

NEW YORK TIMES社説論考 Part I 

 NEW YORK TIMES社説論考 Part II

 Reset in Kyoto 
侵略戦争否定論考察    忘れえぬ情熱の絆  追悼 人生開花時  嗚呼!惜別 吉田先生     a great liberal 
  奇妙奇天烈な理屈
   もはや元には引き返せない
Condolences to our dear friend Teruo 
 PIONERR TO POLE STAR
Kaoru, Alas, died suddenly.

侵略戦争の定義

日本タカ派へ反論      論破:桜井よしこ理論              自虐的史観論考察



故郷・地方 活性化理念
 
 こんなにいい処は何処にも無い
     [此処以外に生き場は無い]
田舎の値打  短編五月雨無情 ふるさと誇り活性  

 ふるさとのはなしをしよう北原謙二♪

  ふるさとはいつも♪
ふるさと五木ひろし♪ カラオケ
  ふるさと太鼓・
  美空ひばり
 
 四万十川 三山ひろし♪
  柿木坂の家  与作 北島三郎 カラオケ  早く帰ってコ♪
カラオケ 青木光一

 親父の海 村木賢吉♪ 

  青春の城下町・梶光夫♪
カラオケ
 
 哀愁の奥出雲・清水博正♪cover Keizo  北島三郎 北の漁場♪カラオケ
 千昌夫・カラオケ  夕焼け雲♪  番外編     女の階級ひばり♪    北の男船&北の漁場
   ♪北島三郎
 番外編

長崎の女 高倉健、十朱幸代出演 カラオケ

 [




























 


  [Definition of Aggression]

 国連総会での関連内容の原文を掲載します語釈、拙訳等hokuto77によるものです。

   United Nations General Assembly Resolution 3314 (XXIX).

Committee: 6 Vote: Adopted without a vote "---" 2319th *plenary meeting

      plenary=involving all the members of a committee, organization etc

14 December 1974

Annex*                   annex(v)=add as a subordinate part (POD)

Definition of Aggression (日本語版へ)"---"

Convinced that the adoption of a definition of aggression ought to have the effect of *deterring a potential aggressor, would simplify the determination of acts of aggression and the implementation of measures to suppress them and would also *facilitate the protection of the rights and lawful interests of, and the *rendering of assistance to, the victim, Believing that, although the question whether an act of aggression has been committed must be considered in the light of all the circumstances of each particular case, it is nevertheless desirable to *formulate basic principles as guidance for such determination, Adopts the following Definition of Aggression: [FN4]

deter= make somebody decide not to do something or continue doing something (COD) facilitate=make an action or a process possible or easier (COD)   render=give somebody something, especially in return for something or because it is expected (COD)  formulate= create or prepare something carefully, giving particular attention to the details (COD)

Article I

 Aggression is the use of armed force by a State against the sovereignty, territorial integrity or political independence of another State, or in any other manner inconsistent with the Charter of the United Nations, as *set out in this Definition.        set out=present ideas, facts, etc. in an organized way, in speech or writing (COD)

 *Explanatory note: In this Definition the term "State":

 (a) Is used without prejudice to questions of recognition or to whether a State is a member of the United Nations;  (b) Includes the concept of a "group of States" where appropriate.

Article 2

 The First use of armed force by a State in *contravention of the Charter *shall constitute *prima facie evidence of an act of aggression although the Security Council *may, in *conformity with the Charter, conclude that a determination that an act of aggression has been committed would not be justified in the light of other *relevant circumstances, including the fact that the acts concerned or their consequences are not of sufficient *gravity.

 ある国による国連憲章に反した最初の武力行使は、侵略行為の一応の証拠を構成することになる。しかし安全保障理事会が国連憲章に照らして、一連の侵略的行為、あるいはそれらが引き起こす諸々の結果が充分に重要ではないという事実と、密接に関係する他の状況とを考慮して、侵略行為が行われたとの結論は正当化されないと決定づける事がある。(by hokuto77)
   in contravention of=in a way not allowed by a rule or law(Longman)  shall=(in a second and third person) expressing a strong assertion, or command, or duty (POD)
  prima facie=based on what at first seems to be true, although it may be proved false later(COD)
  mayalthough s + may v ---, S+V ~  *This sentence construction means both statements are true.   in conformity with= following the rules of something(COD)      relevant=closely connected with the subject you are discussing or the situation you are thinking about(COD)    gravity=extreme importance and a cause for worry(COD)

Article 3

 Any of the following acts, regardless of a declaration of war, shall, subject to and in accordance with the *provisions of article 2, *qualify as an act of aggression:

    provision= a condition or an arrangement in a legal document (COD)  qualify= have the right qualities to be described as a particular thing (COD)

 (a) The invasion or attack by the armed forces of a State of the territory of another State, or any military occupation, however temporary, resulting from such invasion or attack, or any *annexation by the use of force of the territory of another State or part thereof,       annexation<annex=take control of a country, region, etc, especially by force (COD)

 (b) *Bombardment by the armed forces of a State against the territory of another State or the use of any weapons by a State against the territory of another State;    bombardment=the action of attacking of a place by firing large guns at it or dropping bombs on it continuously

 (c) The*blockade of the ports or coasts of a State by the armed forces of another State;  blockade=the action of surrounding or closing a place, especially a port, in order to stop people or goods from coming in or out(COD)
   (d) An attack by the armed forces of a State on the land, sea or air forces, or marine and air fleets of another State;

(e) The use of armed forces of one State which are within the territory of another State with the agreement of the receiving State, in contravention of the conditions*provided for in the agreement or any extension of their presence in such territory beyond the *termination of the agreement;

     provide for=make it possible for something to be done (COD)
   termination=the end of something (COD)
     the conditions provided for---  i.e. the conditions that are provided for ---

  The use of armed forces ~  + any extension of their presence ---

 (f) The action of a State in allowing its territory, which it has placed at the disposal of another State, to be used by that other State for*perpetrating an act of aggression against a third State;

    perpetrate= commit a crime or do something wrong or evil (COD)

 (g) The sending by or on behalf of a State of armed bands, groups, *irregulars or *mercenaries, which carry out acts of armed force against another State of such gravity as to *amount to the acts listed above, or its *substantial *involvement therein.

  irregular=a soldier who is not a member of a country’s official army (COD)
       mercenary=a soldier who will fight for any country or group that offers payment (COD)
       amount to=be equal to or the same as something (COD)
     substantial=having a real existence (OED); real, existing (POD)
       involvement=the act of taking part in something (COD)

  acts of armed forces --- of such gravity as to --- =acts of armed forces --- which are as serious as to --- (hokuto77)

Article 4
 The acts*enumerated above are not*exhaustive and the Security Council may determine that other acts constitute aggression under the provisions of the Charter.

   enumerate=name things on a list one by one (COD)
  exhaustive=including everything possible COD)
Article 5
 1. No *consideration of whatever *nature, whether political, economic, military or otherwise, may serve as a justification for aggression.

consideration=something that must be thought about when you are planning or deciding something (COD): fact or thing taken into account (POD)

nature=a particular kind of thing; the qualities or features that something has (Longman)

2. A war of aggression is a crime against international peace. Aggression gives rise to international responsibility.

3. No territorial acquisition or special advantage resulting from aggression is or shall be recognized as lawful.

Article 6

 Nothing in this Definition shall be*construed as in any way enlarging or diminishing the scope of the Charter, including its provisions concerning cases in which the use of force is lawful.   construe= understand the meaning of a word, a sentence, or an action in a particular way :interpret (COD)

Article 7

 Nothing in this Definition, and in particular article 3, could in any way *prejudice the right to self-determination, freedom and independence, as derived from the Charter, of peoples*forcibly deprived of that right and referred to in the Declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among States in accordance with the Charter of the United Nations, particularly peoples under colonial and *racist regimes or other forms of *alien domination: nor the right of these peoples to struggle to that end and to seek and receive support, in accordance with the principles of the Charter and in conformity with the above-mentioned Declaration.

  prejudice= have a harmful effect on something (COD)   forcibly= in a way that involves the use of physical force (COD)     racist=someone who believes that people of their own race are better than others, and who treats people from other races unfairly and sometimes violently – used to show disapproval (Longman)     alien=foreign (POD)   domination=control    ・prejudice the right to --- nor the right of ~ 

 The declaration on Principles of International Law concerning Friendly Relations and Cooperation among  States in accordance with the Charter of the United Nations
   国際連合憲章に従った諸国間の友好関係及び協力についての国際法の原則に関する宣言

Article 8

 In their interpretation and application the above provisions are interrelated and each provision should be construed in the context of the other provisions.

[195610月の日ソ共同宣言とソ連との国交回復によってこの障害がなくなったため、同年1212日の安保理決議121での承認勧告の後、1218の総会における全会一致の承認でもって[日本は]80番目の加盟国として国際連合に加盟した。]  (Wikipedia)

 上掲しました侵略の定義を採択した際の国連総会には、(plenary=involving all the members of a committee, organization etc) Wikipediaの上記の内容から、日本も当然その採択の場にいたことになります。

 国連が塾考と熟議を重ねて決定した侵略戦争の定義は、小学生がきちんと国語を学習していれば充分理解できる内容で極めて平明な内容です。安倍氏はまるで、地球外のことのような、他人事のような口ぶりで、定義が曖昧だ、学問的な定義が確定していないだとか、日本国の総理として、公然と平然と臆面もなく発言しています。彼だけが言論の自由を心行くまで謳歌して悦に行っています。歴然とした事実を否定し、捻じ曲げて何ら痛痒を感じないその厚顔無恥・鉄面皮今上天皇を含め国民全体を徹頭徹尾愚弄し、そればかりでは飽き足らず全ての国連加盟国をも足蹴にするものです。

 67,8年間尊い同胞と何の罪もない他民族の命とを引き換えに得た[言論の自由]を持ちながら、政界、財界、学界、労働界、安倍・橋下両家から目の敵にされてきた日教組、一般庶民等あらゆる層の国民が異論を唱えない。マスメディアの大半が、安倍支持に陥ったのであるからには、それらしいマスメディア自身の論調が聞こえてこなくて当然でしょうが、まさか大衆の少なくとも半数は存在するに違いない異論を完全に等閑視しているのではないかと疑念が湧いても来ます。

 安倍氏が目論む[自虐的史観の名の下での歴史の塗り替え]と、財界と組んで密かに目論む「国益」の中身よりも、この無言にも近い言論界と、国民の現状の方がはるかに不気味で絶望的です。そのように思えてなりません。皆さん方は如何ですか。

 自分達が日本国のヒーローだと明言されている日本国憲法を信じないの か。 国民の間に諦観、無常観のようなものがあるのでしょうか。ごぞんじのように、新約聖書の中の有名な一節に、「人はパンのみに生きるにあらず、、、」とありますが、仏教の目線で読んでも、生身の人間のありようを教示する、一つの真理であることは明らかです。パンさえいきわたればいい、「パンとワイン」があればいい、「パンとスマホ」があればいい。後はどれでも似たようなことだという人生哲学でしょうか。保守こそ救世主、安倍氏を洗脳して保守の重鎮達を抱き込み、保守本流の論客を自認され、安倍氏を指一本で動かしておられる、櫻井よしこ女史、[日本会議]にとっては思う壺で格好の餌食でしょう                                 [2013 7月中旬 by   hokuto77] <目次へ>

 

 

 

 

 

University of Minnesota Human Rights Center


侵略の定義に関する決議


第一条(侵略の定義)

 侵略とは、国家による他の国家の主権、領土保全若しくは政治的独立に対する、又は国際連合の憲章と両立しないその他の方法による武力の行使であって、この定義に述べられているものをいう。

第二条(武力の最初の使用)

 国家による国際連合憲章に違反する武力の最初の使用は、侵略行為の一応の証拠を構成する。ただし、安全保障理事会は、国際連合憲章に従い、侵略行為が行われたとの決定が他の関連状況(当該行為又はその結果が十分な重大性を有するものではないという事実を含む。)に照らして正当に評価されないとの結論を下すことができる。

第三条(侵略行為)

 次に掲げる行為は、いずれも宣戦布告の有無に関わりなく、二条の規定に従うことを条件として、侵略行為とされる。

(a)
 一国の軍隊による他国の領域に対する侵略若しくは、攻撃、一時的なものであってもかかる侵入若しくは攻撃の結果もたらせられる軍事占領、又は武力の行使による他国の全部若しくは一部の併合

(b)
 一国の軍隊による他国の領域に対する砲爆撃、又は国に一国による他国の領域に対する兵器の使用

(c)
 一国の軍隊による他国の港又は沿岸の封鎖

(d)
 一国の軍隊による他国の陸軍、海軍若しくは空軍又は船隊若しくは航空隊に関する攻撃

(e)
 受入国との合意にもとづきその国の領域内にある軍隊の当該合意において定められている条件に反する使用、又は、当該合意の終了後のかかる領域内における当該軍隊の駐留の継続

(f)
 他国の使用に供した領域を、当該他国が第三国に対する侵略行為を行うために使用することを許容する国家の行為

(g)
 上記の諸行為い相当する重大性を有する武力行為を他国に対して実行する武装した集団、団体、不正規兵又は傭兵の国家による若しくは国家のための派遣、又はかかる行為に対する国家の実質的関与


第四条(前条以外の行為)

 前条に列挙された行為は網羅的なものではなく、安全保障理事会は、その他の行為が憲章の規定の下で侵略を構成すると決定することができる。

第五条(侵略の国際責任)

 政治的、経済的、軍事的又はその他のいかなる性質の事由も侵略を正当化するものではない。

 侵略戦争は、国際の平和に対する犯罪である。侵略は、国際責任を生じさせる。

 侵略の結果もたらせられるいかなる領域の取得又は特殊権益も合法的なものではなく、また合法的なものととし承認されてはならない。

第六条(憲章との関係)

 この定義中のいかなる規定も、特に武力の行使が合法的である場合に関する規定を含めて、憲章の範囲をいかなる意味においても拡大し、又は縮小するものと解してはならない。

第七条(自決権)

 この定義中のいかなる規定も、特に、第三条は、「国際連合憲章に従った諸国家間の友好関係と協力に関する国際法の諸原則についての宣言」に言及されている。その権 利を強制的に奪われている人民の、特に植民地体制、人種差別体制その他の形態の外国支配化の下にあ る人民の、憲章から導かれる自決、自由及び独立の権利を、また国際連合諸原則及び上記の宣言に従いその目的のために闘争し、支援を求め、かつ、これを受け入れるこれらの人民の権 利をいかなる意味においても害するものとするものではない。

第八条(想定の解釈)

 上記の諸規定は、その解釈及び適用上、相互に関連するものであり、各規定は、他の規定との関連において解されなければならない。

出典 「ベーシック条約集」 第二編   <目次へ>




































 NEW YORK TIMES社説論考 Part I 
    序文  (201364 hokuto77

 一連の内容は、日本国民が、21世紀に必ずや迎えるであろう悲劇への鎮魂の賦である。
  『日本国憲法が認めている数々の [自由][個人・国民としての基本的権利] が、不穏な束縛を受け始める前に、言うべき事はきちんと表明しておかなくてはならない。それは、日本国憲法とそれに基づき格調高く理想を追求した前教育基本法の下で教育を受け、平穏な人生を送る事が出来た老骨の「やつがれ」に残された、わずかではあるが「反骨心」の義務だと考える。』


 平成2513日付 New York Times Editorialの原文を紹介します。安倍政権の修正主義への米国の懸念と批判を中心にした内容です。段落毎に要点を拙訳で紹介しておきます。

Another Attempt to Deny Japan’s History

 Few relationships are as important to stability in Asia as the one between Japan and South Korea. Yet Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, seems inclined to start his tenure with a serious mistake that would inflame tensions with South Korea and make cooperation harder. He has signaled that he might seek to revise Japan’s apologies for its World War II aggression, including one for using Koreans and other women as sex slaves.

  *tenure=the period of time when somebody holds an important job, especially a political one

 アジアの安定には日韓の関係が重要。ところが安倍首相はその政権の出発に当たって、重大な誤謬を犯す様子である。それは、韓国との緊張を高め、両国間の協力を困難にする可能性がある。彼は、韓国と他国の女性達慰安婦としたことへの謝罪ばかりでなく、第二次世界大戦での侵略に対する謝罪を修正する旨を示唆した。

  In 1993, Japan finally acknowledged that the Japanese military had raped and enslaved thousands of Asian and European women in army brothels, and offered its first full apology for those atrocities. A broader apology by Prime Minister Tomiichi Murayama in 1995 conceded that “through its colonial rule and invasion,” Japan had caused “tremendous damage and suffering to the people of many countries, particularly to those of Asian nations.”

  *atrocity=an extremely cruel and violent action, especially during a war

  *concede=admit that something is true or correct, although you wish it were not true

  *慰安婦問題に関する日本政府の完全な謝罪と村山談話の紹介である。

 1993年に日本政府は最終的に日本の軍隊が何千人というアジア、ヨーロッパの女性達を陸軍の売春宿でレイプし、慰めものにした事を認め、これらの残虐行為を始めて完全に謝罪した。1995年には、村山富一首相がより包括的な謝罪で次のことを承認した。「日本の植民地支配と侵略で、日本は多大な損害と苦しみを多くの国々の人々に、とりわけアジアの国々の人々へ与えた。」

In an interview with the Sankei Shimbun newspaper, Mr. Abe, a right-wing nationalist, was quoted by Reuters on Monday as saying he wants to replace the 1995 apology with an unspecified “forward looking statement.” He said that his previous administration, in 2006-7, had found no evidence that the women who served as sex slaves to Japan’s wartime military had, in fact, been coerced. However, at a news conference last week, the chief cabinet secretary, Yoshihide Suga, said that Mr. Abe would uphold the 1995 apology but hinted he may revise the 1993 statement.

   *Reuters =a British company which employs journalists in many different countries to send it news from all over the world so that it can sell these reports to many different newspapers and radio and television stations.

  *unspecified =not known or not stated

  *coerce=force somebody to do something by using threats:

 産経新聞との記者会見で、右翼の国家主義者である安倍氏は、ロイター通信は次のように言ったと伝えた。「1995年の謝罪を、今は明瞭になっていないが、前向きの声明と置き換える。」安倍氏は、以前彼が与った政権では、日本の戦時中の軍隊が慰安婦として奉仕した女性達が実際に脅迫を受けて売春をさせられたという証拠は見つからなかったと述べた。しかし、先週の記者会見で、菅官房長官は、安倍氏は1995年の謝罪は支持するだろうが1993年の声明は修正する可能性あるとほのめかした。

 It is not clear how Mr. Abe, the leader of the Liberal Democratic Party of Japan, might modify the apologies, but he has previously made no secret of his desire to rewrite his country’s wartime history. Any attempt to deny the crimes and dilute the apologies will outrage South Korea, as well as China and the Philippines, which suffered under Japan’s brutal wartime rule.

  *dilute=make something weaker or less effective

   *outrage=make somebody very shocked and angry

 自民党の総裁安倍氏が、上記二つの謝罪をどのように修正しようとしているかは明瞭でないが、以前彼は自国の戦時中の歴史を書き換えるという願望を明言した。犯した罪を否定し、謝罪内容を軟化する如何なる企ても、中国とフィリッピンだけでなく韓国にも衝撃を与え憤慨激怒させるであろう。これらの国々は戦時中の日本の残酷な統治下で苦しんだのである。

 Mr. Abe’s shameful impulses could threaten critical cooperation in the region on issues like North Korea’s nuclear weapons program. Such revisionism is an embarrassment to a country that should be focused on improving its long-stagnant economy, not whitewashing the past.

  *threaten =be likely to harm or destroy something

  *critical=extremely important because a future situation will be affected by it=crucial

  *whitewash=try to hide unpleasant facts about someboby/something; to try to make something seem better than it is:

 安倍氏の恥ずべき衝動は、北朝鮮の核兵器計画のような問題に関する地域内の重要な協力を損なうか壊しかねない。そのような修正主義は、過去の不愉快な事実を隠そう、あるいは塗り変えてよく見せようとする事にではなく、長期に渡って停滞しているその経済を好転させることに集中しなきゃならない国にとっては厄介者である。

[A version of this editorial appeared in print on January 3, 2013, on page A24 of the New York edition with the headline: Another Attempt to Deny Japan’s History. ]

 (Published: January 2, 2013)

[語釈、イタリック、下線、カラー等は筆者]

 印の部分は、日本に言及している事は明白であるが、安倍総裁の"御威光"降って湧いたように円安が発生し、輸出を主とする大手企業を中心に収益が上がり、当面、アベノミクスが効を奏する気配にあるとの判断が優勢で安倍政権の経済政策に対する国民の支持率は高い。

          (2013, 6月上旬では、平成257月の参院選の結果予想は火を見るより明らかである。)

[このサイトへの社説原文掲載意図]

 ネットを通じて得たものを拙い読解力で読み終えたときに、いろいろ疑念が浮かびました。

  *安倍氏の考えや願望は以前から鮮明な中で、正月早々に、彼の船出に水を掛けるかのような社説掲載の意図はどこにあるのか。New York TimesObama政権を支持する最大の有力紙で、御用新聞的な面もある。Obamaが再選を果たしたときは、選挙に関する記事に限り無料で読み放題だった。

*日本政府は反応するのか。野党はどう扱うのか。 *マスコミは翻訳し、あるいはコメントを載せるのだろうか。 *国民の大半は知らないままで終わるのだろうか。

 その後数日間、新聞に目を通してもそれらしい記事に出会いません。革新の気概は充分まだ残っているだろうとの思いで、朝日意見取り扱(0355407615 // 0570057616)にこの社説に関する件を伝えたのですが、掴みどころのない、ヒヨウタンでナマズを押さえるような気配でした。しばらくして、菅官房長官が大手数社から新年の取材を受け、この件のようなことに関しては、歴代内閣と変わらないから、摩擦を起こす気は無いという旨の答弁が小さく掲載されていました。恐らく、彼らの言う「国益」を考えてのことでしょう。

 更に時が過ぎて、ある週刊誌が、正月早々の社説で安倍政権にけちをつけたNew York Timesの目的は何かという趣旨の記事を扱っているのを広告で目にしました。その見出しから判断する限りでは、安倍政権への援護射撃の内容の感じを抱きました。しかしそれを講読した人以外は何も知らないままに落着しました。 マスコミは何故、事なかれ主義に走ったのか。高い支持率で船出した政権への餞だったのか。国民は安倍氏の理想を知っているはずだから、「今さらジロー」と考えてのことなのか。それとも既にメディアの大半が、安倍イズムに毒されて乱暴極まりない改憲にむけて、舵を切ってしまったのか。 産経と読売の両紙は、自国が引き起こした先の大戦で自国民が舐めさせられた、言語を絶する悲惨を後世に伝えることを怠り、その背後には巨大な財閥が見えます。喉元を過ぎれば熱さを忘れる。

老朽化した脳で得た結論の一つは、もはや、日本のメディアの大多数は講読数、視聴率保持のために、[社益」を重んじ、見識、理念、哲学、理想等々を形振り構わずかなぐり捨てたということでした。その気迫はさながら江戸の瓦版の情熱にさえも遠く及ばない、知見の喪失ということですかね。共産党は戦前同様に、あらゆる弾圧に屈せず最後まで護憲を貫いてくれるでしょうが、若し最後の砦朝日が多勢に無勢で文字通り腰砕けとなり改憲の旗を振れば、良心的な人々は、遂に憤怒の峠を降りて絶望の縁に立ち、国土に響きわたる軍靴と真綿で締めるような陰湿な弾圧に人生を呪うことでしょう。日本は確実に沈没します。軍靴を鳴らして闊歩するこれ以外に満を持して右翼タカ派が、国民主権の平和憲法を変える必要はどこにあるのですかこの思考はマイナス思考ではありません。背水の、惨劇未然防止思考だと確信しています。

明治以来国民に許されていた限られた自由を剥奪し、有無を言わさず天皇に隷属させて300万人を越える日本国民の生命を犬死同然に犠牲にし、戦火で美しい国土を荒廃させて、近隣諸国の人々の人権を踏みにじり、苦しめ抜いて死に追いやり、甚大な被害、損害、精神的な苦痛を与え、彼らの民族の誇りを損傷し、地球の果てまでも震撼させてしまった。日本軍が最初に引き金引いた動機が何であれマッカサが後年、資源の乏しさを知り、一般庶民の心情にも同情して庇ったとしても、この惨禍は動かし難い、どうにも否定しがたい事実です。苦しみを与えた側の悪夢は忘れ得ても、犠牲者達の経験した悪夢は、子子孫孫まで消えることはありません。日本においてもそうです。この悲惨な事実の上に、[主権在民]を柱とする日本国憲法を手にしました。これには、広い視野に立った人類的な理想が織り込まれているのです。この憲法を構成する基本理念を、このような弱腰、おっとり刀のメディア依存したままで、国民一人一人の権利、自由を束縛し、とりわけ義務教育教員の思想を統一して統治しやすくする事ばかりを念頭においている現政権から守り抜く事は、到底不可能だと判断しました。若干衝動的で自己満足の域を出ませんが、押さえ難い憤怒の情に抗しきれず、急遽、ことあるごとの[護憲]を立ち上げました。訪問客の皆様方のご協力を心からお待ち申し上げています。       (平成2565日 by hokuto77)<目次へ>

 




























  NEW YORK TIMES社説論考 Part II




[護憲]補遺に当たっての釈明

ここは緊急の補遺欄です。挿入場所をいろいろ検討しましたが、ここに決めました。           [敬称略]

すでに、この[護憲]は事情によって、7月18日付で筆を折りましたが、無色透明として参考にして下さい。既にPART Iでお読み頂いた英文は、201313日付のNew York Times社説でしたが、こちら、今回初めてお読みのものは、同年723日付のNew York Times社説です。丁度半年あまりが経過したことになります。アメリカ民主党は、やはり安倍首相の政治的な視座に対して従前からの、同様な不安を抱いています。その不安が現実ものとならないようにと安倍氏の姿勢への警告と助言です。軍事上の貴重な同盟国としてのアメリカの任務だと考えてのことでしょう。今後の安倍政権を点検する上でチェックポイントの一つになるのではないでしょうか。筆折りの禁を破り、ここに敢えて社説を掲載しましたのは、安倍氏が自分の政治生命の本丸として温めている軍国改憲への強い思い留まりを忠告しているからです。安倍氏の政治信念の危険性を危惧しているのは、改憲派を揶揄してきた一介のやつがれ老骨hokuto77や、他の護憲派の人達だけに留まらないのだということを知って欲しいが故です。

安倍氏自身とその理論的指南役櫻井よしこ女史や、背景の[日本会議]は、アメリカ民主党の忠告を不要な失礼極まりない内政干渉だと歯牙にも掛けないでしょうし、いつ何時一方に転ぶとも分からない石原氏、橋下徹氏一派も同様です。海外からの視線の中で、安倍政権の右翼タカ派化を歓迎しないのは、すでに関係が冷え込みつつある韓国・中国、軍事上の同盟国米国と、ピョンヤン宣言がすでに海底に沈んだ北朝鮮、これら4ヶ国であることが鮮明になっています。戦後の体制を否定して、憲法の理念を明治のそれに戻し、軍事力を強化て近隣諸国との関係修復を図ろうとする発想と神経はもはや、しがない老骨の思考範囲を完全に越えたものです。多数の国民がすでにその流れに竿挿しておられます。同盟国や隣近所とは疑心暗鬼の表面上のつき合いで、遠い中東や東欧と不安定極まりない原発等をやりとりして、誠に慶賀に堪えないところです。

           2513731日 大安             (by hokuto77)

 

 

[補遺] New York Times 社説

Opportunity and Risk in Japan

 

Sunday’s election for the upper house of Parliament in Japan was a strong vote of confidence for Prime Minister Shinzo Abe and the pro-growth fiscal and monetary policies he has pursued since entering office in December. His conservative coalition now seems assured a working parliamentary majority through 2016, which would end the trend of weak revolving-door governments, which saw six successive prime ministers over the past six years.
[Notes by hokuto77]
 *vote of confidence for=a formal vote to show that people support a leader, a political party, an idea etc.
 *fiscal and monetary policy=policy connected with government or public money, especially taxes andwith money, especially all the money in a country
Mr. Abe should not, however, treat the results as an endorsement of his disturbingly right-wing foreign- policy views, which include a nationalistic revision of World War II history, overheated rhetoric toward China and attempts to rewrite Japan’s Constitution to permit more assertive military actions. This election was about economics.
[Notes by hokuto77]
*endorsement= a public statement or action showing that you support somebody or something
*revision= a change or set of changes to something
*overheated=too full of anger or excitement
*rhetoric= speech or writing that is intended to influence people, but
 Mr. Abe challenged conventional economic wisdom during winter by using deficit spending and easy money to jolt Japan’s inert economy back to life. As a result, Japan’s annualized growth rate is now 4 percent, the highest among the leading developed economies.
 If he were wise, he would use his new strength to push through the remaining, and politically most difficult, parts of his economic agenda, like paring back agricultural subsidies, regulations on retail commerce and labor market restrictions that have weakened Japan’s growth for decades. If these issues cannot be tackled now, it is hard to imagine when they would ever be addressed.
[Notes by hokuto77]
*
conventional wisdom=the view or belief that most people hold
*deficit= the amount by which money spent or owed is greater than money earned in a particular period of time
*spending=the amount of money that is spent by a government or an organization 
*easy money=money obtained without effort, and, often, illegally; also with an amount specified (easydollar, etc.) (orig. U.S.). (OED)
*jolt= move or make somebody or something move suddenly and roughly
*inert= without power to move or act
*strength=the power and influence that somebody or something has

 Sustaining growth will require structural reforms to retool Japan’s high-wage, high-cost, high-regulation economy so that it can compete more effectively in a world where lower-wage countries can produce many of its exports for less. Japan’s educated work force helps, as does its first-class transportation systems and port infrastructure. But those assets have not been enough to get the country out of two decades of stagnation and will not be enough today.
[Notes by hokuto77]
*retool=organize something in a new way
*asset=something belonging to an individual or a business that has value or the power to earn money

 Mr. Abe should use the Trans-Pacific Partnership trade talks, which Japan is scheduled to join this week, as a lever to win domestic support for the cutting farm subsidies, and he should pare back labor market restrictions that discourage workers from moving out of fading sectors like traditional manufacturing.
 He should also push for expanded immigration of foreign workers, which would add new energy to the labor force and help pay for the pensions of a rapidly expanding elderly population. And he needs to resist pressure from deficit hawks to increase consumption taxes, at least until economic recovery is more firmly established.
[Notes by hokuto77]
*lever=something you use to influence a situation to get the result that you want
*pare back=gradually reduce the size or amount 
*fade= become paler or less bright


 To keep commerce going with China, Japan's most important Asian trading partner, Mr. Abe has to stop rubbing raw the wounds of World War II. That includes not visiting the Yasukuni Shrine, where war criminals from that conflict are honored. Nor should his government divert budget resources into military muscle flexing. Pushing into these politically contentious areas would erode the economic progress and promise of stable political leadership Mr. Abe has just worked so hard to achieve.
   [Colored and underlined by hokuto77]
      By THE EDITORIAL BOARD
          (Published: July 22, 2013)
                  [Notes by hokuto77]
*rub=move backwards an forwards many times against something while pressing it, especially causing pain or damage
 ・The horse's neck was rubbed raw (= until the skin came off) where the rope had been.
*conflict=fighting or a war (between two countries)
*honor=treat someone with special respect
*divert=use money, materials, etc. for a different purpose from their original purpose

[Translation by hokuto77]
 日曜日の日本の参院選は、安倍首相と彼が12月に政権の座について以来促進してきた財政・金融政策とを、国民が強力に指示した公的選挙であった。今や、安倍首相の保守連合政権は、2016年まで国会で多数として機能すると確信しているように思える。恐らくそれは、過去6年間に連続して6人の首相が交代するという「回転ドアー式の貧弱な政府」という流れを終わらせることになるだろう。

*pro-(growth)=(in adjectives) in favor of; supporting
*trend (of) =a general direction in which a situation is changing or developing
*revolving-door=used to talk about a place or an organization that people enter and then leave again very quickly

[Translation by hokuto77]
 しかしながら、安倍氏は、この選挙結果は、不穏極まりない右翼的な外交姿勢・見解が支持されている結果だと受け止めるべきではない。彼のその視点は、第二次世界大戦史の国家主義的な修正と、中国に向かっての怒に満ちた物言いと、今よりともっと独断的な軍事行動を許容するために日本国憲法を改訂する企とを含んだものである。今回の選挙は、経済に関するものであったのだ。

that is not completely honest or sincere
*assertive= expressing opinions or desires strongly and with confidence, so that people take notice  = declaratory, affirmative, dogmatic (OED)
[Translation by hokuto77]
 安倍氏はこの冬の間に、国民の大半が抱いている経済観を退けて、赤字財政の支出に踏み切りさらに「あぶく銭」を使うことで、日本の沈滞した経済に突然荒々しく生気を取り戻した。その結果、日本の年間成長率は今では、4%になり、これは先進経済国の中では最も高い成長率である。
 若し彼が賢者であれば、彼が新しく手に入れた権力を用いて、彼の経済上の課題の中で未解決で政治的に最も困難なものを、それらは例えば、段階的な農業産物への助成金の削減、小売業への規制の緩和、労働力市場の規制の緩和などであるが、これらが、長い間日本経済の成長を弱めてきた。この困難な課題を解決するために議案や計画を押し通すであろうに。こういった課題に今現在取り組むことが出来なければ、一体いつ解決を図るのか想像に苦しむ。

*
push something through=get a new law or plan officially accepted
*agenda= a list of problems or subjects that a government, organization etc is planning to deal with
*pare(v)= gradually reduce the size or amount
*subsidy=money that is paid by a government or organization to make prices lower, reduce the cost of producing goods etc
*retail=the sale of goods in shops to customers, for their own use and not for selling to anyone else
*tackle=try to deal with a difficult problem or situation
*address(v)=think about a problem or a situation and decide how you are going to deal with it; try to solve a problem

[Translation by hokuto77]
 成長を維持するには、低賃金の国々がその輸出品の多くを低コストで生産出来る状況においては、日本経済がもっと効果的に競争するために高賃金、高コスト、高規制の経済体制を再編成するための構造的な改革が求められる。
 丁度、日本の一級の輸送制度と港湾の基本施設基盤が役立っているように、技能を身に付けた日本の労働力は役に立つ。しかしこのような資産は、日本を20年間の不況から抜け出させるには充分ではなかったし今日も十分ではないであろう。
*stagnation=unhealthy absence of activity, energy, etc. Also spec. in Econ., an absence or low rate of growth


[Translation by hokuto77]
 安倍氏は、TPP交渉会合を、農業助成金の削除に対する国内の支持を勝ち取る手段として利用するべきである。その会合には、今週参加するように予定が組まれている。更に、労働市場規制を暫時緩和すべきである。その規制が故で、労働者達が伝統的な製造業のような衰弱しつつある部門から離れることを思い留まっている。安倍氏はまた、外国人労働者達の拡大された分野の移民を受け入れることを国内で承認させるべきである。
 若しそれを実現するならば、労働力に新しいエネルギーが追加されることになり、急速に増加している高齢人口の年金を支払う一助になるであろう。そして、彼は国の財政赤字を埋めようとする政治家からの消費税増への圧力に抗さなくてはならない。少なくとも、経済の回復がもっと堅固に確立するまでは。(圧力に屈してはだめである)
*push for something=try to persuade people to accept your ideas, opinions etc in order to achievesomething
*deficit hawk=a politician who wants to reduce the amount of money the government owes (LongmanBusiness English Dictionary)

[Translation by hokuto77]
 中国との貿易を継続するためには、中国は日本にとって最も重要なアジアでの通商相手国であるが、安倍氏は第二次世界大戦の(中国側の)傷跡を繰り返しこすって皮膚が剥げるようなことは止めなければならない。その止めるべき行動の中には、靖国神社を参拝しないことが含まれている。当神社には、あの戦争を始めた戦犯達が祀られている。同様に、安倍政権は予算上の財源を警告や脅し用の軍事力誇示のために転用すべきではないのである。
 若しこのような政治的に議論と異論のある領域に無理やり押し入るならば、安倍氏が達成するために一生懸命やってきたばかりの、経済の発展と安定した政治統率力の公約はある期間内に徐徐に弱まっていくことであろう。


*flex your muscles= show somebody how powerful you are, especially as a warning or threat
*push into something=make one's way into something by thrusting obstacles or opponents aside
*contentious= likely to cause a lot of argument and disagreement between people
*erode=gradually destroy something or make it weaker over a period of time

 

[護憲]『補遺』後の世界情勢の変化:

安倍政権の独裁化
米政権のタカ派化 北朝鮮の頑迷化、中東の泥沼化

[護憲]補遺掲載後の世界情勢の変化、政権の独裁化を中心に、多数の国民の意思を無視、蔑ろにした政策、法制化が進み、もはや後戻りは出来ない次元までに至った。中でも、今上天皇が希望された[生前退位]の扱いを、詭弁を弄して、多数の国民の気持ちに反し、取り分け、天皇ご自身の強いお気持ちを踏みにじり、一代限りの特例法とした。
 
 憲法を完全に無視した政策を
[多数]で次々と強硬採決しておきながら、[憲法に抵触しない範囲内で]とぬけぬけと吐いてる。
天皇の[象徴天皇としての在り方、完全な職務の遂行のため]を、一代限りに封じ込めておかないと、「日本会議」と「安倍政権」が,目がける改憲の柱の一つ[天皇=国家元首・主権]実現の妨げになるからである。
 今上天皇のご意思は
[天皇の地位を君主にしない。主権はあくまで「国民」でなければならない]であって、そのための先手を打たれた
のだが、安倍氏は政権への近欲な有権者の支持率を背景に、天皇と国民を愚弄して何の痛痒も感じない鉄面皮な男である。

 更に同盟国アメリカの政権が交代し、共和党の、武力崇拝の、「口で言うより手の方が早い」馬鹿な大統領が誕生し、日本への戦力増強を求め、共に戦闘をすることを期待し、安倍氏もしきりに武力行使をけしかけている

 わずか数年の間に180度の展開が新しい日米安保関係となった。
2013年7月22日の社説は、さながら前世紀の化石の感がある。安倍政権のタカ派の拍車を抑える機能を果たしてきた中・米の一翼が千切れ飛んでしまった。

 [
教育勅語]が鎌首をもたげて教育現場に入り込み、[桜井の決別]が宗教団体や合唱団で愛唱されている。両者とも、明治誕生以来濫用され続け、ついに日本国を滅ぼした軍国精神の、2度とそこへ帰ってはならないタブーなのであるが、、、

                      2017年4月中旬  by hokuto77  <目次へ>
     
































 自虐的史観論考察


 最初に、明治維新の思想的支柱の一人であった吉田松陰が、その『幽囚録』では次のように書いていることを頭に入れて置く必要があります。松陰の過激さに思わずまさかと、目を疑いますが記録に残る事実です。

 「今急武備を修め、艦略具はり礟略足らば、則ち宜しく蝦夷を開拓して諸侯を封建し、間に乗じて加摸察加(カムチャッカ)・隩都加(オホーツク)を奪ひ、琉球に諭し、朝覲会同すること内諸侯と比しからめ朝鮮を責めて質を納れ貢を奉じ、古の盛時の如くにし、北は満州の地を割き、南は台湾、呂宋(ルソン)諸島を収め、進取の勢を漸示すべし」と記し、北海道の開拓、琉球(現在の沖縄。当時は半独立国であった)の日本領化、李氏朝鮮の日本への属国化、満洲・台湾・フィリピンの領有を主張した。松下村塾出身者の何人かが明治維新後に政府の中心で活躍した為、松陰の思想は日本のアジア進出の対外政策に大きな影響を与えることとなった。 (From Wikipedia)

 

当該史観の根底にある思考過程(推測)

 明治の朝鮮半島への進軍を皮切りに、太平洋戦争、WWII終結までの軍事行動では、日本が間違っていたホントに悪いことをしたと、いたずらに自国を責め苛むことは、歴史の事実を無視して(戦勝国が)押しつけた史観であって、卑屈にさせるばかりで、日本人から自信と誇りを奪い、前向きな人生と勇気を取り去った。この戦争に関係する歴史をこのように観るのは自虐の思考である。郷土山口県の大先輩達が、自分も尊崇する吉田松陰先生の御遺訓を受け継いで仕掛けた一連の戦争は、断じて侵略戦争ではない。自虐的にその戦争を振り返るのは即刻止めなくてはいけない。[侵略戦争]の定義は未だ定かではないのだ。明治以降近代の歴史を見直して一部塗り変え、日本人としての誇りを取り戻し胸を張って国際社会に打って出ようではないか。そのためには経済力をつけなくてはならない。占領軍が押しつけた下らん憲法などは打ち捨てて、自民党が結党以来考えている日本人に合った憲法を制定しなくてはならない。救急にそこまで行けなくても、一部を修正して[国防軍]を設立し、天皇を国家元首にすえなくてはならないとにかく、「自虐的な歴史の見方」を一日も早く捨て去ることだ。


 [詭弁で国民を欺き事実に蓋をし、近隣諸国や同盟国からの不協和音がなれければ、上記のような論法は全ての国民にすんなりと受け入れられる。すでにマスメディアの大半を懐柔してある。まして、物を深く考えない、読解力もない一般庶民においておやだ。抵抗があるようなら、自分と自民党の指一本で動く経団連の強力な組織を使い[連合]を骨抜きにしてJAをくすぐりながら強引に浦々裏裏まで浸透させればよいのだ]

これが安倍氏の強気強腰の自惚れの論理的支柱ではないかと推測出来ます。

 

 気晴らしに、国民を国民とも思わない安倍氏の思考パタンと鳩山由起夫氏のそれを比較してみましょう。

 鳩山氏は民主党政権の初代首相就任前に「宇宙人」の発想だと評されていました。世俗の垢にまみれながら四苦八苦している庶民とは、かけ離れた考え方ということでしょうか。それは地球上では実現しないということを暗示していたのです。

 成育歴が尋常ではないですね。困っているだろうと母上が10億円近い小遣い銭をぽいと与える家庭で成長した人ならではのことです。政策は空中分解しました。根が善良な人で策を弄することが下手だったわけです。普天間基地の移設を少なくとも県外へと沖縄の人々の心情を汲み取っての希望的観測を、戦略と青写真のないままに発言して最終的には沖縄を愚弄することになり、全てのマスメディアから他の政策に関しても執拗なバッシングを受けて引退しました。「宇宙人的」は清濁を合わせ飲む海千山千の政治家の発想ではなかったのです。宇宙はまだ、核爆発や原発事故の放射能に汚染されていない純粋空間なのでしょうか。

 民主党政権の内紛と腰砕けでこんな[護憲論]を書かなければならなくなりましたが、鳩山氏一人の責任に押し付けるのは酷であり、間違いでもあります。「壊し屋」と異名をとって威名を馳せた人物も内部崩壊の大きな、責任を負わねばなりません。

 一方の安倍氏はどうでしょうか。いたる所にもっともらしい理屈をつけて相克する概念を平然と組み立て、事実を事実とも思わないおおらか極まりなく、相手の気持ちを平気で逆なでして、それを追求されれば、柳に風とシカトするか、また平然ともっともらしい美辞麗句で煙に巻く思考がお得意です。改憲と軍国を打ち出して大半の右傾化したマスメディアからのバッシングを未然に防ぎ、不都合は手練手管を駆使して笑顔で隠す。一見宇宙人ではなく名優と映る立振舞いをします。円安、株価・物価上昇、デフレ脱却の立役者として財界が後押ししていることを背景に、得体のしれない経済政策の実現の可能性が大変高いと国民の気持ちをくすぐります。

 思考パタン―の典型を表すかのように、地震と津波で想定外だったという放射能の処理もままならぬ内に、海外に日本の原発技術輸出の行脚に出ました。あまりにも不見識、止めてもらいたいと、これを堂々と批判しているのは、共産党一党だけのようです。四位委員長の発言を朝日がまことに小さく載せていました。唖然とするこの暴挙はまさに神業です。人の心で出来ることではありません。 ハイテクの日本でも原発事故を防止出来なかったという事実を元にして、ドイツが将来原発依存はゼロにすると議会決定したのは周知のことですが、メルケル首相は安倍氏の得意満面とした一連の行動をどう受け止めているのでしょうか。

 [まったくの余談です。若い時にドイツ語をしっかり習得しておけばよかったのにと大いに悔やんでいます。戦後レジームが消滅して日本国沈没の前に、敵前逃亡さながらに、ドイツへの脱出帰化を図るでしょうに、、、]

 組みし難い食わせ者、民主党の自滅による漁夫の利で、向かうところ敵なしの思考は、まさに銀河系のかなたを棲家とする「異生物」の発想です。純情な凡人のそれとは波長はまったく合いません。おかげ様で、反日の[レッテルを貼られながら、面白くも可笑しくもない「護憲論」を展開しています。            

                                                平成25年7月中旬  by hokuto7

 

 平成29年4月中旬追加更新━

森友学園疑惑;教育勅語礼賛の保守イデオロギーを共有する、救いがたいアナクロニズム同類間の、血を血で洗うような、さながら骨肉の争い、真実隠しの水掛け論争、一種の内ゲバの皮肉である。

其処には政治家としての国民への真摯な配慮は皆無で、教育と、政治の無様な私物化の実態である。国有地を、なんと!なんと!8億円も値引きして1億円で払い下げた。政治の圧力皆無で、なんと!なんと![忖度]で実現したという。首相夫人が、怪しげな小学校の[名誉校長]をしているというだけで、なんと!なんと!日本の官僚はそれほどの[忖度]をするのか???!!

さすがに、参考人の立場になれば、眉一つ動かさずひたすら聞いていないと否定を重ねる。善良な国民はただそれを眺めて嘆いているだけである。これで国民の腸が煮えくり返らなければ、

津川雅彦氏の言う、押しつけ憲法で大和魂を骨抜きにされていることになるのだろう。国民に可能な意思表示は、政権の[支持率低下]と総選挙の投票行為である。そのいずれかを実現しえないようであれば、憲法改正の国民投票は政権の思惑どおりである。ここで、日本の[歴史繰り返しのスパイラル]に国民自ら突入することになる。南北朝鮮も何れ統一されよう。70年以上も前と似たような極東の構図になる。

*各種世論調査では、政権支持率は5割を切らない。おそらく、[代わりになる適当な政党無しが主なる理由ではあろうが] 支持率を下げれば、安倍一族は震え上がって土下座をするということが国民には予測出来ない。国会前で集団で叫んでいるぐらいは蚊が刺したほども痛くない。それでも政権は改憲に先立ち、共謀罪=[治安維持法]を通過させる。

 

 民主党からの政権奪還以来、政権の傲慢のエスカレートは止まるところを知らず、ついに国会の場で破棄され化石化した[教育勅語]は立派なものだとして鎌首をもたげさせ世間を騒がせている。

安倍首相も稲田防衛大臣も父や祖父から戦前の体制を日本国のあるべき本来の姿として、まるで子守歌、掛け算くくのように注入されて育ってきた成育歴がある。すでにDNA化してそれから脱皮できず本気でその完全復活と天皇君主・主権者の国体を、必死で実現しようとしている。

 <脱線>安倍一族が憧れている明治日本の体制を、夏目漱石は、あまり気に食わなかったようだ。

[三四郎]の[一の八]にそれが読み取れる。主人公が上京する列車内で、日露戦争の勝利とその後の日本が話題になり、彼が日本もこれからは段々発展するような弁護をすると、向かいの席の人物が煙草を吹かしながら、『滅びるね』と切って捨てる。まだ、登場人物の一語だとおおらかに受け止める時代であったのか。昭和の中頃であれば、多喜二と同じ運命にあっていたかもしれないが、漱石の先見性と明治政府、特に伊藤博文政治への嫌悪感が伺える一言である。昭和20年の戦争終結は、実質的な日本国の崩壊であり、滅びであった。[敗戦]という言葉で簡単に片づけてはいけない。USAの一つの州になっていても決して不思議ではなかった。崩壊、滅びから立ち上がって来たのが崩壊後70年の歴史で、その間の支柱であった憲法を「こんなくだらん憲法はすぐに蹴り捨てよ」があの、多くの女性達、新潮社が崇拝している櫻井よしこ氏である。櫻井よしこ氏は、改憲後は小指に唾をつけ

て国民と政治家を操つる気でいるようだ。楽しみである。人間の面を冠った鬼女とはまさしく桜井よしこ女史のための賛辞である。
                           平成294 17日 by hokuto77
    <目次へ>



































 [侵略戦争否定論]考察


MacArthurの米議会での発言を原文で紹介し 、石原慎太郎氏達がさながら水戸黄門の紋所のように振り翳すキーワードを考察しましょう。段落毎に要点を拙訳で紹介しておきます。

 Strategy against Japan in world war


Senator HICKENLOOPER.
Question No.5:
 Isn't your proposal for sea and air blockade of Red China the same strategy by which Americans achieved victory over the Japanese in the Pacific?
赤化した中国へのあなたの戦略は、太平洋(戦争)で日本に勝利したものと同様か
General MACARTHUR.
 Yes, sir. In the Pacific we bypassed them. We closed in. You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded into 4 islands. It was about half a farm population. The other half was engaged in industry. Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as anything that I have ever known. Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
 This enormous capacity for work meant that they had to have something to work on. They built the factories, they had the labor, but they didn't have the basic materials.
 日本は四島におよそ8,000万の人口が密集しており、約半数が農業に従事し、残りは工業に関わっていた。日本が保有する労働集団は、質、量共に優れており、私が見聞したいずれにも劣らない。彼らは働き、建設している時が幸せだと、日本人が労働に従事してきたある時点から、いわゆる、労働することの価値、尊厳を見出してきた。 *[勤勉な国民性に言及している]
 この労働能力は働くための材料を必要とした。工場を立てた。労働力はあったが。労働の対象となる素材、原料を持っていなかった。
 There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
They lack cotton, they lack wool, they lack petoroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all which was in the Asiatic
basin.
 絹糸を産出するするカイコ以外には固有の資源は日本にはなかったと具体例を挙げている。日本が欠く資源の全てがアジアの低地帯に存在していた。
 They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
若しこれらの資源の供給を切断されれば、日本は、1,000万から1,200万の人々が失業することになるだろうと彼らは恐れた。それゆえに、日本が戦争を引き起こし(継続)した理由・目的は、主としてセキュリティ上余儀なくされたものだったのである。
*some place down the line=at some point during an activity or a process (COD) [somewhere along the line=at some point (in time) (OED)]
*
basin=area drained by a river (POD)
*
dictate=control or influence how something happens (OALD)
*go to war= enter on hostilities (OED) =start a war (COD) =become involved in a war; make war(Longman)
*security=freedom from care, anxiety or apprehension
     
a protection, guard, defense (against, for, from)
    protection from bad things that could happen to you (Longman)
    protection against something bad that might happen in the future (OALD)
[考察]
 文頭で述べましたように、石原慎太郎氏達の得々としたキーワードは当然securityです。ここのsecurityを「安全保障」と表現するのは決して適切な解釈ではなく実態にそぐわないでしょう。9・11同時多発テロ後に時のブッシュ大統領がHomeland Security法を立ち上げたのや、国連のSecurity Councilの場合は「安全保障」でないといけません。これは上記の註では②にあたります。
◎念のため国語辞典で確認をします。改訂を重ねて表現に微妙な変化がありますが骨子は不動です。
 広辞苑:外部からの侵略に対して国家の安全を保障すること。
 日本国語大辞典:国外からの攻撃や侵略に対して国家の安全を守ること。軍事同盟や経済協力のほか中立という方法もある。
 御存じのように、マッカーサーは West Point (陸軍士官学校) にトップで入学し卒業時に全科目の平均点が98点程度という驚異的な成績でした。彼が残している文章や発言の用語は極めて正確です。securityを上記の①から③、④へと敷衍発展した④の意味で遣っていると考えてよいでしょう。そうでないと文脈にそいません。占領後、時が経つにつれて彼は日本に対して同情的になっていたことは確かです。
 「戦争を引き起こした」というマッカーサーの議会証言から、国外からの日本への攻撃や侵略に対してではなく、近隣諸国からの資源の供給が、どこかの国が侵攻してそれを押さえるなどして、cut offが発生する前にsecurity すなわち[生活の安定]のために他国に進軍し、武力に訴えて資源の確保を企てた、ということになります。てっとり早く言えば一種の武力による「略奪」行為のようなものです。英語ではこの同意語がつもあります。如何なる観点から見ても、言語道断で許されないことは明白です。個人の犯罪であれば、強盗殺人として情状酌量の余地は、針の目ほども残されていないでしょう。
 ここで重要なことは、マッカーサーはこの見解、1,000万を越すだろう失業者と家族が路頭に迷わないような[生活の安定]が目的は、日本が戦争を引き起こし惨禍を与えたにもかかわらず、やはり大義名分が立ち、あの戦争は正当なものであったと主張しているのではないということです。ここが大事な点です。A級戦犯とされた東条英機は最後まで正当性を主張したということですが、戦国時代の武将の感覚ではなかったのでしょうか。あるいは根底にアジア諸国の民族を劣等民族と見なした許すべからざる蔑視があったということでしょうか。マッカーサーも彼とまったく同じ考えであったと断定することは到底不可能です。

 断じて侵略ではい、国を守るために開始した戦争だったと、先の大戦をはじめ一連の進軍を、一種の「正当防衛」的なものとしてしかけた戦争の正当性を主張しようというものです。石原慎太郎氏達のように解釈しないのはとんでもない間違いで、勉強不足で反日だと決めつけます。マッカーサーの表現securityだけを盾にして、最後まで「自存自衛戦争」だと、他を異見として睥睨する暴挙暴言、これは善良で良心的な日本国民を、まさに愚弄するものです。安倍氏、橋下氏の場合とまったく同類です。それ以外には受け取れない人は、残念ながら正義感が麻痺してまっているのかもしれません。あるいは、自民党のある女性役員のように歴史の事実にまったく無知か、優しい仮面をつけた極右タカ派の[鬼女]ということです。            

 [平成257 吉日  by hokuto77]  <目次へ>









































         残   雪








 5月中旬のことであった。『このあたりには、まだ残雪が残っています。』


 「ふんー 残雪かー」、久しぶりに詩的な言葉を聞いたなーと感慨に耽っていると、夕方7時代の、そのニュースの最後に、アナウンサーが、先程の残雪は、雪の間違いでした。お詫びいたしますと言って軽く頭を下げた。何があったのかな、確か、「残雪がまだ残っています」と、うれしそうに弾んだ声であったが、、、わざわざ雪に変える必要があるのか。しばらく考えて見たが、残と残るで、いちゃもんがついたのだろうと、1時間ぐらい経って、例の NHK意見受付(0570―066―066)に様子を尋ねた。

 放送直後に沢山の苦情電話が届いたということである。馬から落馬したと同じだ、アメリカへ渡米すると同工異曲等々であったらしい。詩的な感動表現を「敏感な大衆」が否定して、凡な散文にしてしまった。そのすさまじい勢いに違和感を強く抱いた。その違和感は今なお、消えない。NHKの訂正も単純で情けないことだと思った。

 当然溶けて消えたであろうはずの雪がまだ残っている。それを「残雪」と呼ぶ。残雪に対する人々の反応は様々であろう。恨み、憎しみ、辟易もあれば、逆に、憧憬もある。広辞苑をひもとく。①消えのこった雪 ②春になっても冬の雪の消えずにあるもの<季・春>となっている。辞書の定義は常に味気ない。

残の文字を頭につけると、あまり愉快でないものが浮かぶ。残暑、残務、残業、残飯、残念、残忍、残酷、残虐・・・そういう中にあって、初夏に入っても山中の何時までも解けない雪を「残雪」と呼ぶ時、どこか、詩的なイメージが漂う。雪深い土地の人々には、うっとうしい存在であろうが、、、 残影、残像等も、使い方では同様の効果が生じる。

普通の状況では、広辞苑の②の定義に適用している。「NHK紅白の最中に降った雪が、まだ溶けきらない。今年の三が日は底冷えがするなー。」そして、これが残雪かーと思う人は少ないであろう。しかし、5月下旬にも近い頃の雪に出会って、咄嗟に残雪と呼ぶには、それなりの素養が求められる。

 5月下旬の雪=残雪 の等式が成り立つ時、「残雪が残っています」に、何の違和感も生じない。むしろ余韻のある表現である。「まだ残っている」代わりに「まだ消えていない」、「まだ溶けていない」などは、かたぐるしい、気象観測の表現である。

降り止んだのは何時だったのか判然としない5月の山中の雪を見て、驚きと当時に、いずれ消えゆく定めにある雪への思いやりと哀惜の情が、思わず、「まだ残っている」という、まるでその残雪に意思があるかのような能動的な表現になった。そこには、雪への感情移入が明瞭に聞き取れる。この詩的な表現の重みを理解できない。馬から落馬と同等の扱いをして、ねじ込んだ。

その気持ちもわからないではない。丁度、NHKが不祥事等で、新聞や世間の話題になり、視聴者の鼻息の荒い時で、きちんと視聴料を払っているのだから、ちゃんとした言葉を遣わないとは怪しからんではないか、という憤りである。

ダブり表現による強調は、英米文学の世界では常套手段である。言葉の神様のようなあのシェクスピアも、崇高な詩を書きあげた、ラテン語も駆使した詩人ミルトンにも頻繁に表れる。まだ記憶にある人は、dream a pleasant dreamような表現を想起されるであろう。「楽しい夢を夢見た」と言えば英文法の先生からもお叱りを受けることになるが。

 意見受け付けで、久しぶりに、素晴らしい表現を聞いて感動したから、その現地取材のアナウンサーに、自信を持つように伝えて下さいと言っておいたが、果たして伝わったかどうか、、、少数否決であったに違いない。

蛇足の典型を一つ。パソコンの慣用表現度チェック機能で、「馬から落馬」と「アメリカへ渡米」は、青い波線が下線となる。「残雪が残っています」にはそれは入らない。最新のパソコンの盲点を突く斬新さであった。

                              (平成18年 2006)

<目次へ>




































              純   粋

下村 脩氏(80歳)の、ノーベル化学賞受賞の演説要旨(朝日新聞12月12日付)の冒頭に強く引き付けられた。

 「私の話は長崎が被爆した1945年から始まる。長崎の近くの工場で働いていた私はB29の爆撃機が原子爆弾を運んで飛んでいくのを目撃した。その後、爆発によるものすごい光と強い圧力波を受けた。幸いにも生き延びることができ 薬学の学校へ入った。(以下略)」

 長崎への原爆投下から始まる演説要旨に、様々な思いが湧いて来る。下村氏が直接被爆されていたら、[蛍光タンパク分野]の研究開発は大幅に遅れたことであろうなどと、俗な邪推が浮かぶよりも早く、思わず目頭が熱くなった。年のせいで涙腺が緩んだのか・・・、世界に向けられた氏のこの演説の冒頭は、受賞されたノーベル化学賞が与えた影響以上の価値があると思うこととなる。下村 脩先生が、晴れの舞台を借りられて、満を持して反核を訴える手段に出られたとは、とても考えられないし、また考えたくない。むしろ、それ程に、あの原爆投下は、先生の意識の深奥に沈澱し、あの時以来、一時もそれは脳裏、心の芯から離れることはなかったということであろう。仮に原爆の投下がなかったとしても、先生の研究は同じ道を進んだであろう。

 原爆投下を非難し、日本の侵略を批判すれば、時の政治家は渋い顔をする。有力者は辺りを睨みつけるマスコミも「君子危うきに近寄よらず」を実行する。わが社の特ダネとして利益になれば、報道の倫理を問われるほどに見境はないが・・・真に情けない。現代社会のあらゆる弊害の中で、特にマスコミのそれが最も性質が悪いのではないか。かってのマスコミ、今流のメディアがもたらす害悪は、「国民的人気」のタイトルの下で、いずれ溜飲を下げさせてもらうことになるであろう。

 今尚、原爆投下を正当化するアメリカも、日本の先の侵略を正当化する田母神前空幕長も、耳を傾け、目を大きく見開いて、下村先生の演説を聞いて読むべきであったと、彼らへの憤りが湧いて来る。

 この両者には真の勇気がない。原爆投下の非を認めることは、キリスト教の教義に根差す彼等の心の在り様を、根本から否定して覆すことになる。恐ろしい事実を凝視出来ない。投下によって終戦を早め、もっと多くの犠牲者が出るのを防止出来たという理由づけは、理屈は通っても、正当化されて'Hibakusha' 達を納得させるだけの人間的な根拠をもたない恐るべき大罪からの逃避に他ならない。AdamEveが、禁断の木の実を食べて、創造主の怒りをかった比ではあるまい。もう一方の方には、昭和20年8月15日以降の、日本国の国防のあるべき姿を、未来に向けて冷静に構築する知性と勇気が欠如している。

 このように非難さるべき決定的な要因は、「相手民族の存在、人間としての価値を完全に馬鹿にし、それでも飽き足らず、踏みにじった」発想ということであろう。二つのぬけぬけとした考えの根底には ━ 他民族の蔑視が横たわる。恐ろしいことだ。これが存する限り戦争は絶えない。

 
さらに現実的な要因があるだろう。
核戦略上、広島、長崎への原爆投下の非を認めることは、核保有論理的な支柱を失う。それが怖い。耐えられない程怖い。この21世紀初頭に、ある一人のアメリカ人が、原爆投下の人間性に関してマイクを向けられて答えたことは、驚くことに、それに真摯に答える前に、「日本はパールハーバー攻撃をした」ということであった。Pearl Harbor sudden attack への報復として、原爆投下は当然の報復であるとの意味である。これが米国の意識の実態。

 朝日新聞12月16日付の天声人語英語版で、
Pearl Harborでの日本軍の攻撃成功を日本国民はこぞって喜んだが、故加藤周一先生お一人だけ違っていたとある。これで、hokuto77の憤慨が少しは収まってきた。

(下村 脩先生の「演説全文」をネットで検索したが、きちんとしたものは検索できなかった。)

 つい先頃、今年のノーベル物理学賞受賞者のお一人、益川敏英教授の「おもてなしの心」(朝日への寄稿文)を拝読してじんーと来た。益川教授は、この凡才 hokuto77 よりも一歳若いお生まれである。他のメディアにも同じ文面を寄稿されたどうかは定かではないが、一読させて頂いて、感じたことは、科学の分野でノーベル賞を受賞される方々に共通していることは、純粋と謙虚という、本物の心なのだと強く感じた。先生の寄稿文から直接引用させて頂く。

 『ストックホルムで過ごしてみて、私が強く感じたことは、スェ-デンやノーベル財団には、日本のお茶などでいうところの「おもてなしの心」というものが、まだ強く生きているということだった。』益川先生が、英語が出来ないということで、特に財団側から親切な心の籠った配慮をしてもらったと、具体的な例を挙げておられる。そこには、こせこせと時間に追われている我々日本社会と、ゆったりしたテンポの北欧の文化、価値観がくっきりと対比され、それぞれが浮き彫りになっている。
 英語の能力に関して、先生の人柄のにじみ出るコメントがある。これも引用させて頂くことにする.


『・・・英語はできるに越したことはない。・・・周囲の方々とうまく会話が出来ないと、いすに座っていても、お尻が何かこそばゆいよう感じがした。私の場合は、たまたま物理という世界があって、結果的にその世界のなかでなんとか生き残れたということに過ぎない。・・・英語はできるに越したことはない。・・・(省略)』
(色づきや斜字体は 筆者hokuto77 による


 科学分野のノーベル賞受賞者の中に、ノーベル賞を目指して研究に専念している人は一人もいないであろう。それは
益川先生のこの言葉と、冒頭の下村先生の演説に象徴されている。そこにあるのは、科学への真に純粋な心である。ひたすら頭を深く垂れるのみ ━ 生きていて真実の「心」に接することが出来た。

                                 (平成20年 2008)

<追記>
   
<平成26年3月末記す>

 歳と共に年月は過ぎ去った。


<目次へ>










  
         <第七高等学校>
              

   

 嗚呼!惜別 吉田先生  
  <夕暮れの高千穂の峰>


Alas!! Farewell to an Impressive Intellect full of deep humanity and a strong sense of justice and Faith





 吉田千郷先生、聞こえますか、都城泉ケ丘高校、宮崎北高校と続けてお世話になりました、山口県出身の熊野祥司で御座います。先生の御神前に、このように、大変遅れて参いりましたことを、心から深くお詫びを申し上げます。
 先生が[生身の体]を離れられて、御「帰 幽」されました報が突然入り、一瞬言葉が出ませんでした。気を取り

直し、やはりそうであられたかと、宗派を越えて、この世に授かった肉体が消滅する現実は逃れられないのだと悟

りました。この悲哀に耐え抜くことが、ご遺族も含めて、地上にいる者達から、「神」となられました吉田千郷先

生への恩返しだと考えています。


人間至る所青山あり。」と時折耳にしますが、字句どおりに解釈しないで、そこには必ず、血の通った肉体同

志の出逢い、交歓があって、互いの喜怒哀楽に腹蔵なく感応し合える事を指しているのだとしては如何でしょうか。

仏教徒である僕も、霊魂の不滅を信じていますが、二つの魂がテレパシー交換し合う程には、こちらが未だ成

長しておりません。息をしている肉体と向き合って初めて、互いの感情も共有できます。その点に関して、最愛の

ご家族におかれましては、他の如何なる事よりも逃れることの出来ない、取り返すことの出来ない現実として、深

くご同情申し上げます。そして、「」となられました千郷先生の
御霊(みたま)安らかに鎮まられますよう

心からお祈り申し上げます。

 吉田千郷先生、公私にわたって、数えきれない程に、言葉で表現出来ない程にお世話になりながら、そのご恩に

報い、恩返しをすることを何一つ果たさないで、ほんとに長い間、ご無沙汰したままで、ここ高城の御神前でしか

お会い出来なくなり、僕にとっては、断腸の思いひとしおです。

先生が入日をなされて、「神」になられました時に、生憎のこと、里帰りをしていまして、御遺族に直接お会い

して、先生をお見送り申し上げることが出来なかったことを、心からお詫び申し上げます。最愛の御家族のために

、病魔と壮絶に闘っておられる時に、
ご令息郷志様から、ご容態をお聞きするだけに留まってしまい、直接お見舞

いに馳せ参じることをしないで、ご無礼の連続を致してしまいました。今となっては、只管お詫びを申し上げるこ

としか出来ません。どうか御心広くお許し下さい。

50年前になります。都城泉ケ丘高校に在職中の二年生学年会で、先生と初めてお会いして、知性豊かで、才気

煥発なお方だとの印象をお受けしました。その時のいくつかの、先生ならではのご発言が、今でも耳に響きます。

時折艶めいた軽妙洒脱で、嫌みが残らない諧謔も飛ばされました。

謙虚で気さくなお方だと憧れました。酒が入れば、気楽にカラオケも歌われました。先生は御母上思いで、七校

御卒業と同時に、「母の気持ちを汲んで、旧帝大への進学後の将来を封印して宮崎の高校教員になった」と一言も

らされた記憶があります。長州出身の僕には無い、薩摩藩士ならではの、どっしりされた威厳、風格が自然に滲み

出ておられました。先生が村長役で、泉ケ丘高校恒例の当時の夏季教育キャンプでは、生徒達と飾らずに接するこ

との重要性を暗黙の裡に示唆して頂き、その後の生徒指導の指針となり、教師としての自信を付けさせて頂きまし
た。

何年か経ち、偶然か、運命的なものか、新設の宮崎北高校で、吉田千郷校長の下で働く機会が巡ってまいりまし

た。先生に任命して頂いた一年学年主任の時に、男女生徒が手を取り合って飛び降り心中という、あってはならな

い悲惨な事件が発生しました。高校生の心中で暴露趣味、売らんかなの週刊誌の格好の餌食となり、連日連夜取材

の記者団に対して、吉田校長は教頭とスクラムを組まれ、責任は一切校長にあるとして、あくまでも毅然とされて

理路整然、己を閉ざしたまま不憫にも命を絶った生徒達の尊厳とご遺族、学校の名誉のために一歩も引かずに対処

されました。学年主任の立場にありながら、何一つ先生のお役に立てず、ぎっくり腰を患っていて、逆に足手まと

いとなり、為すすべも持たない自分を情けなく思いながら、先生の不退転・不動の御姿勢に、深い感銘をお受けし

ました。その時の状況は、つい昨日のように思い出されます。

鹿児島第七高等学校で、教養としての哲学心と、化学者としての論理性と、透徹した眼差しを身に付けておられ

ました。しかし、教師、管理職、家庭人としての生活、お人柄は、
文学に例えれば、漱石の「高踏的余裕派」

の一語に尽きると思いますが、昭和の激動、激変を全力で誠実に生き抜かれました。

 見事な人生であられたと御尊敬申し上げます。

御勇退後に発症した癌からの御生還に敢然と挑まれ、郷里高城での農作業に従事されながら、一足先に旅立たれ

ましたが
、松元昭己先生達と毎月1回定例の懇談会を愉しみにしておられました。それを知りながら、晩年の先生

と頻繁にお会いして盃を酌み交わす事もかなわず、たくさんの心残りを抱え、後悔の連続です。吉田千郷先生にお

会いしました最後の面影は、北高の後援会解散式でした。故人となられました
初代校長、長尾典昭先生と並んで静

かに歓談されていたご様子です。長尾先生は胃癌だと言われながら、ぷかぷかと煙を吐いておられ、一方、吉田先

生は、きっぱりと禁煙しておられました。

吉田先生、いつまでもいつまでも、小生のような未熟者が現世を生きる、心の支えになって頂きたかった

です。言葉足らず、意を尽くしませんが、これで、吉田千郷先生をお送り申し上げる詞とさせて頂きます。

最後に、拙い詩で御座いますが、受け取り頂ければ、幸甚です。
          

   献上句:        蝉しぐれ 信念 伝う 余韻哉    祥風   

 献上歌:  
     <日本神道神棚>
 温かく 恩施され神ならる 君を偲びつ 繁く拝まむ  祥風詠

      <目次へ>






































               
  忘れえぬ情熱の絆  

  Hokuto77

 

運命のいたずらで、県立富島高等学校の周年記念事業に関わることになった。その後十数年を経て、当校は百周年を迎えている。衰える記憶に逆らいながら、今の内にと、限られた範囲は止むを得ないが、当時を思い起こしてみようと思い立った。

 
記念事業では、足を向けて眠ってはならない方々、眠ってもいいが感謝の念を忘れてはならない方々等々、当校の歴史における人間関係の貴重な厚みが浮上してくる。不思議なものだ。天下に名を馳せた名門どころか、ごくごく平凡な存在であると言うのに。学校が社会へ与える貢献度が理解出来る。

 
皆で行けば怖くないと、メディキット株式会社の、中島弘明社長に面会を申し入れ、さながら労使間の賃上げ交渉然として、連れ立って事業遂行の資金不足を説明させて貰い、途方もないお願いをして快諾を頂くことになった。その場面は、参拝者全員に鮮明に焼き付いている。図に乗って当校のOBとしての記念講演まで押し付けてしまう。まさに、小人度し難であった。ご迷惑への謝意と感謝の申し上げようがない。明治期の事業家によくあったことだが、深い郷土愛から地方創生に、平成の今、支持率ばかり気にする凡庸な政治に先立ち、尽力されてきた。当校と日向地区が誇りうる、文字通り、未来に向けての偉大なる先達であられる。

 
事業経営で多忙な中、梶原建設クレーン社長、温厚不動の梶原万次前会長から、PTA会長という重責を引き継がれた株式会社創英開発代表、黒木英博氏の当事業への貢献は言語を絶するものであった。配下を束ねての募金活動、美的観点からの記念碑選定等々事業のハード領域に留まらず、関連するソフト面でも斬新にして大胆な示唆をされた。筆者などの拙いカラオケに機嫌よく付き合い、ストレスを解消させるなどは、正に超人技であったと思う。当校の女性OBのお歴々も存分に活躍可能な空気を醸成されたのである。
 
当時の同窓会長、日高培郎氏は、温かい母校愛で終始全体を見守り、滋味溢れる笑顔で激励をされたものだ。大人の風格であった。事あるごとに傘下の施設の便宜も図られる。記念事業の実行委員長三浦雅典氏も常に大良かに受け止め、先輩諸兄への長幼の序は頑として守る方であった。

 
同窓会の地元外組織、関東、関西、方々に散らばった支部組織は、その地区の取りまとめ役を中心に結束し、郷愁を駆り立て母校愛の盛り上がりが達成された。 日高会長、三浦実行委員長に付いて各支部を訪問し、やがて限定された学科出身のOBだけになっていくだろう組織の、若い世代へのスムーズなバトンタッチを祈ったものだ。若い世代の意識を育てるのは世間の荒波だけではなく、老いゆく者の責任でもあろう。

 メディキット株式会社の中島弘明社長同様、新名 野野球から薫陶を受けられた野球部OB、積極果敢、冴え冴えとされた硬軟万能、株式会社建総の設立者 橋口満も有形、無形の援助をされた。今ではご冥福をお祈りするしかなく、痛惜の念に堪えない。上記の方々の当校へのスクラムは鉄壁の要塞であった。

 
当校の内外を問わず、時の周年事業に携った全ての方に共通する最強の動機は、これが明日への大きな一歩になってくれよとの願い、意気込み、何としてもの切ない程の使命感であったとして的外れではない。

 エピソードが浮かぶ。ある学科の全国大会で秋田市に降りていたが、式典の二三日前から秋台風が秋波を送って言い寄り、用意万端で無い状況に彼女が同情!?関係中学の諸氏から日頃の生活態度の悪さだと強いお叱りを被る。県立の諸氏は、やれば出来たはずだが。被害は僅かでも、天災の被害の中でのお祝い事は避けた方が、後々のために良いだろうとの衆議で、彼女の色香に迷ったのではない。

 
乏しい予算、それだけでエピソード的だが、記念誌は豪華に、分量の貧弱は苦渋に収め、中身、編集、装丁に不屈の愛校心で全身全霊、他の追随を許さないセンスが発揮されることになった。仕事は郷土のためを念頭の水口博英には感謝の極みである。

 
身内を褒めるはタブー。事務局は手際よく予算を編成し帳尻が合えば事足ると単純に割り切れない面がある。配分の多少は教育活動に直結、従って諸般の実態を把握し、各教員と円滑な人間関係を保ちながら事に当たらないと血が通わないであろう。それだけでも想像を超える難事業。県広と言え、その数は僅かだと思われる。率先垂範・臨機応変、教員・保護者から全幅の信頼を得、尚且つαを実現した方がおられ、α記念事業の要、見事に兼務されたOB羽島 雄 事務長がそのお人である。槍術指南役の系譜、南洲の風格、片や毛利貧農の末裔:厄介ごとの度に、薩長連合だ、いや長薩だと乗り切っていた。当然ながら、αに関し、羽島の手足となり懸命に助勢したOB技術員西澤幸子女史の厚い貢献なくしては実現しなかった。

 身内の福良 眞、柏田數利お二人のナンバーツーからは、当校のOBでもあり、周年事業に関して、よそ者の筆者に、きめ細かい側面援助を差し伸べて貰い、例のナンバーツーとしての職務も見事に果たし、やがてお二人は、時の教務主任、前田 徹氏も含め、立派なトップとして実績を挙げられた。

 
トップ最大の責務は、生徒が半世紀の歴史を持つ学園で学ぶ意義を自覚し、怠惰を払拭、自信をもって将来に向けて実践躬行し得るか、その為の指導の具体的な展開に全員を束ねるこ。 当校改善の引き金にもと、一石二鳥を狙う:二羽揃って秋の夕暮れへ飛び去る不徳と鼎の軽重を問われる痛切な反省が残った。

終わりに
 
この十数年間は実質五十年に匹敵する、生徒の学習、部活動、進路実現を中心に充実、発展が顕著で、並々ならぬご努力に深く感銘した。
 
前身校は、体制が軍国化する以前、北部一円に計り知れない役割を果たし、北部の雄であった。
 一世紀
の外套を纏うからには、前身校に誇りを抱き、相応しい風格、時流に揺るがぬ懐の大きい校風、真実を見ぬき、本末転倒の弊に陥らない
堅固な気節と感性豊かな進取の気風を育む: これまでの指導実績を途絶えることなく積み重ねることだろうか ━ 新しい出会いと薫育が必ずや次なる創造を生であろう。
      
登校の益々の発展を祈念する。



  秋空へ 百年校歌 染み渡る

              祥風
 

Hokuto77

<目次へ>



































 
   奇妙奇天烈な理屈

「もはや元には引き返せない」
[age of no return]

  今上天皇生前退位 
 

by Hokuto77

 拙文[忘れ得ぬ情熱の絆]は、記念誌への寄稿文でしたが、誌編集部からの依頼ではなく、単なる思いつきのため、『智に働いて、情に突っ張った』理解しにくい理由で不採用となりました。年のせいか、おおらかに受け止めておけばよいものを、未練がましくも、訪問者の極少のサイトなら無害だろうとて、アップロードしたもので、通読頂いた方々へ深く感謝申し上げます

 「
奇妙奇天烈な理屈」で浮かんだことは、現政権が『初めに、、、ありき』で、国民の声が少なからずあろうが、議席の数で国会を牛耳っている現実に似ている、ということである。「国民は何故反対するのかな?」「総理、それは法案の目的が良く理解されていないからです。分からないことに反対するのは間違いではありません。決めさえすれば、いずれ理解し賛同しますよ。国民の関心は経済・景気だけです。兎に角、食えさえすればよいのです。如何にも食えそうなアベノミクスでよいのです。

 意に沿わない異見は歯牙にもかけない姿勢が、トップの率先垂範で以下同文に動いて行く奇怪な民主主義が誕生した。各分野での立派な貢献者も、ふとしたことで政権に辛口を発すれば、叙勲や褒章から外されかねない。批判的なマスメディアには強力な、経済制裁 企業のスポンサー停止等 の圧力を掛けかねない。これは
絶対君主制、いわゆる完璧な封建体制である。

 ・ところで、異見に聞く耳持たないのは何故だろうか:健全に発育して知性と教養を身につけ民主主義を体得した大人ではなく
、異見を常に自分への攻撃と受け止める幼児性のままである、ということであろう。
 最末端のユニットに数人いて、反論は出ない。全国津々浦々、田舎の名もない、小さな高等学校にまで。これこそ正に
、麻生流ナチスの手口の結晶である。手口の浸透がここまで来たからには、憲法総入れ替え・国民投票は赤子の手を捻るようなものであろう。

 
初めに、、、ありきでスタートすれば、命がけの反論は出ないようだ。芭蕉や蕪村も、呻吟して閃いた俳句の最終決定までには、弟子達の異見を取り入れながら何度も推敲している。世に名句と言われている句ほどそうである。皮肉なことだ。異見の価値が文芸などに限ったものでないことは自明であるが、必ず例外の反論が出るのが正常である。当然のことながら、例外だけを普遍的な真実と思い込むのもどんなものかとなるが。
 いずれにしても、日本は [ナチスの手口] の前では、いとも容易くその軍門に降り、文字どおりに愚衆化した。マスコミを筆頭にして余りにも脆い、
踏み止まるべき民主主義の砦が最初に総崩れした。この現象に日本の未来へのシンボリックな物を感じざるを得ない。お先真っ暗であり最早、元には引き返せない。さながら水の流れのようである。

 悲しいことに愚衆の先達は、戦後処理・太平洋戦争への総括を根本的に誤った。むしろ現実は、総括らしき物さえ行われなかった。代わりに[
自存自衛戦]を前面に持ち出した。真に猛省自決すべき対象は、東京裁判のAB級判決を逃れることに懸命であり、老獪に逃れて後に総理になった限りなくA級に近かった人物もいると言われているらしい。従って先の大戦の敗戦の意味と齎されたものの真価が、本当に理解できていなかった。
 一億玉砕を掲げてまで戦った
[勝戦]ではなく、想像もつかない、とんでもない、押し宛がわれたものだった。ひたすら、「負けた」「負けた」だけが頭を過り、食うために命がけで動いた
軍国のファシズムが日本国民に与えた、言語を絶する弾圧と苦悩に関して、今の政治家で実態に即して言及する人物は皆無に近い。語り継がれてこなかった証明である。その時代に帰ろうとする気配が濃厚でさえある。
 
 今なお食べることの保証がすべてに優先する。決して豊かな国ではない。それほど現実は厳しい格差を抱え込みながら、政権の責務だとは真剣に受け止めない、それでもその政権に縋り付く。そこが、富裕なインテリ層の格好の餌食となる。

*<敗戦参考>
 小学校時代(お二人)、中学校時代(お一人)の校長が全校集会等で、それぞれ涙を流された情景が弱ってきた筆者の海馬にも鮮明に焼き付いている。敗戦に至った無念と将来への悲観。そういう印象であった。
教員として国家に騙されていた、教え子を沢山戦陣に散らした取返しの付かない悲しみ。
 児童生徒の保護者には戦死者が多く、生活も不安定で、遺族への悔みと労いもあったのであろう。特に敗戦への口惜しさ・
無条件降伏が際立っていたように思う。涙を拭うことなく棒だと下された校長もおられた。お名前も鮮明である。入学が終戦の翌年だったので、その雰囲気は全国の学校に存在したことであろうと想像される。話を聞いた親たちは、立派な校長だと褒めた。

  今上天皇と美智子皇后とのご成婚を契機に、
敗戦で押し付けられた憲法象徴天皇の下での平和と繁栄の期待感が徐々に国民の間に広まっていった。昭和30年代初頭の高校時代の校長(お二人)は敗戦には言及されなかった。しかし、その当時すでに一般大衆の関与しないところで、「戦後レジームの脱却」は目論まれていた。その執念はまさに倒幕運動を越えるものがある。独逸、伊太利の大戦への総括とはまるで無縁なスタートであった。

  経済的なゆとりのインテリ層(日本会議)は、一部宗教(神社本庁)と連携し、”
押し宛がわれた自由を逆手にとって敗戦の復讐: 旧体制への復帰を陰湿に目論み続ける。彼らが満を持して仕掛けてきた罠に、愚衆は簡単に捉えられ、それが今回の参院選であったとしても、あながち否定出来ないであろう。

 
共通している項は、国民への愛の欠如である。国民への愛が無ければ他民族への愛も欠如する。憎悪感覚・ヘイトスピーチの蔓延は、仕掛けられた一種の陽動作戦勘ではないかと皮肉れて勘ぐっても非難は受けないであろう。
 
 思想信条上の
[反日] という仕訳がネットを主に、堂々と罷り通り始め、憲法を擁護し、自民案を批判する如何なる学者をも、 [反日] に仕訳して葬り去ろうとする。
政権も自分達にケチをつける輩として嫌悪感をあからさまに露わし、マスコミを扇動して外圧を加える。繰り返しになるが、唯我独尊政治家の幼児性に呆れざる、開いた口が塞がらない。

 何故か国民の多数がそれに違和感を抱かない。スマホや、タブレット端末に没頭し、時は刻々と無情に過ぎて行く。何をしても自由ではあるが、[次第に9条への国民の緊張感は緩んでいく]
  経済的なゆとりのインテリ層には政権を支えるブレーンが多く含まれている。
 ここまで来れば、日本国はもはや引き返すことは出来ない。戦後レジームは完膚無きまでに破壊された。
 
[
破壊の手段が投票形式で投票者は国民であったことを忘れてはならない。最後にその責めを負うのは、愚衆なるが故の国民である。]

 そこに一つだけ回復の手段が残されてはいるが、、、それを目がけ実現するのは並みの手法と団結では不可能で、確率は限りなくゼロに近い。
 最初に安倍氏の「[政治信条・目標表現]を耳にしたとき、マスコミや評論家は今を脱却して一体何処へ行く気だろうなどとのんびりしていた。9条維持が9割り近く存在したことも原因であろう
。行き場は昭和20年8月15日以前の日本へ戻ることである。そのことは表明の時点で歴然としていた。
 
 野党やリベラルインテリが、それに対抗して直ちに戦後レジーム継続の将来的ビジョンを明示しなかった。その必要性さえ認識しなかった。9条さえ守ればよいと場当たり的に考えていた。それだけでは政治にはならない。その点では目的意識の強い安部氏の方が他を遥かに凌駕している。壊滅の原因は国民が愚衆だけではない。高次元での怠慢があった。
 当面の考察では[象徴][国家元首]に、[個人][]にする。アクサダイレクトも言っている、[どんなに似ていても、人間は一人一人違う!] 押し宛がわれて根付いた 戦後70年の理念である。これが現政権にはどうしても許せない。[押しつけが許せないのではない] その中身が一言一句気に入らない。
 根拠は、太平洋戦争は日本の侵略行為ではないとの強い一人よがりの信念である。自存自衛と植民地の開放独立であって、
国際世論と被害国の発する[侵略行為]にはまったく貸す耳を持たない。軍国主義のファシズムが猛威をふるい国民を地獄に落とし込んだことは最初からインプットされていない。この点は、日本国民への天からの応報と言える面があるかもしれない。

 安倍首相が異見を聞かない姿勢は国外に向かっても徹底している。自分の我は、途上国へ血税をばらまいて緩和しようと惜しげも無い。被害相手の訴えは頭に入らないから、植民地化してレベルを上げてやったんだぞ、、、!
  最近、今上天皇が明治以来の日本の戦争への過程と結果をしっかり勉強するようにと、国民に直接再三呼び掛けられたが、完全無視、国民も多くが無関心。これほど不敬なことが一体どこにあるのか。
 敗戦と同時に天皇制は廃止されるべきだったかもしれない。

 
マッカーサーは心根の優しい軍人であった。日本民族の当時の心情を汲んだ。これは彼の英文文面から明瞭である。安倍総理も天皇制の存続を望むのであれば、人間としての天皇への敬意を徒や疎かするべきではない。専制政治に利用しようなどは、万死に値する不遜である。

 遂に天皇が先手を打たれた[象徴]としての[任務を完全に遂行する]ために現皇太子への生前退位を望むと表明されたそうだ。真意は、[国家元首]への拒否であり、「平和の維持存続」への強い意志表明である
 
メディアを先頭に多数は、皇室典範の変更や、憲法違反ではないか、元号がどうのこうの、皇太子が存在しなくなるがと、枝葉末節ばかりを気に掛けて右往左往したが、胸に一物の人物は当然のこと、ピンときたらしく、「コメントする立場ではない」とマスコミを軽く退けた。当然マスコミは二の矢が継げない。情けない。何故に気骨が無い。

 
美智子皇后との恋は[象徴] であるが故に芽生え、成就し、国民の心からの、オープンな祝福を得たものであった。マッカーサーは、日の丸は[象徴]としてはためくべきだと吉田 茂首相に次のように伝えた。残念ながら知る人は微小である。この国旗をして個人の自由、尊厳、寛容と正義に基づく新しい恒久的な平和時代が日本人の生活に到来したことを意味するものとしてはためかしめられたい。』又、常時掲揚場所に関しては、『日本国旗が立憲政府の三主要部門を代表する国会、最高裁判所、そして総理大臣官邸の構内および屋上に、かつまた国家、国民統合の[象徴]としてのビジョン憲法上の[役割を演ずる天皇]の住居の構内および屋上に心おきなくかかげられるために"---"と伝えている。伝えた原文は法政大学に保管されている。

 仮に
美智子皇后[象徴]のままであり続けることを希求しておられるとすれば、個人的な感情からだけでないことは言を待たないであろう。そうでないとしても、ご本人の意思は、孤独な熟慮の末に定まったものであることは明白である。マスコミ上での表明については、当然、政権との協議があったであろうが。
 
 自民党の考える
[] は、十把一絡げで人であり個を喪失した存在で、無生物の物との対比に過ぎない「人」なのである。其処では人工知能と政権に振り回され、あの厳しい戦前・戦後を生きてそれなりに繁栄してきた人間ではなく、ロボット化して物である。
政権が望む憲法を、最高位の専門家が冷静に分析された結論は、そこには恐ろしい専制政治が待っているとある。印刷発行されたが、間もなくその本の存在が曖昧然としてきた。出版社へ何かが動いたのであろう。そこでの政治は戦前の軍国主義を更に凌ぐもののようだ。
もはや引き返すことは出来ない。

 
 ここまで来て振り返り、これらの論法もまた自画自賛で、負けず劣らず奇怪なものだ思っていると、ふとある記事が目に留まった。[奇怪な理屈]の同類である。
 
 "集団的自衛権の行使容認は違憲だとする憲法学者らの議論の中で、安倍内閣への批判を交えた元最高裁判事の論文を、法曹関係者でつくる財団法人・日本法律家協会の機関誌が掲載しなかった。" 協会は理由を「予定されている特集テーマに直接関連しない」からだと説明するが、元判事は「理解不能」としており、協会を退会した。“---”                     (朝日新聞2016821 日曜日10版より抜粋)

hokuto77愚考
 安倍内閣への痛烈な批判の部分を、当協会は御用組合然として「良し」としなかった。権力への媚であり、つまらん保身である。アンチデモクラシーが益々増長する。要するに国民の側の自滅の好例である。

 追記:
               毎日新聞 8月8日ビディオ版からの抜粋

 生前退位の意向を持たれている天皇陛下は(8月)8日、象徴としての務めに関するお気持ちをビデオメッセージで表明された。高齢に伴う「身体の衰え」を考慮し、「全身全霊をもって務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じている」との思いを明らかにしたうえで、高齢化への対処の仕方として公務を限りなく縮小していくことには「無理があろう」とのお考えを示した。「天皇は国政に関する権能を有しない」との憲法の規定を踏まえて制度に関わる具体的な文言を避けつつ、退位の意向がにじむ表現となった。
 ビデオメッセージは同日午後3時に公表された。
 「憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません」と改めて述べたうえで、象徴天皇の務めが途切れることなく安定的に続くことを念じるとし、ご自身の気持ちについて「国民の理解を得られることを、切に願っています」と締めくくった。

    *お気持ちの題は「象徴としてのお務めについての天皇陛下のお言葉」。

    *即位以来、象徴天皇としてのあり方を模索しながら過ごされてきたことを振り返った。

  ・象徴としての~」を、天皇が繰り返し遣われている単なる繰り返しによる強調表現なのか。これを

 大向こうはどう解釈するのか楽しみである。少なくとも御存命中に、国家元首への強引な採決は無理であろう。

  今上天皇は国民一般大衆が、日本史上初めて自分達自身のために奮起するのを待っておられるのかもしれない。

    by hokuto77
           <目次へ>






























   

田舎の値打



 

 郷里の住まいの近くの男性が、80代の初めまで黙々とお元気で農作業などに取り組んでこられたが、ある年齢に到達されたところで病魔に冒されていると判かり、医師から、後1年ですとの宣告を受けることとなられ、大変お気の毒なことにまるでその宣告を果たすかのように1年後に他界された。大往生であったという。
 故人のお通夜からの帰りにふと、拙い内容になるだろうがご遺族の承諾が頂ければ、明日の葬儀でお別れの詞を述べてはどうだろうかとの思いが募り、実現することとなった。
 葬儀の司会進行とそのアシスタントのお二人から出棺後に、思いがけずお礼とお褒めを頂戴した。私事で後日、お寺に参内した折に思いがけなく、葬儀で読経されたお二人の僧職からも過分なお褒めと慰労の詞を頂戴して大いに恐縮することとなった。その後色々思いを巡らし、故人のご冥福をお祈り申し上げる意味で、hokuto77の拙いホームページに掲載することに決めた。
                      (尚、故人の生前のお名前は、こちらの判断で仮称とさせていただいている)

     

                        お別れの詞 ( 春木 秋次さんへ)

 誠に僭越ですが、一言お別れの言葉を述べさせて頂きます。
 
 春木 秋次さん、あなたは不言実行の方で、理不尽な事には厳しく対立されましたが、温厚で篤実なお人柄でした。
農作業に全身全霊打ち込まれ、野菜に深い愛情を注いでこられました。何時も谷川をきれいにして、清流のせせらぎを大事にされ、道の落ち葉もリサイクルで畑の土に返し、道沿いの石垣の草もこまめに刈り取られて快適な環境の維持に尽力されました。
膝を庇いながら、黙々と作業されていたそのお姿が脳裏から離れません。
 
 春木さんとは、肩をたたき合い頻繁に会話を交わす間柄ではありませんでしたが、ある時、あなたが言われた一言に、深い感銘を受け大きな喜びが湧いたことを、最後の場でご紹介させて頂いて、あなたのご冥福を心からお祈り申し上げます。

偶然、二人で坂道を登っていました。九州でも、こんな坂道を登ったり降りたりしているのかと尋ねられました。遠慮して、平凡な道ですと返事をしました。すると、春木さんが、坂道は大変だがこんなにいい所は何所にも無いと、言われました。響きが明るく重みがあり、春木さんご自身の実感だと肯けました。自分の生まれ育った島の過疎地に、萩のご出身の春木さんから最高の賛辞を頂き、これほど嬉し事はありませんでした。月日が経ち思い返して見て、あれは若しかして最愛の奥様のことだったのかとも勘ぐりましたが、 [こんなにいい所は何所にも無い] この一言は、春木さんの日常の行動の全てであり、哲学なのだと、目から鱗が落ちる思いでした。

 自然との共生;口にするのは簡単で、実現は不断の努力を要します。春木さんはその努力に傾注されました。過疎化が進み、田舎を見捨てざるを得ないまでに放置しておいての地方創成;組織を作ったり、血税を配るのはたやすいでしょう。春木さんが貫かれた哲学とその実践にこそ、地方創成と、地方の在り様の原点があるとしても決して言い過ぎでは無いと思います。
 立派な方でした。もっと長く留まられて、田舎育ち、田舎暮らしの者への道標であり続けて欲しかったです。

 
 西方浄土にも、 [こんなにいい所は何所にも無い] そのような場所を、春木さんが必ず創成されると信じ、意を尽くしませんが、ご冥福をお祈り申し上げてお別れとさせて頂きます。有難う御座いました。

                               [平成27年 夏 hokuto77] <目次へ
                     
 






































 
       追悼 人生 開花期
   
斎藤睦明さんを送る詞

 

 




  八月中旬の暑い日に 幼少時から随分お世話になっ

直ぐ上隣りの、斎藤睦明さんがご逝去された。

ご遺族から
訃報を知り、お通夜に参列させて頂いた。

読経の後に、ご住職
からご遺族への肉声が無かった

ため、喪主に弔辞のようなもの
を依頼しておられるか

と厚かましくお尋ねし、特に無いとのこ
とで、明日の

葬儀までに間に合えば、拙いだろうがと拝読させ
て頂

くことになた。







 斎藤睦明さんを送る詞

  睦っちゃん!聞こえますか、すぐ下の熊野の祥ちゃんです。貴方は、、海や山の大自然と、人と

人との繋がり、人間関係を大切にされる方でした。それなのに、どうしてこんなに早く旅立ってし

まわれたのですか。最愛の桂子さんも、孝ちゃんも、美沙ちゃんも、ほんとに悲しんでおられます

 今直ぐ戻って、そこから起き上がり、こちらに来て下さいませんか。


 睦明さん、貴方は、新制中学校卒業後、直ぐに日本専売公社社員として、一筋に定年退職まで活躍

してこられました。そして年月と共に、学生時代には眠らせておいた多彩な才能を、満開にされま

した。花開いた分野で、いずれも指導的な役割を発揮されて、周囲の人々の生活の潤いに貢献して

こられました。特に、趣味のカメラでの、写真撮影でフイルム現像DPEを、すべて自宅で行い、

生来の優れた感性を存分に発揮して多くの受賞をされ、カメラ愛好家達にライバル意識を掻き立て

る羨望の的でした。

被写体は肖像画の他にも、花や木や、海、山、周囲の自然が主な対象でした。写真道楽は金食い

虫だとも耳にしますが、更に睦明さんの場合は単なる道楽を抜け出て、アートの領域に達しておら

れたと僕は確信ます。才覚に加えてプラスαが求められるレベルです。 やりくり算段にご家族の

忍耐とご協力無しには成立しなかったことです。
“睦明さん聞こえますか。来世でも、ご遺族

への感謝は忘れないで下さいね
。”

写真芸術だけではなく、向島周辺の海で、旬の釣の成果もたくさん上げられました。近所にも配

られました。また、後年、グランドゴルフでは、生来の運動能力を存分に起動させて、グループリ

ーダーとしての存在を確立されました。二人の子供さん、孝二さんと美沙子さんを、愛妻桂子さん

と二人三脚で育て上げられ、お二人は立派な社会人として活躍しておられます。父親としても見

事な人生でした。僕は自慢に思います。

終戦となって、空襲警報や機銃掃射が無くなり、世の中が落ち着いた頃、毎日のように、NHK

「尋ね人」の時間が終わると、陸っちゃんの家に上がって行き、遊びに来ている、貴方と同世代の

男友達と蓄音機のネジを巻いて、流行歌を聴いておられる場所に招いて頂き、今、喧嘩してきたば

かりだという友達仲間の話にも、耳を傾けさせてもらいました。僕にとっては、兄弟は、ずっと年

上の姉二人だったので、陸っちゃんは、長い間、兄貴のような存在で、憧れでした。突然の旅立ち

を、本当に無念に思います。

西方浄土は広々としており、リーダーとなられて千の風で吹き回りながら、ご遺族と後輩の私達

を見守り、慰めて下さったり、グランドゴルフを心行くまで満喫されることを強く祈っています。


 来年の、新盆の盆踊り大会には、忘れずに戻って来て下さい。向島小学校のグランドで心静

かに向島踊り
「♬さーはーはーれー」を歌いながら踊りましょう。僕も宮崎から来ます。

意を尽くしませんが、これをもちまして、敬愛する斎藤睦明さんへの、お別れの詞とさせて

頂きます。睦明さんさようなら。ご冥福を心からお祈りいたします。ご清聴ありがとう御座い

ました。

                            平成30年820日 熊野祥司
           ・ 友送り 帰路に哀しき 虫一つ 祥風 [あかり4へ]    <目次へ>


























































           



 アナログおっちゃん アンチAI 退屈小説



 五月雨無情 高沢圭史 (hokuto77)   

 章 目 次

  第一章   第二章   第三章   第四章   第五章   第六章   第七章    第八章

























































(一) 



 
        
          

山茶花の生け垣で鳴く鶯が、朝の静寂を貫いて久しぶりのシジミ汁を飲み終えた勝彦の耳に、冴え冴えと入ってきた。

 「もう何年になるのかな。」 「何のことですか。」

 「うん、山向こうへ最後に出かけてからだよ。」

「ずいぶんになりますわよ。あの子の手術の日以来ですものね。」 

道子の言うとおり、やはり一昔も前のことだったなと、勝彦はゆっくりと箸を置いた。

 「山向こうの町では、今年の桜もそろそろ見納めではないだろうか。」

 「田所の清子さんもそう申しておりましたわ。でも、貴方、一体如何なさったのですか。突然山向こうのことを

おっしゃるなんて。」

 勝彦夫婦が住んでいる村に春の訪れは遅い。山向こうの桜が散り果てた頃、ようやく蕾が赤みを帯びて膨らみ始める。特に

、夫婦で大切にしている
ワラビと蕗の伸びは、山向こうのタケノコより半月近くも遅れてやってくる。

 「お隣の辰吉さんのことをお聞きになりまして。」  「辰吉がどうかしたのかね。」

 「あら、やっぱり、ご存知なかったのですね。東京で入院なさったそうですよ。」

「まさか、そんなことはないだろう。辰吉は山向こうの町で息子達と一緒のはずだよ。」

 辰吉がこの村を出てからも随分になると、勝彦は、小柄な辰吉の、日焼けした精悍な丸顔を思い浮かべた。相変わらず、早

口で話しているのだろうと想像した。

 道子がお茶を注ぎながら付け加えた。「貴方、どうもそのまさかの方らしいですわ。その息子さん達がここではだめだ、ど

うしても東京へ出ようということで、辰吉さんも一緒に行かれたそうですよ。手術が難しいらしくて、お気の毒ですわ。」

恐らく、神武景気のおこぼれを当て込んでのことだったのだろうと、太い眉で眉間に皺を寄せながら、彼の息子達の気持ち

を、勝彦なりに汲んでみた。
噂に慎重な道子が言うのだから、辰吉の入院は間違いなさそうだ。何時の間にか庭の鶯が場
を変えていた。

 「辰吉は癌などに掛る男ではないから、そうこう言うてる内に、退院したという吉報が届くんじゃないかな。」 

「それが貴方、癌だそうですよ。」
勝彦はちょっと耳を疑ったが黙っていた。

 

この村で勝彦と辰吉は、それぞれ小作人の親の元で、同じ年に生まれた。南方の戦線でも、最後は同じ部隊に配属され、運

よく生き延びて、フィリピンからの“
帰り船”も同じであった。竹馬の友であるはずだが、することなすこと、反対の方向

を目指していることが多かった。

復員後直ぐに、占領軍による、敗戦後の民主化を目的とした、大胆な農地改革で、戦前の及び腰の法律では、おいそれと

は実現しえなかったであろう、搾取される小作人の身分からの解放と、独立した農家としての地位を得た。耕地の規模に応じ

て、自己判断で他の職種との兼業、兼務さえも可能になった。
 


敗戦という不名誉と苦悩と、数えきれない犠牲者、多数の戦没者を代償に、勝彦と辰吉が得たものは大きかった。しみじみと

思う
. 戦争しないという安堵感と自由 ━ 地獄のジャングルで不本意に生涯を閉じさせられた戦友達を思うと、胸が張

り裂け、生き延びた申し訳なさが先立つ。
この強い情念を, 辰吉も共有しいることで二人は繋がっている。

親の後を継いで、二人とも農業で細々と生計を立てながら、馬が合ったとは言えないなと、勝彦は振り返る。自分は才覚も

無く、実直に伝来の栽培に固執してきたが、辰吉は正攻法を離れ、新奇なものに飛びつくことで活路を開こうとした。いずれ

にしても、悪戦苦闘であった。

敗戦の傷は、復興が進むにつれて次第に癒えていく。その過程で生じる、社会情勢のダイナミックな変化と、産業構造の国

際的な連動の中で、勝彦は農協の金融便宜に助けられながら、農耕に少しずつ機械を取り入れることで、岐阜の山間のこの村

に留まった。留まったというよりも、いよいよ此処に引き籠ったという方が、今の勝彦の気持ちには合うかもしれない。一方

の辰吉は、子供達が成長するにつれて、山向こうに強く惹かれるようになった。

戦地から復員した後、辰吉をこの村に引き留めたのは、敗戦からくる絶望的な食糧難であった。現金を求めて闇米取引や濁

酒にも手を出したが、稲作の他に雑穀類、根菜、葉菜、腹にたまる山野の生り物も、エネルギーの確保源であった。同時に、

子供の安定した成育にも必須であった。年月が経ち、彼をこの村から押し出したのは、寒村の生活苦と将来性に乏しい置き去

り感であった。

辰吉が、息子達のいる山向こうへ移るという噂を聞いた時、勝彦は関心を示さなかった。道子が、引き留められてはどうで

すかと、持ち掛けてみたが、それにも全く応じる気配はなかった。辰吉の田圃は、今ではほとんどその姿を留めない。勝彦の

場合でさえも、その一割近くは既に、農協経由で休耕田扱いとなっている。 「貴方、田植えを無事に終えた頃に、山向こう

に出掛けてごらんになりませんこと。」

道子は、先ほど夫が話頭にした問いかけから、心に何かほぐれるものがあったと感じていた。「馬鹿なことを言うもんじゃ

ないよ。」勝彦は、いずれ癌の辰吉を見舞う予感を抱きながらも、春の遅いれている田畑の見回りに、出かける仕度に取り掛

かった。

 勝彦と道子の間には、昭和二十二年も押し詰まって、道子が二十一歳の時、帝王切開で男児が産れた。道子の断っての願

いを入れて、倫之と名付け、由来は詮索しなかった。新制中学を卒業して、勝彦の母校が新制高校となった普通科に、徒競走

では決まって、小学校以来ドベから数えた方が早かったが、倫之は比較的余裕をもって入学した。道子の産後の肥立ちも、授

乳も順調であったが、何故かその後、二人の間に子供は生まれなかった。

見回り用の仕度を終えて、納屋から鎌を出しながら、勝彦はもう一度倫之のことを思い出した。生き延びていてくれても重

吉の息子と同じことを言い、同じように山向こうの町では飽き足らず、十中八九東京の大学を卒業してそのまま職に就いてい

るだろう。自分達夫婦はこの農村に留まったのではないだろうか。勝彦には、面長であるが顎が少々張っていて、岐阜人特有

と囁かれる、保守性と頑固さが際立っていた。彼は、倫之に託した夢を胸の奥に閉まっている。その夢と一緒にこの村に埋も

れるつもりでいる。

 「今日は二人で捜して見るかね。」「そうしましょう。お天気も良さそうだし、今日あたりは、気の早いのが芽を出してい

るかもしれないわね。貴方、今年は、最初に見つけた物を来年の春まで保存する方法をいろいろやってみましょうよ。協力し

て下さらなくては。」道子は勝彦に細面で中高の横顔を見せながら、媚びるようなトーンで言った。先ほど来の鶯が、縁の近

くで勝彦を心地よく驚かした。山間の二人の話題にのぼっているのは、
自生のワラビと蕗である。

  章目次へ
















































 

(二)



               

 

 勝彦の村の初夏は、早春の右へ倣と、今年もまた遅れている。暦の上ではそろそろ苗代の下準備をしなくてはならない時

期である。此処に降る雨はむらが多い。その移り気を見定めて、農事の無駄を省くには、年期が必要である。
 
ここ数回の雨脚から見て、明日あたりは苗代草・緑肥を撒いて歩いておこうと、先程から思案しているところへ、

道子が一通の封書を差し出した。「貴方、東京の重太さんからですよ。」

勝彦は読みかけの‘農協便り’を脇へ寄せて、道子が手渡した封書に一通り目を通した。「重太さんは何と言ってきたので

すか。」「親父の辰吉が、勝彦おじさんに、しきりに会いたがっている。就いては、身勝手な頼みだが、近々折を見て、上

京してはもらえないだろうかというようなことだよ。」「やはりそうでしたの。それで、どうなさいます。」

  道子は、先月の中旬過ぎに、それと無く勝彦に辰吉の見舞いも兼ねて、山向こうへ出かけるように勧めてみたが、にべも

ない返事がもどってきたことを思い出した。勝彦は黙って外を見ていた。外というよりも雨を見ていた。

 道子が座っている位置から見える勝彦の後姿は、決して若々しいとは言えないが、長年の農作業で鍛えられた筋肉に厚みが

ある。白髪を捜すにも、まだ一苦労するほどである。縁側のすぐ前の万年青の葉に、五月雨の走りが、一頻りたたき付けた。

水捌けの悪いせいか、すでに
万年青の三分の一は、雨水に浸かってしまっている。西の稜線も降りしきる雨に霞んでいる。

 「ねえ、貴方、辰吉さんのご病気は癌だそうですよ。貴方にお会いしたいと、よっぽどのお気持ちだとは、お思いになりま

せんこと。おかみさんのお蔦さんに早く先立たれてしまわれたし、ご自分では癌だと知っておられなくても、人にはそれなり

の予感がありますわ。」

 
道子は、あの子の手術の日以来、頑なにこの村から、一歩も出ようとしなくなった勝彦の心をほぐすには、この見舞いの時

を措いて他には無いと、癌だとの噂を耳にして以来、思い巡らしてきていた。
 
 道子が勝彦と辰吉の間を見る目と、勝彦自身が彼に対して抱いているそれとには、当然のこと、濃淡に差がある。道子はこ

こに嫁いで以来、夫が辰吉のことを褒めて口にする場面に、出会った覚えがほとんどない。夫婦の立場から、勝彦が辰吉にも

う一人の自分を見て、ことある度にイライラすることは、肌で感じ取っていた。
 
 彼が村を出て、更に息子達の考えに従って、東京へ去ってしまったことは、もう一人の勝彦、彼の潜在的な願望と言える側

面がしたのと同様の影響を及ぼしているに違いないと、道子は受け止めてきた。そうであれば猶更のこと、夫の心を解して、


癌で苦しむ分身
を、見舞わせてやりたいと決意を強めた。

 
勝彦は、傍の妻の思いとは別の
シンーいた。間もなく本格的な五月雨に発達していく、その走りを見ているようで、実は

十年前の山向こうの、
県立病院での、あの猛烈な雨脚をじっと見つめていた。それは、交通事故が元で夭折した、倫之の

手術の日の雨だった。あれは、今の目前の雨に近いものではなかった。勝彦の意識から、
ほっそりと背後にいる道子の存在

が消えた。縁の前の
万年青も消えていった。

 章目次へ


























































 

 

 

 

(三)

 その日、外科医町本亨輔は、目覚めの瞬間から、やはり、気が重かった。病院に着いてからも雨雫は、さながら滝の瀑布

のように、窓ガラスをしたたり下りた。
 

 昨日、帰院してすぐさま、新規入院患者の経緯を聞き、救急救命室に横たわる倫之を診て、全ての検査資料を精査した後、

遅くまで、医局、看護婦達と時間をかけて、最終的な打ち合わせをした。

 
倫之少年に降りかかった、悲劇を振り返れば、本当に気の毒で悔やまれるばかりである。五月雨の中を、傘をさして自転

車で通学途中に、彼は、左折のダンプトラックと接触し。地面に激しくたたきつけられ、内臓に大きなダメージを受けた。

 
<ダンプトラック>    

猛烈な瞬時の土砂降りが、両者の視界を奪い、耳を塞いだ。雨合羽でも、接触は避けられなかったと、パトカーは判断した。
 
担ぎ込まれた救急救命チームは、その全機能を駆使して、止血、輸血、点滴と、意識の回復を図り、内臓損傷の実態を、最新

の機器で検査した。しかし、生還への見通しが立ちにくく、絶望観が支配的であった。

 外科医町本亨輔が帰院次第、リーダーとして治療に取り組むことになった。勝彦と道子が駆け付けるまでに時間が掛った。

付知村に連絡が届くのにもたつき、知らせを受けた夫婦が駆け付けるのに、土砂降りが妨げとなった。

町本は、昨日の打ち合わせどおり、それを実行するという方針を検討しながら、反芻してみた

遠くに稲妻が感じられた。

亨輔は、昨日の午後、初めて山上勝彦夫妻に対面した。
 
「無理なお願いでしょうが、どうか手術をしてやって下さい。どうかよろしく。」
 

 父親の眼差しには死線を彷徨よった者に特有の、相手の瞳を吸い込むような透明さがあった。四十歳前後と見受けられる。

母親は、深々と、お辞儀をするばかりであった。外科医として、さらにはこの県立病院の総力を結集して、最善の手を尽くす

と、亨輔は思わず二人に約束していた。患者とこの夫婦は、人口わずか五万足らずの岐阜の小都市から、更に山向こうの寒村

で、倹しく生活していると聞いている。彼がこれまでに扱った患者の家族は、それぞれに、必死の願いがあった。寒村から来

たこの山上夫妻には、それらを凌ぐ、人間の本源から湧き出る命そのものの、全身から溢れる気迫があった。まさに神鬼迫る

ものであり、亨輔は思わずたじろぎかけた。言葉数の少ない夫婦のようだが、この二人には、敗戦後十数年も経て、自由奔放

勝手主義がはびこる風潮にあって、多くが置き忘れている、人としての在り様の真髄を失っていないことに、亨輔は強く印象

づけられた。父親はその年齢から、太平洋戦争の前線で、辛酸を舐めさせられた一人であることに間違いないと確信する。南

洋諸島で戦死した、軍人気質と思いやりを、兼ね備えていた父を連想した。

 
 彼は外科医として、常に最善の道を選ぶことを迫られているが、倫之少年の手術については、医局全員の賛同を得ておかね

ばならないと
諸検査の資料に冷静、入念な目を通した後で、昨日は繰り返し熟思した。そして夕方6時から、執刀医になる

亨輔自身に加えて、三人の医局員と、患者に直接接触した三人の看護師を入れて、彼の考えを説き、彼らの意見を求めた。独

断と押しつけは、最大限避けなくてはとの、予てからの慣わしからである


 亨輔は、長野県内の高校を卒業するとすぐに、東海地方の国立大学の医学進学過程に入り、総合大学の医学部へと進んだ。

医師免許取得後は、外科医として、地方の総合病院数か所で修行を積み、今は岐阜県中核都市の県立総合病院で、執刀医リ

ーダーとして、重要な役を担っている。倫之君への手術治療は、運び込まれた時点で、すでに回復への時期を逸していること

を、誤診ではないと確信している。それを両親に伝えて説得する前に、勝彦夫妻に無言の圧倒をされてしまい、施術を承諾せ

ざるを得なくなっていた。不覚であったと思う。亨輔はかねてから、治療に当たっては、誰よりも人の命の尊厳を畏敬して

きたと自負している。倫之は手術の有無に関係なく、本人の生命力次第では、明日いっぱいが限界となる可能性が高かった。

亨輔は、人間の身体に安易にメスを中てる不遜なケースを、医学生の時から少なからず見聞きしてきた。一方では、開いて今

後の医学の技術の進歩に役立てるという、大向こうの喝さいを受ける、悪魔的な誘惑も鎌首をもたげる。倫之について亨輔が

出した結論は、手術を偽装することであった。彼にとって、初めての企てである。勇み足と興味本位の手術は少なく無いが、

模擬に踏み込んだ外科医は、全国どこにもいないと確信した。医療倫理の後退だけではなく、偽善の美酒に陶酔して、二度と

正道には引き返せないかもしれない。例えそのようになっても、ここまで来ている状態の、患者倫之少年の執刀には、どうし

ても踏み切れなかった。このようなケースでは、どうあってもメスを当てるべきではないと、繰り返し、螺旋階段を登った。

若い医局員の中には、万に一つの生還の機会を、事前に摘み取るのは、医療倫理に逆行する暴挙だと、激しく反論した論客

もいたが、亨輔は、自説を粘り強く説いた。一夜明けた今朝、五月雨が激しくしたたる窓ガラスの内側で、彼の気分の晴れや

らぬ重圧感は、そこにあった。

 「山上さん、倫之君の手術は、かなり時間がかかります。本来ならば、お二人に立ち会って頂くべきところですが、今回は

極めて、慎重を期しているものですから、お二人とも外でご待機願えますか。」「無理なお願いを受け入れてくださった先生

方に、心から感謝を申し上げます。倫之は、お父さんの言う通りにすると、予てからはっきり言ってくれています。どうか、

思い切った手術をしてやって下さい。おっしゃる通りに、外で待機させて頂きます。」

 母親の道子は、今日も亨輔に、深々と頭を下げた。勝彦はこれでよい、道子と二人で、手術室の中で、倫之の手を握ってい

るわけには行くまい、ひたすら、祈りながら待つしかないと、道子を納得させた。遠くで稲妻が走り、雷鳴が大きく轟いた。

 激しい稲妻と雷鳴は、南方に駆り出されて、辛うじて生還し、待ってくれていた道子と世帯を持ってから今日まで、なにか

につけて、勝彦の胸に響き続けてきた。その度に、南洋諸島での、組織的抵抗を喪失した、絶望的な敗走が、浮かんで来る。

 勝彦と辰吉は、第14方面軍から配属された二個中隊に属して、日本軍が占領した島々の警護に当たっていた。指揮官は

中隊長殿であった。
昭和二十年四月あたりから、米軍の奪還攻撃が激しくなった。そこの気候は熱帯雨林で、フィリピンを

中心として、すでに猛烈な雨季に入っていた。米軍の艦砲射撃の砲弾の炸裂は、勝彦の意識を寸断したが、度重なってついに

は、郷里の山間部を襲う稲妻と、落雷を連想させるようになった。こうして、地方の県立病院の廊下の長椅子に、腰を下ろ

した勝彦の脳裏に、手術が始まったと思えるころ、南方戦線の米軍の砲弾が、現実のものであるかのように迫って来た。

瀑布のような激しさの中で、栄養失調の眼は、己れが食せる物以外には視界に受け入れようとはしなかった。後続の戦友が

倒れる時、死に物狂いで叫んだ声が、打ち付ける雨脚の中で、“山上!”と微かに響いた。“山上!”は自分を呼んだ“待っ

てくれ!か、さらばだ!”だと察したが、振り返ってその場へ引き返す程の、気力もゆとりの無かった。先行隊の同じような

運命に見舞われた日本兵達を、踏み付けて進んでも、勝彦の意識に何の痛痒感も湧いて来なかった。前へ前へと雨の中、重い

脚を押し出す以外に、己を処する道は無かった。彼の両手は雨と虚空を掴みながら、隣を進む兵士と同じように、虚ろな眼差

しを見開いていた。突然前方で砲弾が炸裂した。数人の断末魔の絶叫を、ジャングルと雨が無情に否定した。岐阜の遥か南方

の、この戦線で自分は一体何をしているのか。行く手を塞ぐ灌木の茂みは、秋の中頃、屋根の葺き替えで、父と刈り取りに行

ったチガヤのように霞んでいた。微かに親父!と、口を開いて閉じることが、生きていることの僅かばかりの実感であった。



<日本兵が食料を得る作業>
     

     <飢餓地獄後降伏>
             

手術の間、傍らの道子が数回、声を落として話しかけたが、勝彦は小さく頷いただけであった。病室の廊下の突き当りの窓

を、依然として、次々に止めどなく幾筋もの雨雫が下っていった。
 
 
 あの泥沼のジャングルから、よくも生還したものだと思う。途中を切り取って二つを繋げば、まるで狐につままれたように

判然としない。
自分が生きていることに懐疑的になるのは、昭和二十年に入ってから、武器弾薬も底をつき、食料の無い

敗走に次ぐ敗走で、戦友の死を目の当たりにする、地獄絵図が原因であろうと、思いに耽った。

辰吉もよく頑張った。山向こうに当たるこの町で、息子達と暮らしている辰吉の精悍な表情が、懐かしく浮かんだ。

 二人が属していた中隊長殿は、勝彦よりも5つ年長であったと記憶している。士官学校卒業の生え抜きの軍人で、本物の愛

国者であった。
昭和二十年八月二十日無条件降伏の報を受けていた彼は、指揮下にある兵士達全員に向かって、全面降伏

を説いた。全身全霊の命を懸けた、感動的で具体的な説得が、今も鮮明に蘇って来る


 『米軍がここフィリピン一帯だけに集中していたと考えてはいけない。我々の部隊がこの島の警護に配属された時点で、既

にソ連も連合国側に傾いているとの情報が届いていた。残念だが沖縄を始めとして、恐らく、本土も我々と似たような状況に

陥っているこは間違いない。
 
 諸君はまだ若い。帰国できるものであるなら、例え虜囚になっても、本土の土を踏んで、同胞と一丸となり、荒廃した国土

の平和を守りながら、立て直さねばならない。それが今日まで生き延びた諸君に託された、天命だと思ってくれたまえ。
 
敗戦が民族の消滅を意味するとは限らない。自分が知る限りでも、近代に入ってそのようなことは無い。みんなは、学校教

育を受けてるんだから、冷静に思い出してもらいたい。敗戦であればこそ、ますます本土は我々を必要とする。他国に立て直

しを頼ることは出来ない。この通おりだ。』こう説得されて、大将殿は部下達に、深々と頭を下げられた。

勝彦は一瞬、限界にきている疲労を忘れ身震いした。
ふと見た辰吉のやつれ果てた表情にも、輝きが浮かんでいた。

辰吉と感情を共有したのは、初めてだなと、勝彦は嬉しかった。
 
 砲弾は二度と飛んでは来ないとの安堵の中で、沈着に振り返れば、この戦争では、日本国の全ての者が、常軌を逸していた

のではないかとしか、考えようが無い。一度狂気の螺旋に入り込めば、抜け出せない。
 
 時の最高指導部が、先陣を争って、それにのめり込んでしまっていたとすれば、全てが了解される。国民も勝彦同様、逃れ

ることは不可能であった。 あのお方は、先見性に富まれた偉いお方であった。こうして曲がりなりにも息子を一人設けて、

その生死を賭けた手術に関わっているのも、よく考えてみれば、大将殿のおかげであった。

 信じて待ってくれていた道子と結ばれたのも、あの雨のジャングルでの真摯な説得であった。「貴方、売店でサイダーかラ

ムネでも買ってきましょうか。」
「うん、そうだね。ちょっと外気を吸ってきなさい。少し顔色がよくないようだ。」

 中学校と女学校は共に学徒動員の対象になった。その事実だけでも無謀な戦争であったと断言可能であるが、黙々と国民は

従った。今更ながら呆れてしまう。恋愛はご法度であったが、互いが一方の集団とその動きが目に入る場所に配属という日程

も稀にはあった。振り返れば、運命のような配剤であったのだろうか。自分と道子は互いに相手を意識した。それは理屈では

説明出来ない、魅かれ合いであったのだと思う。国を挙げての非常事態であったがために、その引き合いは悲痛な程に強かっ

たのではないだろうか。
更に、自分の出征を見送ってくれて互いに目と目で確かめ合えなかったことで、一層ストイックに 
燃え上がっていったのだと思う。やがて自分が無事復員して、山間の9月の残暑の中を出迎えてくれた道子と、無言のまま互

いの瞳を覗きながら必死と、初めての抱擁をし合い、やがて初めての接吻で互いに舌を絡めて激しく吸い合い、彼女の胸の膨

らみと激しく喘ぐ息遣いで、汗ばんだ彼女の薄物を通して、柔らかく滑らかな、甘酸っぱい芳醇な肉体の匂いが、
痩せ切

って体力の無いはずの自分に、隆々として激しい制御不能の勃起を起こさせ、いつの間にか、口を吸い合いながら、道子の秘

部に指を出し入れしながら、クリトリスに初めての優しい愛撫を繰り返した。彼女はその勃起を腹部に感じて優しく手を添え

て摩りながらますます激しい息遣いを繰り返した。
嬉しかったのは道子がブラジャーと下着を身に付けていなかっ

たことである。勇気が要ったことであろう
勝彦は、それは、もう二度と離れ離れになりたくない一日も早く結ばれて、

一緒に暮らしたいという切望
を表示していると受け取った。
二人は時の経つのも、周囲の眼も忘れて抱き合い、

た。夢中だったなあと勝彦は、
今思えばオスとメスで赤面の至りである。遂に周囲から暖かい拍手が沸き起こった。

万歳!は出な無かった。皆それに振り回され、辟易していたのであろう。
 その代わりに、誰かが大声で、皆様ご覧の通り

、以上を持ちまして、お二人の晴の挙式が目出度く無事滞りなく終了いたしました。お二人は本日より付知村公認の理

的なカップルで御座いますどうか皆さん、「おめでとう御座います」をご唱和下さい。

 
勝彦さん、道子さんご結婚おめでとう御座います。ハイ!「オメデトウ、オメデトウ、オメデトウ、オメデトウ、」冷

やかしの音頭が入り、
ドット笑いが発生した。二人は群衆に向って深々と頭を下げた。
 そして直後にまたしっかり抱き合

愛撫を続けた。道子とのその初めての抱擁とぺッテイングで、彼女が快く受け止めくれると信じて思い切りドクンド

クンと彼女に縋りついて射精した。同時に道子はアクメに達した声を押し殺し同じよに勝彦に縋りついた。相思相愛

国家力が不当に強いてきた、長い禁欲からの開放なのだと、あの大将殿の兵士に対する最期の願が浮かんできた。

の初めての甘美なその回想を
彼女が買い物をし戻るのを待つ間に勝彦は懸命に拭い去った病院に降りかかる

 五月雨の勢いは、依然と
して変わらない。 国の存亡の危機とは異なる次元で、兵士として赴き、戦地から生還することの

価値をしみじみと噛みしめることが出来た。自分にとっては道子であり、辰吉にとっては、妻子であった。

 不本意に落命した戦友が、一人一人浮かぶ。
彼らの尊い生命の犠牲のお陰で今日の日本があるのだと感謝している

公言して彼らの悲惨を償おうとすることは悲惨の本質を知らないまま
まるで遥か対岸の火事を眺めているような、

自己欺瞞の詭弁性を否定できないと勝彦
は、強くそのような発言を拒否する。有識者や政治家の中に、何故かそのような発

言が多い。
戦死した兵士達の犠牲のお陰で今日があると、公の場で聞く度に、虫唾が走る思いをして来た。彼らは望まぬま

まに死に追いやられたのである。このまま行けば、
いずれまた、日本は必ず戦争に巻き込まれると勝彦は不本意なまま確信

せざるをえない


町本亨輔は、手術室の中に倫之の延命に必要な医療器具、薬品はすべて持ち込んでいた。彼の死が予測を超えて早まる場合

に備えての事である。
 
 昨日、亨輔に強く反論した若い医局員も、彼の診断と判断が正しいことを潔く認めた。看護婦達も指示に従って、機敏に働

いてくれた。これでよかったのだと考える。

 倫之少年の死亡はあくまでも、手術を行った結果であるとの説明が、可能になったと、ひとまず落ち着いた。亨輔自身の

医師の倫理に対して、例え世間の批判が集中しても、一歩も引かない決意を固めることが出来た。山上夫妻が後になって、

二人の必死の願いを受け入れて、実施してくれなかった事実に気づいた時、どう受け止めるかは、二人の人格に待つしかない

と思った。道子が軽い買い物をして、足早に勝彦の元にやって来た時、“
手術中”のランプが消えた
 
 手術が始まって三時間後に、勝彦と道子は、手術台の上の倫之の枕元に立った。すかさず亨輔が最善を尽くしたけれども、

完璧な手術は出来なかったと詫びて深々と頭を下げた。それから三十分後に、倫之の心臓の鼓動を写す電磁波の動きが、勝彦

と道子の見守る中で停止した。

“倫之!”、あらん限りの声で
勝彦はその名を呼んでいた。道子がその傍らで音もなく頽れた。五月雨が一際烈しく降りつ

けてきた。






勝彦の村の遅い梅雨が明け切った時、倫之の四十九日法要を無事に終えた。道子がどうにか平生の彼女に戻っていた。

 
勝彦に、そんなある日訳もなく、道子が帝王切開をした倫之出産の手術が思い浮かび
町本先生は 倫之の手術をしなかった

のではないかと、疑いが湧いてきた。その疑惑は次第に確信へと固まっていった
道子にそのように問いかけてみたが、まさ

か貴方、そんなことがと、単純に打ち消して、しっかりなさって下さいねと付け加えた。

あの子の手術に関して、肉親の絆から、万に一つの奇跡を信じた。ところが、町本外科医は己の倫理を貫いた。

 息子の逝去という摂理に変わりはないが、この根源的なズレ、すれ違いが、疑惑を抱いたその日から、勝彦の心に、

頑なな沈殿物として徐々に堆積されていった。

 章目次へ
















































   ()



 
                             
 
 <与謝蕪村>

 「清子さん、ほんとに何から何までご面倒をお掛けするわね。」「いいえ、奥さん、お気を遣われては嫌ですわ。」「お留

守番だけではないから、大変だと思うわ。ブーブーさんと、こっこちゃんまでいることでしょう。ほんとに申し訳ないわね。

卵はご遠慮なく早めに処理して下さいね。」「なあーに大丈夫、お任せ下さい。私しんちも、同なじ事をしてるんですから、

ヘッチャラですわ。苦にはなりませんよ。」「急にこんなことになるなんて、私もびっくりしているのよ。」「お二人は何年

振りになられますか。ご主人は、私がこの村に来る前から、山向こうへ出られたことは無いそうですけど。」「そうなんです

よ。かれこれ十一年になるかしら。来年は、あの子の十三回忌に当たるのよ。彼の三年忌を終えてから、ますますここに引き

こもってしまったわね。」
「私しなどが口出しすべきことではないのですが、よほど何かがおありだったのでしょうね。今

度はまた、急なことになられて。」

 道子は留守を預かってくれることになった田所の清子に渡すために、細々と家畜の世話まで書き付けたメモを再度読み返し

ながら、ほんとにあの人は、よく上京を思い立ってくれたものだと思う。自分が繰り返し、辰吉の見舞いを説得したからだと

は考えられない。夫婦の会話でも、要点しか口にしないたちだから、心の襞の微妙な起伏は、一心同体の妻だからといって、

到底手に負える所ではない。ただ、辰吉の息子の重太からの封書に、目を通おした日に、止めどなく降る雨に見入っていた時

から、何かしら気持ちの変化が生じたのかもしれないし、もっと以前、倫之が手術を受けた日の大雨がきっかけとなって、辰吉へ

の懐かしさと、同情が芽生えていたのかもしれない。

 「殿方は、案外気まぐれなところもあるから、女の眼からだけではなかなかだわね。」

 「奥さん、でもよかったじゃございませんこと。ご夫婦で二度目の新婚旅行と、お思いになられれば。お二人ともまだまだ

これからだと思いますけど。」「まあ、清子さんったら。私達の時代には、新婚旅行なんて田舎暮らしの庶民には、とんでも

ないことだったわよ。行ってこいと言われても、無い袖は振れ無かったわね。
昭和二十二年と言えば、清子さんはまだ小学

校生にもなっていらっしゃらなかったでしょう。それは、それは、酷いものだったわよ。」「でも奥さんは、ご主人が南方か

ら復員されるのを、ひたすらお待になっていらっしてたと、評判でしたそうですね。私はこの村に来て、そのお話をお聞きし

た時、流石は山上の奥様だと、感動するやら、うらやましいと思うやら、いろいろでしたわ。」

 「清子さん、ほんとにお上手だから。とくに恋焦がれて待っていたわけではないわ。終戦になって各地から、兵隊さん達が

次々に帰って見えるでしょう。一方では、その前から、また戦死、また壊滅、玉砕の、悲しい知らせが届いていたのよ。その

うちに、白木の箱で帰れれば、まだ良い方だと思うようになってしまったわ。ただ、あの人は、戦死などしない人だって、心

の片隅から、何時も私に言い聞かせるものがあったのね。必ず生き延びると信じているから、待つのは当たり前でしょう。」

「まあ、お熱いこと。」

 「そういえば、白木の箱を詠んだ俳句を、何時の間にか二つも覚えてしまったわ。放浪の俳人山頭火だけど。‘
いさまし

くもかなしくも白い函’
/ ‘ぽろぽろしたたる汗がましろな函に’戦争の虚しさが、ぐさりとくるわね。」そうですね。

 
    

山頭火にも、平和祈願の俳句があったのですね。

 奥さん、留守事はご心配なさらないで、ごゆっくりなさって来て下さいね。ご主人のことだから、お帰りになったら、もう

二度と山向こうへは行かないと、引き籠られるかもしれないし。でも、辰吉さんにはお目にかかったことはありませんけど、

ほんとにお気の毒ですわ。」「そうね。何も癌に掛らなくても、他人事ながら残念ですわ。主人は辰吉さんの悪口ばかり言っ

ていたけど、優しい、いい人だわ。主人も心の内では、好きだったのだと思いますけど。」

 「辰吉さんは、お亡くなりになったお蔦さんとは、やはり待ち焦がれてのご結婚だったのですか。」「あのご夫婦は、辰吉

さんの出征の前日に婚礼を挙げられたのだそうよ。きっと切羽詰まったものがおありだったのでしょうね。」「辰吉さんは、

お蔦さんがみまかられて、四日間は何にも喉を通らなかったそうですね。奥さんとご主人は、戦争を挟んでのご結婚ですから

、もう永遠のものですわ。戦時中の恋愛はご法度だったと、父から聞きましたけど、私にはとても信じられませんわ。」
 
「孔子様の“男女七歳にして席を同じゅうせず”の不文律で思春期に入り、学徒動員されて兵器工場にいた時に、あの人と一

二、度すれ違っただけだわ。当時の恋愛の御法度は、孔子様とは、全く別の次元からの発想ね。私達の交際も、男女平等で自

由な世になった、あなた達のそれとは、まるで違っていたわね。江戸時代のお武家さん達のように、ストイックに燃え上がっ

たわね。あの人に赤紙が届いた時、私はたまたま山向こうの町にも居なくて、出征を見送れなかったし、現代と比べてみれば

、恋愛などと言えるものではなかったわね。あらいやだ、もうこんな時間だわ。清子さん、あらましこの表にまとめているよ

うなことを、して頂けるかしら。」

 田所の清子は、道子よりも一回り以上も年若い戦後世代で、はきはきしている。今の人達の長所だと言えるのだろう。寒村

に嫁いだことなど、気に掛けていない様子だし、さばさばして屈託のないところを、道子は気に入っている。これからも清子

さんのような、さっぱりした人達が、ここで所帯を持ってくれれば、この村も明るくなるのにと道子は思う。

 「貴方、そろそろ出かけないと間に合いませんわよ。」

 勝彦は、今朝から浮き浮きしている道子の様子を、無理もないことだと思う。自分がこの十年間、山向こうへ出ようとしな

かったことは、道子に有形無形の心理的な圧迫を与えていたに違いない。彼女が単身で山向こうへ出かけた時も、見聞きした

ことを決して勝彦の前では口にしなかった。今回の目的が癌で苦しむ辰吉の見舞いであっても、彼女にはそれ以上の、付加価

値の期待があるのだろう。勝彦はこの上京を、考えが急変したのだとも、依怙地が解けたのだとも考えない。重太からの手紙

を読んだ昼下がり、五月雨の走りの中に、十一年前の倫之の手術の日を克明に思い出した。記憶の中での呼び戻しは、彼自身

の意思による一作用では無かった。人間には、時間の不可逆的な流れの次元で、空間と相俟って、ふとした自然現象や、人の

営みの一場面を切っ掛けに、そのような制御の効かない思考と記憶のタイムスリップが生じることを、既にあの南方の戦線で

体験済みであった。十一年前の思いが、如何に心理的に錯綜していても、この急な変化の引き金にはなっていない。道子には

想像もつかないであろうと思うし、まして説明しても無駄であろう。

重太からの手紙を読んだ翌日から、勝彦は、踏ん切りをつけて苗代草を撒いて回った。この作業は道子も毎年手伝ってくれ

る。予定通りに終えた日に、一帯の様子を見るつもりで帰路は迂回した。その途次に辰吉の田圃がある。年々荒れるばかりで

、最早かっての面影は留めていない。中学で暗記させられた“帰去来辞”の冒頭が浮かび、━
歸去來兮(かえりなんいざ)

田園
将(まさ)に蕪(あ)れなんとす 胡(なん)ぞ帰らざる 不覚にも涙が滲んだ。

更に勝彦には、ここ数年、胸につかえるものがある。最近の農政が、次々に農村を寒村化し、過疎化して荒廃するに任せ、

何ら痛痒を感じている気配が見られない。自分の持田が休耕田となる中で、卓上では余力が浮かぶが、現実は厳しい。重太に

伝えて、勝彦夫婦が辰吉の田畑を復活するほどの若さは無い。

 勝彦は前線で飢えた。飢え切って動物と変わるところは無かった。彼等以下であったかもしれない。やっとの思いで帰還し

た内地も、飢えの点では、ジャングルと変わるところは無かった。その飢えをどうにか凌ぎ切った時に、政治家を筆頭に、国

民の多くが、飢えの本態を、喉元過ぎればの、格言さながらに忘却してしまった。日本全体が農耕を蔑み、農村を未開の地と

して敬遠し、投棄し、工業こそが将来を切り開く産業だとの幻想に陥ってしまったと思う。食料の自給力は脳裏から捨て去り

、何とかなるさと、輸入に依存しながら、しかも農村を票田にする政権が続いた。輸入依存による、食管会計の赤字解消のや

り繰りが、農政だと錯覚し、農業従事者の懸念をよそに、国民も疑念を抱かず、大多数が、のほほんとしていた。勝彦の村で

も、稲作だけで生計を立てることは、現金収入の点で限界があった。江戸時代の小作人の生活と変わるところが無い。旬を無

視した野菜の促成栽培、柑橘類、養鶏、養豚、まさしく農奴のように束縛され、エネルギーを消耗しきる毎日の連続である。

林業との兼業も、爆撃で焼失した住宅の補充が完了すれば、その後の林業政策は、いきあたりばったりで先は見えない。大

正時代に、アインシュタイン博士が日本を訪れた際に、日本はこのままで、これ以上欧米化しない方が、豊かで幸せに暮らせ

ると語ったと、何かで読んだことがあるが、正にそのとおりだったと、アインシュタイン博士の洞察力を思う。国民存続の基

盤を、蔑ろにする国家のために、自分たちの世代は、屈辱の限りを舐めさせられて、命を落とし、殺生を重ねて、フィリピン

を始め、多くの外地から、敗戦後の使命を胸に刻んで帰国したのではない。勝彦は、その心の鬱積、憤りを誰にもぶっつける

ことが出来ない、持って行き場が無かった。彼の鬱憤は、辰吉の田圃を見る度に、やり場のない焦燥感へ増幅されて行った。

 その日は、辰吉の田を眺めながら、辰吉の癌に思いを馳せた。辰吉とは、物心ついてから馬は合わなかった。辰吉がこの村

を離れることを考え始めた頃に、勝彦にそのような願望が、まるでなかったとは言い切れない。辰吉はむしろ、果敢に行動に

移したと言える。あの南方諸島で、まだ見ぬ我が子のためだとは言え、小柄な体で勝彦と同じように、精も魂も尽き果てても、

粘り抜いた根性の持ち主である。己の思うところに向けた行動力は、辰吉の方が、数段上ではなかったのか。馬を合わせら

れれば、単なる竹馬の友を越えて、刎頸の交わりへと、深まって行ったはずだ。

 勝彦は、荒れ果てた国を再建する土台を、ひたすら彼の守備範囲である、農業振興に求め続けている。同時に、時流に翻弄

されて、不満が鬱積しながら燻って来た。この村に朝夕架かる霧が、晴れやらぬ状態であると思う。倫之の死にも、父親が辰

吉であれば、違った反応をしていたかもしれない。辰吉の癌を、道子から最初に聞いた時に、辰吉は、別の世界に居る人物だ

との、意識が先行した。今直ぐにも、東京に駆け付ける気が湧かなかった。しかし、苗代草を撒き終えた日に、自分と同じよ

うに、辰吉も時勢の犠牲者であったと、思い直した。一日も早く見舞ってやろうと考えだすと、勝彦と辰吉の残留軍は、運よ

く第一次復員対象60万人に含まれ
、昭和二十一年九月残暑が厳しい中を、裸一貫で付知村に帰還した。稲穂はゆったりと

秋風に靡きながら、二人を歓迎している観があった。その時、心の底から、無事に生還したのだと、しみじみと味わったこと

を、鮮明に思い出した。辰吉の田を後にした時、明日の朝餉を終えたら早々に出掛けると決めた。

    
   <第一次復員団1946          家族の出迎え

 「貴方、本当に急いで下さいよ。」「さあ突撃するか。清子さん、後は任せましたよ。」清子は結局、二人が山向こうで電

車に乗るのを見届けることになった。勝彦はこの時初めて新幹線を利用した。車窓に五月の富士が見えた時、“不二ひとつう

づみのこして若葉哉”、確か蕪村だったがと、今の日本が誇れるのは、あれだけだなと、雪を頂いた不動の雄姿に見入りなが

ら、倫之が生きておれば二人で登ろうと、道子を心配させたことであろう。それにしても、この電車はむやみに急ぐ。急ぐこ

とを誇りにしている。日本全体が農村を置き去りにして、先を急いでいるのと変わるところは無い。勝彦は快適な車内と裏腹

に、次第に落ち着きを失った。章目次へ

 

 

 

 






































 (五)

 

 「貴方、御覧なさい。ほれ、あそこですよ。白いハンカチを振っていらっしゃるでしょう。きっと重太さんですよ。」

 勝彦も道子も、辰吉が出征中の昭和十九年にお蔦さんが産んだ重太に、かれこれ十五六年会っていなかった。重太は新制中

学を卒業すると、傍目には何の躊躇もなく、山向こうでの就職を選んだ。辰吉夫婦は無理散段をしてでも、重太には工業高校

を考えていたようだ。子供は想像以上に、親の経済力を冷静に観察しており、親が考えている以上に気遣っているものだ。本

人は戦後まもなく物心ついて以来、二人の苦労を見過ぎていたのであろう。その件で辰吉と語ったことは無かったが、重太自

身が決めたことだから、それで良いのではないかと勝彦は考えた。戦線での過酷な経験以来、男の人生の土台は、学問ばかり

ではないと考えるようになっていた。重太は卒業して村を出る時、勝彦のところにも挨拶に来た。「勝彦おじさん、今から行

ってきます。錦を飾るまで戻りません。親父たちをお願いします。おじさん達もお元気で。」「うん、心配するな。重太君、

早くいい友達を作って頑張れよ。」思わず肩をたたいてやったことを、ついおとついのように思い出す。重太は村に帰ってこ

なかった。その代わりに、辰吉夫婦が山向こうへ去った。突然雑踏の中で出会っても、直ぐに彼だとは気付けないだろうと心

配していた。清子の知恵で、双方がハンカチを振っている段取りがつき、東京駅での出会いとなった。重太は二人が上京した

ことを、心から喜んでくれて繰り返し例を述べた。

 「重太さん、まあ、ご立派にお成りになられて。」道子が眩しそうに重太を見上げた。そこにほっそりと陰りが走った。そ

れを感じた重太は、三っつ下の倫之の話題を飲み込んだ。この一瞬を察知して、道子はまた倫之の歳を数えてしまったなと、

勝彦はすぐさま上京の目的に移った。

 「医師は後二三週間だろうと言います。おじさん達もご存知のように、親父はたいして酒も飲まず、たばこも止めていたの

に、肝臓がんに罹ってしまいました。偏食もしたことが無いのに残念です。」戦線での、あの猛烈な飢えは、どんな偏食をも

払拭した。

癌で亡くなる例がここ数年増えているとは耳にしていた。道子と自分が別だとはいえない。的を射た予防に努め、早く見つ

けることだろうと思った。

 「重太君、宿は取ってあるから、お父さんの病院へ案内してくれたまえ。」      章目次へ

 

 

 

 








































 (六)





 

東京都江東区有明のGK病院院は、最近癌患者を益々多く抱えるようになった。癌発症部位も細分化し、多様化している。 
病院はこれに対処するために、専門医の入れ替えを懸命に続けている。都内だけでなく、名古屋、関西方面にまで、特に最先

端外科手術と麻酔の分野に有能な医師を求めていった。

 並行して最新の医療機器も大胆に導入してきたが、癌の発症率はそれを凌ぐ。望まれざる状況が居座ろうとしている。

当院の歴史は気が遠くなる程古く、明治41年に日本で初めて癌研究会を創設し、大正末期に腫瘤治療所を開設した。そ

の後、豊島区大塚に研究開発の拠点を集約して、着実に研究と治療に貢献し発展してきた名院である。ころが、あの太平洋戦

争末期の、非情な焼夷弾攻撃の東京壊滅作戦によって東京は、無数の戦災孤児を排出し、多数の人命を失い焦土と化して

大塚施設も全焼した。
 
 広島そしてと長崎と相次いで、これが地球上の人類の仕業かと、灼熱地獄で一瞬にして全てが灰塵に帰し、生存者を

放射能汚染で苦しめ、苛み続けた末に死に追いやった。人間の文明と科学技術の存在価値そのもの否定するしかない、

目を覆うだけでは済まされない惨状が、引き起こされ
 一億玉砕を掲げて、そこに至るまで、引くに引けぬまま、

猪突猛進した日本に大きな責めがあるが、西洋文化、文明の寵児だと、自他ともに許していたアメリカが、
鬼畜以下の

何物でもないことを
自ら暴露した。


  <原爆投下直後の広島>

 戦争犯罪者は、日米共に暗躍していたのである。東京裁判にあれこれ、疑義が出るのは当然である。更に西を眺めれば、

ある民族の丸抱え消滅を目論んだ身の毛のよだつファシズムが吹き荒れた。紀元後の後世に、永久に恥ずべき人類の汚点であ

る。それでも当院は、めげず、挫けず、人間の生命の尊厳を旗印に、戦後の復興の流れに、範を示しながら再建を果たして、

今日に至っている。勝彦は
GK病院のパンフで来歴を読み、深い感銘を受けた。

重太夫婦の必死の努力と開業医の粘り強い請願で、辰吉がここに入院して既に四か月が経過していた。重太の妻の幸恵は、

勝彦夫婦の遠来の見舞いに礼儀正しい感謝を述べた。

「幸恵さん、始めまして。いろいろ大変でしょう。お義父を大事にしてあげて下さいね。」

「たっちゃん、勝彦だよ。道子も連れてきたぞ。」辰吉は眠りから覚めていたようで、薄っすらと丸い目を見開いた。「お

う、勝っちゃんか。よう来てくれたな。会いたかったぞ。道子さん。こんな情けない恰好を、あんた達の前に晒すことになっ

てしもうて。すまんなあ。わざわざ来てくれてほんとにありがとう。」辰吉の眼が潤んだ。

予想外に、はっきりした彼の言葉と意識が、勝彦を少しほっとさせた。辰吉の顔色はすでに灰黒色に変わっている。肉の厚

みは全くない。勝彦は戦線で、栄養失調と飢えで、この世を去ることを余儀なくされた、戦友達の末期とほぼ同じだと感じた

た。一日の大半をリンゲルの世話になっていると重太が言った。制癌剤の副作用からくる微熱が影響しているのか、全身が気

怠さそのものようだ。さぞ苦しいだろう。よりによって厄介な癌に掛るとは。勝彦の思考が停止した。本人には、少々質の良

くない慢性肝炎だから、しばらくの辛抱だと言ってあるそうだ。点滴による延命には限界がある。

 その他に、栄養分をバランス良くミックスした流動食を鼻腔から細い管を通して一日一回直接胃に流し込むそうである。本

人はこれを歓迎しないが、今のところ吐き戻すことはしない。口からの食欲は皆無に近く、元気だった時の好物を見せて誘っ

ても、見ただけで吐き気を訴えるそうである。この鼻腔からの流動食が、胃から外に直通し始めた時点で、後一両日の余命だ

と諦めなくてはいけないと、医師が言っているとホテルへの車の中で重太が説明してくれた。
 
幸いなことに辰吉にはまだ鎮痛剤が不要だという。担当医が、開業医から引き継いで投与を続けている、薬効の有無が注目を

集めている“丸山ワクチン”の働きかもしない。

一生に一度は必ず激しい苦痛を味わうのが人間の宿命であるとすれば、辰吉も勝彦同様、あの敗走の戦線で十分過ぎる程味

あわされた。いずれにしても、辰吉の命は風前の灯であった。昨日思い立ってすぐに見舞いに来て良かったと道子を振り返っ

て勝彦は頷いた。

 ホテルの手続きを済ますと、折り返し重太の車で引き返して、辰吉をあれこれ激励しておこうと本腰を入れた。

 「辰っちゃん、慢性肝炎ぐらいで弱音を吐いていては、命がいくらあっても足らんぞ。

 フィリピン沖で引き上げ船のデッキに、ロープ一本で艀からよじ登った時の根性と底力をもう一度出さんといかんぞ。
 
岐阜付知男児の粘りだぞ。なあ、重太君。」

「父ちゃん、勝彦おじさんの言うとおりだよ。何時も僕に自慢してきただろう。垂らされたロープをよじ登る時、何人もの戦

友達が次々に落下し、荒波にのまれ溺死したって。それを勝っちゃんと二人で歯を食いしばって甲板へ辿り着いたんだって。
 
 父ちゃん、病気のことばかり考えていたらいけんよ。」「辰吉さん、お元気になられて、秋が始まるころには、村にも顔を

出して下さらなくては。ねえ貴方、今年は確か秋祭りの記念大会の年でしたわね。」

「村には長いこと帰っとらんなあ。」辰吉はそう呟くと、眼を瞑って壁の方へ顔を向けた。これが一番楽な姿勢のようだ。

 「そうそう、勝っちゃん、この前はなあ、村の夢を見たぞ。わし等二人の田圃だけに、稲が仰山実りよってな。お蔦と道子

さん、それに倫之君と重太と総勢六人で畔道に座って、握り飯を頬張っているとこよ。その時、勝っちゃんがこう言うたよ。

まだ覚えているだろう。」幸子と道子がクスリとした。
 
 『辰っちゃん、あの大将殿の説得を聞き入れていてよかったなあ。この村も後五年も経たない内に、戦争前のような活気を

取り戻すぞって』」な。「すると急に、復員して村に辿り着いた日の、残暑の厳しい西の尾根が現れた。その尾根の端に架か

った夕日が、何故か何時までも沈まない。ところが村の連中はどんどん家に戻って行く。そして次々に、二人の帰村歓迎の

旗を降ろしていく。


 
残っているのはお蔦と道子さんだけになっていた。これはどうしたことかと、勝っちゃんの方を振り向けば、たった今、南



からやせ細って裸一貫で帰ったばかりの恰好なのに、鍬に着いた土を、汗をたらたら零しながら、頻りに竹ベラで削り落とし

てるんだよ。奇妙な夢だったな。」

「うん、確かに奇天烈で、けったいだな。元気になって村に戻って来いと言う、田の神さーの遠回しのお告げかもしれんぞ。 
ほら、覚えているだろう。手に負えなかったあの性悪の二反歩に、重機を使って挑戦して見るか。東京も決して悪くないだ



うが、あの村を最後まで離れん者も必要だぞ。」重太が空かさず、昔取った杵柄とも言うことだし、父ちゃんそれが一番元気

回復にいいよと辰吉を励ました。彼は微かに頷いたきり布団を被って黙り込んだ。
 
勝彦はふと、辰吉の胸には、倫之が生き生きとした姿で宿っている。辰吉の余命が何時まで続くが不透明だが、どうか倫之を

脳裏から消さないでくれよと、思わず、彼の方を向いて祈った。

 道子が幸子と何か打ち合わせをしていたようだが、今日はこのぐらいでと、ホテルに引き上げようと合図した。重太も雑用

があるだろうし、明日は二人で直接病室に来るからと彼に伝えて勝彦も歩調を合わすことにした。出がけにもう一度勝彦は、

辰吉の寝顔に見入った。村を出てからも苦労したなと、昔の面影を留めない別人のような変わり様に、勝彦の村の、不本意



行く末が、重なり合ってしまった。    
章目次へ

 

 

 

           



































 (七)

 

 

  道子は勝彦と相談して、一度ゆっくり、辰吉の担当医から、直接伺っておかないといけないと、今朝ホテルを出る時に決

めてきた。「幸子さん、先生方のご回診は何時も何時ごろになるのかしら。」「お義父さんの場合、これまでは、一日おきに

午後二時と決まっています。先生方が回診されない日は、看護婦さんによる定例の午前、午後、夜の検温、バイタルチェック

とは別に、婦長さんが様子を見に来られます。」「そう、今日はどちらになっているのかしら。」

「先生方の日になっていますよ。」
重太さんのお嫁さんはほんとに純情なことだわと、道子は又、倫之の歳を数えた。

 あの子が今も元気でおれば、きっと毎日のように、勝彦と二人で、お嫁さん候補を探してあれやこれやと、評定をしている

か、もうすでに孫を抱えて、その子に会うことを楽しみにしているかの、いずれかだろうと思う。自分が幸せな女の一生を送

りつつあるのかどうか、判然としないけれども、戦争を挟んだ、勝彦との愛の証は、後世に残していきたかった。

 
 病院特有の臭気が、昨日から頻りに、十一年前の山向こうの、県立病院の廊下を思い出させてしまう。勝彦が、朝な夕な事

ある毎に、亡くなった倫之の事を回想する毎日であることは、道子には痛いほど分かっていた。そういえば、道子の気持ちが

平生に戻った頃、倫之は手術を受けなかったのではないかと、自分に意見を求めた事があった。何故そうのように疑うのか、

深く考えて追及しなかったけれど、例えそうであったとしても、あの子の人生は、あの歳までのものだったと、仕切るしかな

い。それでも、二人の間の愛の証が、あれ以上のものでは無かったと、決めてしまうべきでは無い。倫之亡き後も、互いに労

り、信頼し、愛し合っている夫婦の、リアリティは揺るがない。ただ、自分が女学生気分の抜けない、大人の女の重みを持た

ないまま、この世を去ってしまうのではないかと、物足りなさと不安が、ふっと湧いてくる時がある。

「貴方、先生方が間もなくお見えになるそうですよ。」
幸子がかいがいしく辰吉の身体の向きを変え、回診の便を図った。

 道子は回診に入って来た医師を見て、思わず、勝彦の方を振り返った。彼も茫然とした表情をしている。医師の一人が、倫

之の執刀外科医であった町本亨輔先生であると確信した。彼女は、あの手術の日勝彦ほど冷静ではなかったが、町本外の特異

な風貌を忘れはしない。

  

それにしても、何という巡り合わせであろうか。どうして町本先生が、このGK病院に勤めておられるのかしら、その疑念

も込めて、もう一度勝彦を見やった。勝彦は何か決めたところがあるようだ。一通り診察が終わったところで、町本医師は、

同僚の見解をきちんと聞き留めているようであった。その様子から察して、町本が辰吉の主治医ではなく、ケーススタディと

して参考に期する為に、回診しているように受け取れた。

 勝彦が、町本亨輔に突然話しかけた。「町本先生、お久しぶりで御座います。覚えていらっしゃいますでしょうか。十一年

前、岐阜でお世話になりました、山上倫之の父で御座います。」あの人は何を言い出すのだろうかと、心配になって来た。十

一年前は、それなりに、尽くすべきは尽くしたのだと、道子は、自分に言い聞かせてきた。息子の歳を数えることと、それは

次元を異にしている。夫は、疑念を処理せず、同じ次元で考え続けて来たのではないだろうか。此処は自分が、話頭の先導役

になろうと決心した。それは、双方が制御不能に陥るのを、未然に防止しようという、妻としての本能的なものであった。

 「町本先生、その節は、いろいろご迷惑をお掛け致しました。手術をして頂いた倫之の母で御座います。町本先生はまだ岐

阜で、ご活躍なさっていらっしゃるものとばかり思っておりました。東京は、もう長くになられるのでしょうか。」

町本亨輔は、山代辰吉の臓器癌が、外科医としてどうにも治療が出来ないことに、残念な思いと挫折感を抱いていた。その

無念さも拍車を掛けて、辰吉の主治医の神谷と一緒に、町本自身の癌研究の臨床例として、辰吉の癌の研究と治療法を、模索

させてもらっているところである。その見舞客が、十一年前の山上だと自ら名乗り出た。岐阜の県立病院には、三年前まで勤

めていた。医師としての彼に忘却は無い。全ての治療が命がけである。あの猛烈な五月雨に見舞われた十一年前に、高校生の

模擬手術は、一片の欠落も無く脳裏に浮かんで来る。息子の臨終に、ほっそりと頽おれた母親は、今もすんなりしている。

「山上さんとおっしゃいましたね。よく覚えております。お二人ともお元気でなによりです。倫之君のことは、ご期待に沿え

ず、申し訳ないことを致しました。それにしても、この病院で、お二人にお目に掛れるとは、夢にも思いませんでした。」

 町本は同僚の神谷に、次室以降の回診は、遠慮する旨を伝えて、勝彦と道子に、病棟外の落ち着ついた場所がいいでしょう

と、二人を案内してくれた。

 「そうでしたか、山代辰吉さんとは。私の父は将校でしたが、南方の戦線で、十九年に戦死致しました。歳の離れた父方の

従兄も、二十一年に、南方諸島からの復員途中で戦病死したことになっています。」町本は、コーヒーカップをゆっくり小皿

に置きながら、勝彦と道子を等分に見た。「辰吉さんの癌は、肝臓に始まったのでしょうか。あの方は村におられる時から、

酒、タバコは常に、控え目にしておられましたのに。」

「そうですね、私は病院の要請に応じて、ここに移って以来、癌に限って手術を任せられてきました。私もそのつもりで、わ

ざわざ移ったのですが、肝臓に悪性腫瘍が見つかったからと言って、必ずしもそれが、原発巣とは断定出来ないのです。山代

さんの場合、神谷医師とも何度も検討を重ね、更に他のチームにも、分析を依頼していますが、異なる数個の内臓に、同時発

症した、‘同時性重複癌’と呼ぶ、厄介なケースに当たります。辰吉さんの癌は、全体に進行が遅いようですが、発見の時点

で、他の臓器よりも進行が進んでいたため、肝癌として臨床治療に当たっています。こういう場合は、化学療法の抗癌剤投与

と並行しながら開腹し、可能な限りの、腫瘍の切除か縮小、あるいは消滅を図って、ターゲットを絞った上で、治療を焦点化

すれば、多少なりとも延命策になるだろうと、考えられがちですが、同一臓器内だけの同時多発と異なって、現代の治療技術

では十中八九延命に寄与しないのです。放射線療法も、まだまだ、照射技術が未熟で、冒険、賭けの範囲を出ないし、無念な

ことです。辰吉さんの臓は、突き詰めれば手遅れの段階で、入院して来られました。」

 「そうしますと、むしろ手術などは、しない方が良いということでしょうか。主人はこの十一年間、村から一歩も出ようと

しませんで、先生には大変お世話になりながら、ご無沙汰を致してしまいました。」
先ほど来から、道子だけが町本の説明

に応答してきた。勝彦が何を言い出すか、予測が着かない。町本の関心を自分に向けさせている。勝彦は、辰吉の様子を二日

連続して、冷静に観察した。入院四か月の早い時期に、果敢な手は打てなかったのかと、病院に不満を抱いた。

今朝早く病室に入って、辰吉の寝顔を見た時、辰吉の癌の恐ろしさに気づいた。昨日は、それがはっきりとは見えなかった

のであろう。辰吉の意識が確かであると、信じ込んでしまっていた。たかが癌ぐらいでと、あの南方諸島を見よという、病の

辰吉と元気な自分を一体化して、自己満足の昂ぶりがあったのだと、反省した。十一年前の倫之の手術に関しても、万に一つ

の成功をという父親の力みが、心理的に強く作用したからだと、コーヒーに見入りながら考え直してみた。倫之への偽装は

一方的に避難されることでは無かったのだと、自分を納得させた。町本亨輔医師が、あの時貫いた彼自身の倫理観は普遍的

で、他からとやかく言われる筋あいは無いと、水に流すことにした。

 「町本先生は、岐阜の方には、もうお帰りにならないのでしょう。」「そうですね、私はこの病院で、癌の治療研究に取り

組むと決めています。昨日も言いましたように、父と従兄が太平洋戦争で亡くなった分も、自分なりに頑張らなくてはと

かねてから覚悟をしているところです。」

 この言葉には、自分を売り込む衒いは、ひとかけらもないと、勝彦は気持ちよく受け止めることができた。倫之は、なかな

かの人格者に、命を委ねていたのだと、彼に代わって誇りを強く感じた。これは辰吉が、無意識の内に捻出してくれた自分へ

の友情の顕なのだと、感謝の気持ちが湧いてきた。

 「山上さん、立ち入って失礼ですが、倫之君以外のお子さんは。」町本は、この夫婦が、十一年前の偽装に、気づいていな

いはずはない、どうして、それに言及しないのだろうかと、怪訝に思う。あの時とはまるで違って、母親は、さながら女学生

のような表情で語る。父親は、ひたすら深く頷く。町本は振り返った。あの時の決断に、自分の心の迷いは無かった。その後

様々な経験を積んできたが、医療技術の進展が日進月歩しつつある今でさえ、あのような、最悪の状況にある患者を担当して

も、手術はしない。イエスが施したとされる奇跡を信じて、是非に是非にと、せがまれれば、偽装工作に踏み切ると思う。自

分の倫理の基本に在るのは、目に見えないものからの、摂理だと考えている。当然ながら、一歩間違えば、悪徳医師へと転落

する。自分は、神の手の持ち主ではないし、離れ業をやってのける、器用さも、度胸も持ち合わせない。心に曇りが無いので

あれば、今になって、こちらから口にすることは無いと結論した。道子は、町本医師には過去を蒸し返す気は無いのだと、確

信した。「あの子が一人っ子でした。先生はお子さん達と、お住まいでございましょう。」「私と家内の間には、子供は授か

りませんでした。こればかりは、運のようなもので、今の医学ではどうにもなりません。将来はどうかわかりませんが。」町

本は微かに笑った。彼にも、子供がいないとわかり、道子はなんとなく親近感を抱いた。

「山上さん、あなたの戦線も、南方諸島だったのですか。」町本は、話頭を勝彦へ転じた。「そうです。山代と私は、あの

島で敗戦を迎えました。先生のお父上の隊よりも、多分五か月ぐらい遅れて配属されたと思える部隊にいました。お父上は

本当にお気の毒なことだったと、お悔やみ申し上げます。今更国家を恨み、戦争を悔やんでも、後の祭りですが、ジャン

グルで没した戦友達は、英霊などと美辞麗句で奉られていますが、文字通りの犬死でした。私達二人も、生きて日本の土を

踏むとは、夢にも思わなかったのですが、たまたま、偉い大将殿の下にいました。辰吉と私は、その大将殿のお言葉に全て

を託して、本土に辿り着きました。失礼ですが、町本先生は、昭和十年前後のお生まれではありませんか。ひたすら医学の

道に、ご自分の人生をかけておられるのは、ご立派な事だと思います。私も辰吉も、青春を掛けるものを、有無も言わさず

奪われてしまいました。当時の国家が喧伝する、敵が憎くて、南方に行ったのでは無いのです。しかし、二十年八月の末に

いよいよ日本は、敗戦国になったのだと、大将殿からお聞きした時は、得体の知れない腹立ちと、抑えようのない憎悪を

アメリカに対して感じた記憶があります。しかも、生き残っていた兵士の中には、敗戦と聞いて、絶望に陥り、自決を選

ぼうとする衝動や、それが、集団化する可能性がありました。大将殿は、それを事前に予知されていた上での、説得をされ

ました。そのおかげで、辰吉と私の今があるのです。」

道子は、勝彦の話を聞きながら、中高の横顔に、安堵の表情を浮かべた。「貴方、このお店のコーヒーは、香りもよくて、

美味しいですわねえ。」「山上さん、南方戦線での、あなた達の大将殿のお名前を、お聞かせ願えませんか。」町本は、彼よ

りもかなり年配の従兄が、南方諸島で最後は、大将だったと聞いていた。勝彦は、そのお名前をと、尋ねられて、一瞬はっ

とした。復員途中で、無念にも戦病死されたあの大将殿は、勝彦が命の恩人と敬うお方は、そういえば町本大将殿だった。こ

の時、勝彦は、この十一年間に鬱積した、分厚くどんよりしたパノラマを垣間見た。

 「町本先生、何時も大将殿で通しておりましたから、大変不敬なことに、命の恩人のお名前が咄嗟に浮かんでまいりませ

ん。なんとお詫びをすればよいのか。寄る年波には勝てません。」道子が貴方と言って笑って、辰吉さんに確認して見られた

らと、助け舟を出した。照れている勝彦を見やって、町本も思わず微笑んだ。

辰吉は、勝彦から回診に来る町本医師が、南方諸島のあの大将殿と従兄だと聞かされて、内容を理解したようだが、

感情の動きを表さなかった。勝彦は又、その癌の恐ろしさを、受け入れざるを得なかった。
章目次へ

 

 

 



































 (八)

  

 

 六月の村の祭礼が始まる前に、辰吉と別れ難く、彼を気に掛けながらも、勝彦夫婦は、村に帰って来た。数少ない農家の

祭礼には、なんとか間に合わなくてはと、道子は腰の重い勝彦を急き立てた。道子が病室で、辰吉に向かって、秋の記念祭を

伝えた時、彼女は、田植えを無事に終えようという、この村に江戸時代以前から伝わる、六月の鎮守祭を、思い描いていた。

数少ないとはいえ、農家のほとんどが、苗代を整えて田植えを待つばかりである。青々とした水田の持つ温もりは、農村に嫁

いだ女でないと分かりはしないと、道子は何故か東京から帰り着いて、しきりにこの村を自慢したくなってきた。

 勝彦は、軍隊に召集される前の自分の姿を、意識の底で、この三十年間捜し続けてきた。南方の戦線は、己の真の姿とは無

縁のものであった。復員後も、竹に接いだ梅であったような気がする。道子との間の、男と女の惹かれあいは、赤紙が届く前

にしっかり根付いたものである。本物だと思う。道子もそう思っているはずだ。偶然ではあったが、あれ程鬱積していた原因

の一つ、町本外科医に会えて、本来の自分を取り戻せそうな気が湧い 町本は癌研究・治療に人生をかけると言った。父

と従兄の戦死、空爆と、戦後の飢えの経験はあっても、彼は、あの大戦の直接体験者ではない。言ってみれば、今の人達

である。その人物が、直接攻撃してくるわけでは無いが、戦いに挑んでいる。情熱に生きていると、受け取った。戦地に行く

前に、自分が燃えようとしていた物は、何であったのか。そのような自分があったはずであるが、どうして、戦争反対に燃え

きれないで、押し流されていったのか。倫之の模擬手術の疑惑も、湧いた時点で何故堂々と、町本医師に、問い質さなかった

のであろうか。
 帰り着くと、取るものもとりあえず、田圃の見回りに出た。六月から七月にかけての水田は、勝彦の寒村

でさえも、人生に例えれば青春の観がある。辰吉の田圃だけが、青春を失ってしまっている。老いの身を鞭打ってでも、辰吉

の田を今年の秋口から、遅々たるものではあろうが、元の姿に復す戦いを、挑まなくてはなるまいと思った。暖かい風が、苗

代の香りを積んで、どんよりとした西の尾根に向かって、吹き上げて行った。

 

 「貴方、田所の清子さんには、明日の朝連絡して、お礼をしておきますわ。いろいろと、彼女が気づかれた事も、してもら

っていますから。」「そうだな。任せるよ。古くからの連中は、辰吉の気持ちを、おいおい、分かってくれるだろうよ。

 勝彦は、自分がこの村に留まったことに、それなりの意味があったことを、辰吉に再会して確認出来た。「貴方、東京に出

掛けたことを、倫之にも、報告しておいて下さいね。」仏壇から離れながら発した、道子の声は、十一年前とまったく変わる

ところが無かった。

 勝彦夫婦が村に帰り着いて十日後に、東京の重太から、丁重なお礼と、父死亡の悲報が届いた。

覚悟はしていたが、歓迎したくない物がついに来たかと、病室で別れる時の辰吉の姿、表情が蘇り、

町本亨輔外科医の倫理観も思い出され、勝彦は数珠を握りしめて、しばらくの間、辰吉の冥福を祈って瞑想した。

「貴方、本来ならば、弔辞を読んであげる間柄ですわね。どうなさいます。」道子に言われてみれば、例え、密葬に近い家族

葬であろうと、遺影と法名に向かって「
別れの言葉」を捧げる立場である。竹馬の友であり、刎頸の友足り得た関係であった。

勝彦の生死観では、それは死後も続く。野菜等の見回りをしながら、しばらく思案したが、思い切って道子に提案した。

四十九日法要は、本来血縁で行う場合が多いが、遺族の裁量で生前の故人との関係から、法要へ招待するも可能なはずだ。

その旨を施主である重太君へ伝えてはどうか。「貴方、そうなさって見ては」が、彼女の返事であった。


やがて重太から丁重な招待が届いた。その中に、最後に親父が、微かに「勝っちゃん」と呟いた気がしたと添えてあった。

道子が、ついでに町本先生にもお時間を頂いて、二人でお礼を述べてはどうでしょうかと言い、

勝彦の山向こうの敬遠は、終焉を迎えた。
   章目次へ
                                                                        (終わり)

 ,
   平成30年2月下旬 脱稿